プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常における良好な交友関係の構築に対して携帯電話が果たす役割についての考察

こんばんは、N野です。


みなさん、なにか忘れ物をしてそわそわしちゃったことってありますか?


僕は今日、携帯電話を部屋に忘れてしまいました。
「なんか大事なメールとか来てへんかな」
と、一日中かなり不安でした。


パンク講習会をやって、帰ってから携帯の画面を確認してみると、
きてたのはS藤からのメーリス一件だけでした。


みなさんもこんなもんですよね?
…え?違うって?

・・・・・・

・・・

・・

で、ですよねー(^∇^)



ははは

スポンサーサイト

徒然話、略してツレバナ?

どうも、はしともです。


今月にあったプレ合宿では静岡県に行ってきました。

東京駅から熱海まで東海道線で一本でいけるので交通の便はなかなか良かったです。(東海道線の揺れは半端ないですが)


集合地は伊東駅だったのですが、カルチャーショックといえば、伊東駅のそばにあったバーミヤンの時給が僕の地元の千葉県にあるバーミヤンと同じ850円だったことですか。てっきり700円台だろうと高をくくっていたのに…

バイトといえば僕は主に深夜の時間帯で働いています。深夜は人が入らないときはホントに入らないので、よく控え室で休憩しながら、まったり働いています。昔は土日のランチやらディナーやらの一番忙しい時に働いていたので、最近ホント体が楽になりました。


最近気づいた大学生活を楽に送る方法。

1、授業を1限にいれない 2、バイトを土日にいれない 

この2つを取り入れるだけで、人生変わります。特に2については、バーミヤン土日は平日の2倍客が入るのに、土日の時給平日と変わらないという理不尽さの裏をついた見事な作戦だと思うのですが。


そういえば、バイトの先輩がこんなこと言ってました。

学生は時間はあるけど、金がない

社会人は金はあるけど、時間がない

なかなか大学生の本質を突いた、いい言葉だなあと思いました。思うに大学生活は、与えられた膨大な時間をいかに自分にプラスの方向で使えるのか、それを限りある金銭の中でどう実行していくのかということなんでしょう。要は時間と金の使いようです。


どうでもいいんですが、静岡でブヨに足を3ヶ所ほど噛まれました。かゆいので助けてください。


無限に高い壁

無限に高い壁


 目の前に無限に高い壁がそびえ立っている。冷たい白色の壁だ。「無限に高い」壁など存在しないのだが、見る限りどこまでもどこまでも続くような壁である。


 私は、どういうわけか壁の先に行かなくてはならない。そこで壁を登り始めることにした。


 その壁に手をつけると、磁石のように張り付いた。足を、岩の出っ張りに引っ掛けるようなそぶりをすると果たして引っかかった。さて私は重力に逆らって壁を一歩一歩登り続けた。


 地上においてきた余計な荷物が小さくなったかと思うと、私の背丈の何倍もあった岩が小石ほどに見え、やがて眼下には荒涼とした台地が広がった。


 しかし壁の先が見えることはなかった。簡単に越えられると思って荷物はほとんど置いてきたがこのままでは埒が明かぬ。仕方なく降りることにした。


 すぐに地上へ到達した。地上に放置してきた食糧を食べ、はてさてどうするか。


 私は次にその壁に、人差し指を向けて立っていた。そしてその人差し指で壁を触れてみた。


 指先の、先の一関節に、冷たい空気を感じた。


 それを感じた私はそれを何度も繰り返していた。するととうとう私の体は壁をすり抜け、冷たい大地に立っていた。


 先日の返り某君と東西線に乗ったらそこには黄色い嘔吐物が存在した。面白いのは電車が満員になってもその空間だけぽっかりと穴が開いていたことだった。こんな「力の場」もあるのかなあ、と思った。ちなみにそれは南行徳駅あたりで片付けられた。


酒の飲みすぎには注意。


(tkd)

自転車買いました

こんにちは、スギです。

昨日、一年生のM江の自転車の注文に行きました。

彼はTOEIのランドナーを注文しました。個人的にはそのメーカーはWCC内では果ててしまうものだと思っていましたが、おなじみの店主の話によるとここ最近大人気だそうです。主将Aもご満悦そうでした。

TOEIは時間が注文してから出来上がるまで時間がかかる(二ヶ月半)ので夏合宿は貸し出し用で乗り切ることになりますが、自転車は一生ものなのでそれでもTOEIを選んだ決断は非常に良かったんじゃないかと思います。

ちなみになぜ彼がTOEIを気に入ったか? N田さんの貸し出し用自転車が乗りやすく、気に入ったとのことです。各種部品の違いのような気もしますが、そういうとこでも決め手になるのか、と少し感心させられました。

