プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
02 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓~☆

こんにちは。主将の平井です。明日から新歓です。サイクリングクラブの新歓情報↓

新入生&新2年生募集中です!


4月1日~5日・・・新歓ブース(14号館前、配置番号307)で説明してます。腹が減ったら来てください。おごります♪


4月4日(金)…説明会(部室16:30集合)&コンパ(部室17:30集合)

4月9日(水)…説明会(部室16:30集合)

4月16日(水)…説明会(部室16:30集合)&コンパ(部室17:30集合)

コンパは部室に集まってから会場に移動します。直接会場に来てもらっても大丈夫です。連絡ください。


4月13日(日)…東京観光ラン

4月20日(日)…和田峠企画


4月27日(日)…つくば山企画

新しい部員のための日帰り企画。自転車は貸し出してるので気軽に来てください。


5月3日~5日(祝)…東京近郊

ゴールデンウイークを使って小旅行します。自転車貸し出してます。新しい自分に出会えるかも。


新歓…それは新入生にとって早稲田(というか大学?)のすごさが初めて実感できる日です。


まず、人の多さ。最初は、早稲田ってこんな人おるんや~、活気があるな~と思うことでしょう。でもそのうち、だんだんしんどくなってきます。入学式が終わると、人の山、ごみの山です。足元に注意しましょう。


続いて勧誘の熱心さ(図々しさ?)。そうです、どこも必死なんです。サークルやクラブは山ほどあるので、競争が激しく、どの団体もあの手、この手で新入生を捕獲にかかります。数でいえば、そういった団体だけで一つの建物(新学生会館)が建っちゃうぐらいですから日本の中でもトップクラスじゃないでしょうか。そんなわけで、新入生というだけで新歓期はチヤホヤされます。例えば、だいたいどの団体も、破格のコンパ代で飲み食いさせてくれるので、いろんなところに行って比較するといいんじゃないかと思います。新入生の皆さん、先輩の好意には素直に甘えた方がいいですよ~。一般的に言ってチヤホヤされるのは今のうちだけですから。うちはそんなことないですよ♪早稲田界隈のおいしい店を知りたい・食べ歩きしてみたい、飯が食えなくて困った、なんて人は部室にふらっと立ち寄ってみてください。いつでもおごります♪


どうですか?スゴそうでしょ?。一度うちのブースに立ち寄ってみてください。きっと新しい発見があるでしょう。そして、新歓という一大イベントを楽しんでください☆



スポンサーサイト

春合宿 in 九州 ~4日目~

うっうーこんばんは!N野です。
合宿4日目について書いていこうかと思います。


コースは「阿蘇市~やまなみハイウェイ~九重連山~湯布院」って流れです。
合宿のしおりによると走行距離約75km、アップ数約1200mらしいです。
イェイ!



午前4時半。
何度聞いても殺意が沸く例のアレで起こされる。
外はまだ暗い。


ご飯を炊き、朝食の準備をする。
ヒライは水道水で米を炊いてた。
昨日みたいにアクエリアスで炊かないのか、残念!


それにしてもこのキャンプ場のトイレは遠かった。
まさか自転車でトイレを往復する日がこようとは・・・



少し肌寒い中、ヒライを先頭にやまなみハイウェイを登り始める。


城山展望所


これが有名な「あっ、そう」と仰られた場所だろうか。
ちなみにこの写真は下見時の。



来るのがあと一ヶ月遅かったらよかったのに、と悔やまれるほどの牧歌的な風景の中を走り、フリーランスタート地点に到着。

瀬の本から牧ノ戸峠までの比較的短いコース。


というわけでフリーラン開始!
寒い!
(省略)
暑い!
(省略)
ゴール!


牧ノ戸峠


チャンピョンッ!

1位はH本さん
「最後だけ飛ばせば1位になれると思いました」
と、チャンピオンジャージ贈呈時に語ったように、最後500mでいっきに全員抜かれた。

なんという・・・。



その後H井に「これ着くの早すぎるんちゃうん」と言われながらも華麗に下り、変なわき道(林道?)に逸れ、そのまま湯布院に到着。着いたのは15時ぐらいだったと思います。


そして重要なのはこの日は民宿に泊まったということ!

さすがに湯布院まできてテント泊はないですよね!?

