プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車は痩せる?

先日、理工学部の友人が『日経サイエンス』という雑誌のバックナンバーを持ってきたので、借りて読んでみるとこんな記事がありました。「ツール・ド・フランスのエネルギー」とかタイトルのついた記事で、それによると今年の「第14ステージ」の途中区間46.5km146.5km100km(おおよそ1870mの登り)で

消費されるエネルギーが階段34400段相当、エンパイアステートビルを18.5回登るのに相当

必要とされる摂取エネルギーが4000カロリー、500ml弱のマウンテンデュー18本分に相当

とありました。(この雑誌は『Scientific American』という雑誌の日本版なので表現がアメリカナイズされていますが。)


もちろん、彼らは超一流のプロフェッショナルであり、早稲田大学サイクリングクラブ(WCCでの走りとまったく異なるのでが、WCCでも合宿中(特に夏合宿)「修行日」と呼ばれる日には、暑い中大量の荷物を背負って、朝から晩まで一日かけて100km2000メートル登りをします。ので、さすがにここまでとはいわなくてもかなりのエネルギーを使用しているはず。自転車がいかにエネルギーを使うかということをよく実感するとともに、合宿をよく走りきったなあ、としみじみ思いました。

 

というわけで、「自転車はやせる」ということを主張しようと思ったのだが、WCCの部員の体型を見ると人それぞれで、本当にやせるとはっきりいえるのか疑問なので参考までに。やはり日常から体を動かすことが大切なのではないか、と思いました。

(tkd)

スポンサーサイト

2007年度一年企画!

こんばんは。タクヤ@ケガです。

昨日、夏合宿ぶりとなるクラブラン、一年企画が行われました。


埼玉県越生をスタートし、西に向かい、顔振峠、刈場坂峠を越え、正丸にゴール。

フリーランを含めて5発という、爽やかサイクリングだったんですが、皆自転車で半日以上走るのは久しぶりだったようで、「疲れた~」という声がちらほら聞こえました。来週はヤビツTT(タイムトライアル)ですが、記録更新者は出るんでしょうかね~。少なくとも自分が更新できるとは思いません笑


昨日は、一年生はCL(班の先頭を走る)、二年生は班長(班の最後尾)を初めて(じゃない人もいるけど)経験しました。一年生のCLについて言うと、僕と一緒に走ったT君はよくできていました。何点か指摘しましたが、すぐに直してくれて安心して走れました。若干ペースが速かったような気がしますが、慣れないうちはしょうがないですね。自分の班長はどうだったか。特に問題はなかったと思います。同じ班のTさんにいくつか指摘してもらい、ためになりました。


あと印象に残ってるのは刈場坂峠でMさんの誕生日祝いをしたことですね。

WCC風に祝ってもらえて、ご本人もうれしかったに違いないと思います。

重要なのは・・・

どーも、たかやすです。


10月も残り3分の1、授業も3週間終わって3年後期をいかにしてフル単目指すか、そんな計画が個人的に鋭意進行中です。

とりあえず今回の計画は

第1に、科目数は多くともその講義に頼れる知り合いを作る!

これってかなり重要なんじゃね?と今更気づきました。おかげさまで13時限中10時限はネットワーク構築が完了、これで怖いものはない!

そして、そこで慢心が生じないようすかさず第2の対策、

「気合で講義に出席!」部室の呪縛を断ち切る!

部室の呪縛って何かって?それは部室に授業開始の直前までいる者にしか気持ちはわからないので。

3週間たって今のところ講義全出席、3年前期とは大違い!

最後に単位は空気のようなものだと考えるとか!?単位なんてとって当たり前!誰かさんがそう言ってたけど・・・

とりあえず、広域ネットワークと気持ちだけあれば単位はなんとかなりそうだと思いました。だったら最初からそうしとけよってコトにはなる。


ちなみにWCCは今度の日曜1年企画、来週の日曜やびT(ヤビツタイムトライアル)、そのまた次の金~日にかけて早同(早稲田同志社交歓会)と3週連続豪華企画に突っ込んでいきます。まあ、楽しいけど楽ではない。

とりあえず、こちらはやびTを主催するって立場だけあってみんなどれだけタイムを伸ばしてくるのやら。まさかタイム増えました乙っ!的な展開はないよね?



雑感

どうも、はしもとです。

先日行われた東京ゲームショウ大手ポータルサイトのトップページではいまだにコンパニオンの写真へのリンクが貼られてたりしますが、みなさんはそのコンパニオンの写真をみてどのように思ったでしょうか。

おそらく、「そんなレベル高くないな…」とか思った方も多いでしょうが、実際に生で見ると結構綺麗だったりするんですよ。また会場にはコスプレイヤーが多くいましたが、こちらの方はピンきりですね…にしおかすみこ?のコスプレをした50くらいのTバックババアって…、どんだけ~。


という話は置いといて、会場になった幕張には、「千葉ガーデンウォーク幕張」という大型の「アウトレットモール」があります。アウトレットモールとは、余った在庫や型落ちを割引価格で売るという販売を基本とし、さまざまなショップを集積させたアウトレット品ばかりのショッピングセンターのことです。