眠くなってきました。終わります。

WCCと伊豆半島

どうもこんばんは 瀧です

先日金曜日から日曜日にかけて、夏合宿前最後のクラブランであるプレ合宿がありました

例年長野県や群馬県などちょっと日帰りでは行けないようなところに行きますが 今年は伊豆ということで一味違った合宿になったのではないかと思います

たとえば、前泊して初日はカモメの鳴声で(起床前に)目が覚め、眼前には早朝の朝焼けが広がっているなんていうのはなかなか珍しい経験でした


初日は伊東から冷川峠や旧天城峠を越え下田を経由し伊豆半島を横断し

二日目は松崎の少し北スタートし海を望む仁科峠を越えゴールの三島へ


私が伊豆半島を走るのは2度目で、一年生の時の冬合宿に冷川峠などを登りましたが、その時は地元の方も驚くぐらい雪が降り危うく遭難しかけたのもいい思いでです

そこで得た教訓「多少の雪なら全然大丈夫」が2年目の冬合宿in日光で悲劇をもたらすのは別のお話です

何度か走ってみるに伊豆半島は山あり海ありダートあり(極まれに)雪ありと、 なかなかWCCの活動に向いているのではないかと思いました


惜しむらくは多くの温泉どころをスルーした点でしょうか

それは別の機会にでも行こうかと思います

では、これぐらいで

二年企画 ~日光~

こんばんはS籐です。二年企画ということで9、10日にかけて日光に行ってきました。参加者は私を含めて4人。今回のコースは東武日光駅を出発し、いろは坂を登って中禅寺湖に至り、また出発地点に戻ってくるというものです。

9日の夜に日光に到着。この日は晩飯を食べた後にテントを張って就寝しました。翌日目を覚ました時は曇り空だったのですが、走り出した途端に突然の雨・・・。伊豆大島に行ったタクヤさんと同じく、どうやら僕たちも天候には恵まれなかったようです。その後雨は強くなり、いろは坂の手前にさしかかった時には土砂降りに!しばらく休憩を取ってもやむ気配が無かったので、結局気合でいろは坂を登りました。

中禅寺湖に到着すると某主将さんから、「スワンボートに乗ろう!」という発言が。妙なテンションのまま雨の中、湖にのりだす男4人。結局、30分間本気でボートを漕ぎ続けました。あとあと考えると異様な光景であったことは明らかです。

その後、日本三名瀑のひとつである華厳の滝を観光して、またいろは坂を下りました。そしてゴールである日光駅が近づき、これで終わりかと気を抜いた瞬間に悲劇が・・・。突然天候が変わり、ものすごい豪雨が!その様はスコールのようで、目も開けていられないほどでした。まさか最後にこんなものが待っていようとは・・・。

天候には恵まれませんでしたが、いい思い出になりました。参加してくれた一年生、本当にお疲れ様でした。

二年企画@伊豆大島

 こんばんは。タクヤです。9日の夜から船に乗って伊豆大島に行ってきました。みんな興味なさそうやなと思ってたんですが、一年生のN原が来てくれました。


 僕たちの船は9日の22:00に東京(竹芝)を出航し、10日の6:00に大島の岡田港に到着。自転車を組み立てて走り始めたときは曇り空でまだ雨は降ってませんでしたが、一時間ほどするとポツポツ降ってきました。小雨ならまだよかったのですが、大島の南端、波浮港に着く頃には豪雨に加えて近くに何度も落雷が!(汗)雷が落ちるんじゃないか(実際、今日落雷で軽傷を負った人もいたみたいですね)とか、船が出ないんじゃないかとか不安でしたが、雨量はこの頃がピークで帰りの乗船時には日が出てました。

 波浮港の商店の前で休憩していると、親切なおばさんが「中に入ってゆっくりしていきなさいよ」と言ってくれたので入ると、コーヒーやパンを恵んでいただきました(感激)。台湾を思い出すシチュエーションでした。おじさんも出てきて話を聞くと、お二人とも早稲田大学の学生だったそうです。こんな偶然もあるんですねぇ。


 あたたかいもてなしを受けた後、大島名物、地層切断面の側を走り、ほどなく今日のフェリー乗り場の元町港に着きました。時間があったので、大島名物その2、三原山に上ることに。この山は最近では1986年に噴火した活火山です。自転車で行けるのは途中の茶屋までですが、ここまでの道のりがきついきつい(笑)。2km強で550UP。N原も僕も死にました(笑)。茶屋で飯を食った後、下って露天風呂に。汚れを落とし、疲れを癒し、船に乗って帰ってきました。


 伊豆大島には他にも多くの観光スポットがあります。また郷土芸能体験釣り、夏にはマリンスポーツなどアクティビティも目白押し。僕が大島に行くのは今回で2回目でしたが、時間があればまた行って2、3泊したいぐらい皆さんも一度伊豆大島を訪れてみてはいかがでしょうか。

↓大島名物   

               

サスの中身

 はしか休校も眼鏡を壊した早慶戦も去って再び宿題たっぷりの授業が始まるこの憂鬱。


 そういえばはしか休校中に、暇だったのでフロントサスペンションの中を開けました。去年の夏合宿でダメと指摘されたまま放置してきたのは僕の怠惰です。


 まず上部のキャップをはずすのに手間取って、・・・。という感じでそれなりに疲れたのですが、やはりいわれていた通り、僕のJudyにはメインのスプリングは一本しか入っていませんでした。まあ、たくさん入れても重くなるだけですしね。(写真なくてすみません)


 全部分解した後はグリスをたっぷり塗って組み立てて終了。3時間はかかった気がしました。まあ、日ごろ余り見ないサスペンションの構造を知ることができてためになりました。ちなみにメンテナンス後も余り感触は変わらない気がします・・・。僕の整備が下手なだけですね。


 そういえば、昔(4月16日)ブログで林投手(楽天)について触れたと思うのですが、林は林でも阪神の林外野手が今絶好調なようです(打率.351)。オールスター云々という話が出ているようですが、果たして?


(tkd)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。