そんなわけで、会計様に文句言われながらも合宿にあるまじきゆっくりした時間をすごすことができました。

ちなみに、夕食は備え付けのキッチンでスパゲッティを作りました。完全にリア充だこれ。



※お知らせです

4月1日から5日の間は社会科学部14号館前にブースを設置しています。

WCCに興味がある新入生、または2年生はどうぞいらしてください。

部室は新学生会館E327です。

詳しくはWCCホームページを参照してください。



春合宿 IN九州 ~3日目

こんにちは。またまたS藤です。前回に引き続いて合宿3日目についての話。


この日は高森をスタートして阿蘇山の南登山道から登り、山頂に行った後に阿蘇市に至るコース。この日も天気がよく、朝食後あやしげな公園を朝早くにスタート。


さっそく阿蘇山にトライしたわけですが、感じたことはやっぱり阿蘇山は景色がいいね♪

さすが今回の合宿のメインといったところでしょうか?途中に広がる草原も日本のものとは思えない感じ。下を見下ろすと山を取り巻くカルデラの地形がよく分かる。

阿蘇山

ちょっと傾斜がキツかったけど、それ以上に素晴らしい景色のおかげで疲れを感じることなく全員無事に山頂に到着しました。ヤッタネ!


山頂付近は完全に岩肌が露出していて、見た目はまさに火山。

で、火口を覗いてみたんですけど、何やら毒々しい色・・火口

「落ちたら絶対死ぬな。」とか言い合いながら記念撮影をして、その後昼飯。ひととおり観光も終え、さて下るかと、その時!!我々の目に驚くべき光景が!何とブルーのジャージ集団、同志社のみなさんがこっちに向かってくるではないか!

説明しよう。実はWCCと同志社サイクリングクラブ(DCC)とは昔から交流があるのだ!久々?の再開に喜びをかみ締めつつ、とりあえず記念撮影。どうやらDCCは下見の途中だったみたいですね。


荒野の対決 同志社

↑平井vs亀G        ↑同志社の方々。


途中までコースが一緒だったので少しの間だけ一緒に走ってお別れ。

さらば同志社。また会う日まで!

で、阿蘇山を一気に下る。ん~爽快~♪



阿蘇市のキャンプ場に着いたところでこの日のランは終了。みんなおつかれ!


この日も阿蘇山観光に加えて同志社との出会いありと、楽しいことが盛りだくさんでした。

これで三日目の報告は終わり。四日目に続く!

春合宿 in 九州 ~2日目~

こんにちはS藤です!今回は合宿2日目についての紹介です☆


この日走ったのは、高千穂から国道218、265を経由して高森に至るコース。

朝から天気もよくて、気持ちのいいスタートをきることができました。
まだまだ観光していたい高千穂に別れを告げ、車通りの全くない山中の旧道を走って五ヶ瀬町を目指します。

そして気温も上がり暑さを感じるようになった昼ごろ、ついに今日のメインであるうのこの滝に到着!!



うろこ


うのこの滝の落差は20m、滝壺の大きさは5,000㎡であり、山間にポッカリと落ち込んだ滝壺が印象的です。

駐車場からしばらく階段を下って滝つぼまで行ってみると、そこには水しぶきを上げる巨大な滝が!

観光地ながら周囲には人が全くおらず、水もきれいで神秘的な空間が広がっていました。
となればやることは一つ!人がいないのをいいことに滝つぼの前で主将と副将の掛け声とともに校歌を熱唱。わせだ~わせだ~♪
さらに滝つぼに飛び込む猛者も・・・その後、あまりの水の冷たさに絶叫していましたが、何故かみんな見て見ぬふり・・・がんばれH井!


その後も順調にアップダウンが続く国道を快走。

そんなこんなで、急なヘアピンカーブが連続する九十九曲と呼ばれる道を下ると、かなり明るいうちにゴール地である高森に到着。

とりあえずスーパーで夕飯の買い出しをしてテン泊予定地の公園へ向かいます。

しかし、公園についた瞬間みんなフリーズ。その目線の先には・・・



信者


このあやしい建築物はいったい何?

あやしい・・あやしすぎる・・・。

悩みながらも、どことなくインドっぽい仏像?らしきものの前にテントを張り、合宿2日目は無事終了。

みんなお疲れ!


その後少し余った時間を利用して近くの温泉へ直行。

一日の疲れと汗を洗い流し、ひと時の休息を取ることに。

さらに、この温泉(確か月廻り温泉)の露天風呂からは夕暮れ時の阿蘇山のすばらしい景観を眺望することができ最高でした。

明日登る予定の阿蘇山を眺めながら思うことは・・やっぱり温泉はいいね!

運動した後の風呂は普段とは比べ物にならないほど気持ちがいいものです。

自転車に乗る以外にも楽しみがあるのが合宿の魅力なのではないでしょうか?


特にトラブルもなく、この日はいいサイクリングができたと思います。

これで2日目の報告は終わりです。

続きは3日目以降の報告で!

ではまた!