このモールでは、メジャーなセレクトショップや、スポーツメーカーの正規品がお得な値段で買えてしまうのです。こういう大型のアウトレットモールというのはわりと地方の郊外にあることが多いそうなんですが、これからどんどん発展していってくれればいいなと思います。思わぬ掘り出し物が眠っている可能性もあるので、みなさんぜひ利用してみてください。ちなみに、私はもう正規店での定価買いは、致しません。


最近のネタでちょっと気になったのが、内藤×亀田のボクシングです。切腹だの追放だのいろいろ騒がれてますね。

ちなみに私は意外にも格闘技が結構好きなんですが、今朝とある情報バラエティー番組を見てて爆笑してしまいました。その番組には内藤選手が生出演していたのですが、なにがおもしろかったかというと、出演者のテリー伊藤と高橋ジョージです。そもそもその番組自体、その二人を含め出演者全員が親亀田派の寄せ集めで、過去にもさんざん亀田を擁護していました。「こんな亀田寄りの番組に内藤選手を呼んじゃっていいのかな」とゴソゴソと司会の爆笑問題の太田が話していると、テリー伊藤が

この際、勝ち馬に乗りましょうよ~と、いきなり声を張り上げ、番組のコーナーがスタート。内藤選手が入場するとスタジオには祝福のムードが流れる。

今まで亀田寄りの発言を繰り返していたテリー伊藤に話題が振られると、意外にも亀田家やTBSの報道姿勢に対しての批判を述べる。ちなみに、過去の発言と今回の発言を比べると、


以前: 

亀田のマナーが悪い?ボクシングという特殊な世界を一般の常識で計るな!」

                     ↓

今回:

亀田はまるでフランス料理を手づかみで食べるようで、ボクシングを汚している。
 持ち上げたTBSは反省しろ!反則は若さが出た?そんなバカなことがあるか!!


と、以前自分が発言したコメントを鮮やかに180°ひっくり返すw

エリカ様のことといい、今回のことといい、テリー伊藤の芸風にはただただ驚かされるのみです。


この後、高橋ジョージもKYな発言を連発。自らも亀田兄弟のファンだと公言した上で、生出演していた圧勝の内藤選手に向かって、

「なんで打ち合わないの?」

「クリンチをしすぎてた。内藤選手がクリンチの際ヘッドロックするから大毅が太ももを叩いたんだ」

「拳で頭抑えるのは反則だ」

とコメント。当然これには内藤選手も反論してたw

というか、完勝の世界チャンピオン向かってなんで素人が説教をするのか…

言ってる事もでたらめだし、これから高橋ジョージもいろいろ責められてしまいそうな予感がします。


今回の亀田戦で一躍「時の人」となった内藤選手ですが、年齢を考えると、現役を続けるのはあと1年か2年といったところでしょうか?発言も結構面白いし、これからも人気が続くかもしれないですね。

ちなみに、試合前から「内藤に負けたら切腹や」と公言していた大毅ですが、内藤選手は亀田選手が負けてもどうせ切腹はしないだろうからということで、亀田のボディーを打つ「切腹パンチ」という技を用意していたようです。技のネーミングに大笑いしてしまいました。




頭上の敵機、眼下の敵

こんばんは、筋肉痛のN野です。


最近特にこれといったことがないんですが、適当に書きます。

WCCまったく関係ないですが。

ただの愚痴です。


兵庫の実家の自分の部屋にいると、窓の外からとある音が聞こえてきます。

川のせせらぎ、小さな滝…

そんな感じの音です。

毎晩これを否応なく聞きながら寝ていました。


風流ですか?

風情がありますか?

羨ましいですか?


そう思った人がいたら是非そこで寝てみてください。

セラピー(笑)でしょうか。


でも残念ながら、それは「川のせせらぎ」でもなんでもないわけで。

家の側の「ドブ」を流れる「ドブ水」が「ドブ溜まり」に落下する音なんですが。


幽霊の正体見たり枯れ尾花。

違いますね。ただ言ってみたかっただけです。ごめんなさい。


話を戻しますが、その側溝を流れる汚水(洗濯した後の水とか)はうちが出したものではありません。

坂の上から流れてきているのです。要は高いとこに住んでる人たちの生活汚水ですね。

それが我が家のすぐ横を流れているのです。

絶望した!土地の高低差に絶望した!


でも我が家も違う側溝に汚水を流しています。

さらに低い所の住民哀れ…でもないです。これが。

うちが出した汚水はすぐ地下に潜ります。安心。

しかも、彼らは下水道を利用しています。


でも、うちの家にはまだ下水道ができていません。

市政の怠慢?

だけじゃなく、下水道が整備されると必然的にそれを利用することとなり、それに伴い使用料を払わねばなりません。

「今までどおり汚水垂れ流しのほうが安上がりだから、うちの前に下水道は通さないで」

という主張もあり、そういう家だけを迂回するわけにもいかず、うちの家まで下水道が延々を来ないわけです。

絶望した!大人の事情に絶望した!(絶望先生面白いですね)


下水道が設置されるのはいつになることやら…。


ていうか、東京の下水道ってどうなってるんだろうか。

東京都1200万の生活汚水が常時流れていく下水道って…。

やはり捨てられた巨大ワニが住んでいるんでしょうかね。


そんなわけで、都民は下水道のありがたさを感謝しながら生活しましょう。

ドブは臭いですよ。特に夏場は。

確実に鼻が曲がります。

そう、コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらいに確実じゃ!



これからいろいろと企画が多くて大変ですが、張り切っていきましょー。


インテリアにも凝りたい

ごぶさたしておりました。微妙な立場のknniです。

さてわたくし、去る月曜日に中野区へ転居してしまいました。
実家も近いというのに親不孝にも程がありますね。

というわけで突如として六畳にもわたる、自分の勝手にできるスペースを手に入れてしまったわけですが、やはり男子というもの、インテリアには凝りたいものです。
万年床なんて言語道断。それに三段ボックスに頼り切りなのもなんだか…。

なので近くのホームセンターと、新宿の東急ハンズで材料を購入し、DIYを決行することと相成りました。
材料費は25000円。
作ったのはテーブルと本棚です。以下私見を述べますと・・・


本棚:
市販の本棚は、はっきり言って使い物になりません。
まず強度。ホームセンターで売っているものは、集成材を用いているためにすぐに歪んでしまいます。安物も極まれり。
そして高価なものを買ったとしても、今度はスライド棚だの高さを変えられるだの余計なギミックが多くて逆に使いにくいのです。
かといって三段ボックスを流用するのは二段積みを招いて良くありません。

そこで自分で作ってしまえば、ただ木を渡しただけの簡易な構造なのに、シンプルな外観と機能に大満足!というわけなのです。

机:
買うと高いので2x4材で作った。それだけです・・・。
本当は目黒通りの家具屋街で、古材を使った雰囲気の良いものを探したのですが、そんな格調高いアンティークは、普通に5~6万円以上はするのですね。
今回はダークブラウンのニスを塗って仕上げたものの、見た目も質感もかなうはずがありません。


というわけで、みなさんも家具を作って部屋を片付けてみては?

あぁ、ありがたや

こんにちわ、主将のAです。

僕たちWCCは夏と春の2回長期合宿を行います。夏は東北、中国、中部、北海道を4年サイクル。春は四国と九州。まあ、一言でいうときついです。そりゃーもちろん肉体的にもきつい。

が、しかしやっぱり精神的にきついんですよ。まあ、なぜきついのかを列挙しては、これを見て入部してくれない人がいるかもしれないんで言わないですけど。



この間僕はゼミ合宿に行って参りました。鴨川(千葉のね)にある早稲田のセミナーハウスだったんですけど、まあそれはそれは大層きれいで、ご飯もおいしいわけですよ。自由時間もあるし。

俺はベッドで寝て、自動的に飯が出て、お日様が顔を出している時間に起床する合宿のすばらしさに感動しておりました。しかし、どうやら一般人の皆様にはそれは普通らしく、起床時間が早いだの、嫌いなおかずがあるだの、BBQはめんどくさいだの、二日酔いで朝飯は食いたくないだの(飯のことばっかだな)言っていて、正直キレそうになりました。朝早く起きて俺たちの飯を作ってくれているおばちゃんに失礼だなと。

だから俺は二日酔いで死にそうだったけど食べましたよ、無理して。



要するに言いたいことは、俺の人間性のすばらしさではなくて、普段当たり前だと思っていることが実はとってもありがたいことに溢れてるってことね。WCCの合宿を経験するとほんとそう感じます。アフリカの人を日本に連れてきてちょっと生活させるみたいなテレビあるじゃないですか、あれに似てます。だからゼミ生の人がわがままで馬鹿っていうんじゃ全然ないです。



あと、走った後のジュースとか、途中入る温泉、峠で吸うタバコなんて最高。

確かに合宿はきついけど、そういういいとこだってたくさんあるんです。

そんな非日常をお送りするWCCいかがでしょうか。




今年の一年企画は?

こんばんは、スギです。


先日、というか昨日、十月の後半のトレが歌の練習だというお知らせがありました。歌の練習では同志社大学との合同ランに向け、同志社および早稲田の歌を覚えるわけです。

早いもんで、もうそんな時期か……今年の一年生はどれくらい自分の大学の校歌を覚えているのだろう?

ちなみに去年の自分はサビのやたら連呼する場面くらいしか分かりませんでした。


この時期のもう一つの企画といえば「一年企画」

一年生の初めて企画したコースを走るわけですが、今年はどこになるのやら。

ちなみに去年は投票の結果、茨城県の筑波山。

神奈川に住んでいる自分には茨城とか遠すぎです。今年は近場を望みます。

WCCでは千葉県勢が最大派閥だと思いますが、千葉県もご勘弁。

心から神奈川県(特に南部)で企画が行われることを願います。

ヤビツとか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。