春合宿 in 九州 ~1日目~


宮崎県庁



高千穂峡



天岩戸神社


こんにちは!第46代主将のタクヤです。久々に書き込みます。

九州春合宿ゴールしました!応援してしただいた皆様、ありがとうございました。


今日は私の下見中の出来事と合宿初日の模様について書きます。

まず下見中(前プラ)から。 私は宮崎駅に5日の夜遅くに着き、スーパーで前プラ中の飯をまとめて買って出てくると、「どこから来たの」と住民の方が話しかけてきました。東京からきたこと、大学のサークルで九州を走る計画、その間は野宿をすることなどを話すと、その女性は一度帰られたのですが、私がちょうど出ようとしているときまた来られて「これで何か温かいものでも買って」といって、なんと現金とお菓子をくれました。住所を聞いて手紙を書こうと、と思ったのですが、教えてもらえませんでした。驚きと感動でしばらく興奮が止まりませんでした。

 

少しオーバーに書きましたが、訪れた先で、見知らぬ方からものをもらったのは初めてではありません(現金をもらったのは初めて)。途中公園に泊まり、野外で自炊して自転車で長期合宿をしているといったら、一般の人には、苦労しているように見えるからでしょうか。私個人としてはこういった生活が好きなので、苦ではないんですが・・・。下見中は他にも、屋台を経営しているご夫婦に朝食にたこ焼きと焼き鳥を提供していただいたり、公園に集まっていた町内会()の方々にお酒をいただき、お世話になりました。旅に出ると本当にいい出会いがあります。

 

下見は余裕をもってやりたかったので、1日のコースを2日にかけて行いました。宮崎駅から日向の手前まで、海岸沿いを走ってる間は平地で楽だったんですが、内陸の山に入っていくにつれてアップ(坂の傾斜)がきつくなってきました。傾斜15%の坂が2km続くところが後半にあって、もうこれは全員死ぬな、と確信したのはいうまでもありません。結局、宮崎~高千穂で買出しも含めて17発(1発=50分のラン)という驚異的な計画ができあがりました。

 

ところが、機材送りでミスがあって、初日は延岡まで輪行してそこから走ることになりました。

 

ここからは合宿の話です。

 

合宿集合日は雨が降っていましたが、一日目は気持ちのいい晴天。荷物を受け取り我らが先輩の働く宮崎県庁を離れ、輪行して一行は延岡へ向かいました。延岡から走り出したのはちょうど12時。前プラ中にこの日通る国道を逆走したときは、交通量が多く危ない道だなあという印象があったのですが、なぜかこの日は車が少なくストレスを感じることもありませんでした。さらにアップダウンの激しい道だったと記憶していましたが、そうでもなく、自然とみんなハイペースに。案外あっさりと、初日のテン泊地・高千穂に辿り着きました。

 

高千穂では、日本神話に出てくる天岩戸神社と美しい渓谷のある高千穂峡を訪れました。どちらも有名な観光地ですが、寒さのためか、全然人がいませんでした。天岩戸神社にはいたるところに石が積み上げられてありました(何の儀式だったのか忘れてしまいました)ので、私たちも積み上げてきました。高千穂峡は本当に素晴らしい眺めで、思わず写真を何枚も撮ってしまいました。時間に余裕があれば、ボートに乗ってみたかったんですが・・・。

 

部員は高千穂観光を満喫し、テン泊地の総合運動公園へ。ここはたいていのスポーツ施設があり、相当広く、中高生が部活でよく使うような場所でした。夜中は騒音もなく、テントを張っても目立たないところで、寒さと暗さ以外は快適でした。この日のメニューは合宿の定番、カレーライス。普段料理をしない部員もこのときばかりは腕をふるってうまい飯を作ります。

 

「何でそんなことするの?コンビニで買えばいいのに」と思う人もいるでしょう。確かにその通りで、コンビニで飯を買えば調理せず、時間の節約になります。でもそうすると、合宿の醍醐味が半減すると私は思います。合宿の目的の一つに、普段と違う「非日常」の生活をすることによって日常生活で使わない脳、筋肉を活性化するというのがあります。そのために普段の生活でやらないこと(野外自炊、自転車で峠に登る、朝早く起きて夜が明ける前に出発するetc・・・)をあえて合宿に取り入れているわけです。つまり楽できるところをあえて苦しい(困難な)ほうを選ぶことで、成長しようということです。よく「若いうちの苦労は買ってでもしろ」って言いますよね?あんな感じです。

 

最後は少しクサい話になりましたが、私の下見と合宿初日の報告は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

では、2日目以降の報告をお楽しみに~☆

(写真は上から宮崎県庁、高千穂峡、天岩戸神社

タクヤ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。