プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強しないとなあ・・・

さて今回僕、ムラがお遊びで作った写真が微妙に要望がありましたのでのっけます。肖像権などで問題あれば、削除します。


全員集合


何かこういう風につくって欲しいというのがあれば、言ってください。

でもまあ作り方は簡単で、ペイントというソフトで希望の写真を切り抜いて

ベースの写真にどんどん貼っていくだけ。


多分コンセプトがあった方がいいんでしょうね。今回のは3年生を中心に

2年生が両脇で、1年生下段という形にしたんですが、

次作る時はもっとセリフの数を多くしてドタバタ劇にしてもいいかなと

スポンサーサイト

クロスバイク&伊豆半島ラン

総会お疲れ様でした!N野です。


現役生の方はご存知でしょうが、定価約7万クロスバイク約3万で購入しました。
購入といっても、不要になったから買い取って欲しい旨をメールで連絡してきた人から買い叩いたのですが。要するに中古。
車種はルイガノのTR LITE-Eの2008年モデルです。
基本コンポはALIVIO、クランクはACERA。可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

クロス
↑これ

走った感想としては、
○ 安定感のある700×35C、サイドリフレクター付タイヤ
○ ギアガード付チェーンホイール
○ 柔らかめのサドル
○ 握りやすいグリップ
○ 車道走りに適したリジットフォーク
○ 同じ車種に乗ってる奴と出会わない(今のところ)
△ MTBよりは軽い(メーカー公表で12kg)
△ ポジションをすぐ変更できるが、構造的に不安な可変式ステム
× 変速調整がめんどくさい形状のスプロケット
× ツルツルして滑りやすいペダル
× ALIVIOシフターがカチカチうるさい
× 意味不明なフロントフォーク中心部のダボ穴

まあそのうち慣れていくでしょう。そんなわけでこれからは、
MTB・・・ツーリング
クロス・・・通学
ママチャリ・・・お買い物
といったように用途別に使い分けができるんです!すごいんです!正直自転車3台もいらないアル!



さて、今週12、13日に早同下見手伝い伊豆半島ランを敢行しました!
お忙しい中OBの方々(N田さん、M田さん)にも参加していただき、現役生を含めて5人という結構な大人数で走りました。
そういえば、44代~47代という連続した世代のメンバーが揃ってたんですね。48代(一年生)が一人でもいたら完璧だったのに・・・。
E藤ぉ!



午前10時に三島駅に集合した後、西伊豆スカイラインを目指して市街地走り。
結構な交通量だったのに、車線が少なく、おまけに路面状況が劣悪な道を一時間・・・。
ほんともう死ぬかと思った!

西伊豆スカイラインは適度な交通量と傾斜でした。景色は期待しないほうがいいかも。
あ、ちなみにMTBで参加しました。自分以外は皆ランドナーという四面楚歌。

西伊豆1


西伊豆2


途中休憩したレストハウスに高そうなロードがいっぱい停めてありました。
その後はほとんど休まずに駿河湾側の海岸線まで一気に下り、「ナイトランしたくないなぁ」とか思ってたら恋人岬で遊びすぎて日が暮れました。男だらけの恋人岬でテンションあがってたんです。仕方ないね。

夕飯は焼肉をご馳走になり(N田さん、M田さんありがとうございました)、プライベートランの自由さを実感しました。
夜は漁港でテン泊。
「国民のために出ていけぇ!」と漁師さんに怒鳴られました。夢の中で。


二日目。
下水にの周りに魚が集まっている光景を眺めて朝っぱらから若干気分が悪くなりました。魚必死だな。

この日はほんと暑くてヤバかったです。時期はずれな日焼けをしてしまい、翌日バイト先で「酔っぱらってんの?」と誤解されるハメに。
これ以上詳細に書くと早同のネタバレみたいになるので自粛します。以降は写真でお楽しみください。

四コマ
↑外人4コマの2コマ目を思い出しました

なんとか崎
↑暑かったです

猿山
↑お猿さんカワユスナァ

海
↑野性味溢れる一枚

お猿さん
↑歪みないM江とT野

石廊崎にて
↑イッケメ~ン

上記の場に立ち寄りつつ、伊豆急下田駅でゴール!続きの熱海までの下見はH井が引継ぎました。電車賃よこせやオラ。


久し振りのランということで肉体的に疲れましたが、天候にも恵まれ、爽やかサイクリングを楽しみました。高い自転車持ってんだからたまには乗らないとね!明日の一年企画でも乗るけどね!

というわけでおわりです。長文失礼しました。

淡路島が吾恥島が語源というのはちょっと…

どうもこんにちは。秋ですね。ムラです。金木犀のにおいが好きです。


どうも書くことがありませんね。

最初はウラジーミル・ナボコフと「冬のソナタ」との類似性、みたいなのを書こうと思ったのですが、

バカバカしくなってやめました。


そういえばこの前少し、倉庫の本棚を漁ってみました。

大量のアルバムと五万図、そして私用ノートが出てきました。

それでまあ、見てみたのですが・・・

どうも昔は、合コンなる儀式が行われていたようですね。私用ノートに書いてありました。


(ハアァ どこかに「あなたも自転車に乗っているの~?」みたいなことを言ってくれる女の子はいないでしょうかね)


あと五万図の使い方も今とは少し違うようです。

倉庫にあったのは余白などの不要部分(コースでないとこまで)がぶった切られていていました。

あと線引きしかしてないのが多く、書いてあっても時間くらいでした。


むかしと今との違いが倉庫にはあるわけですね。


ああ、そういえば金木犀の花言葉は「謙遜」だそうです。

女の子には送りづらいですね。

ここは思い切ってありったけのゴボウを送るしかww


暴走企画という名の房総企画

ここに書くのは実に久しぶり。今日の10時提出のレポートを7時に仕上げたS谷です。

昨日の睡眠時間が1時間です。死にそうです。まあ3連休でしっかりと休みます。


さて、折角の日記なので、10/19の房総企画について書こうかと。まあ僕が房総企画を考えた張本人なんですが。

JR蘇我駅をスタートし、房総半島の中を突っ切ってJR安房鴨川駅まで抜けるという企画。約80km。高い山のない房総半島なので、アップ数はあまりない、はずです。というのは、アップダウンがありすぎて結局どのくらいアップがあったのかわからないんです(爆)。

実際に10/5に下見に走りに行ってきたのですが、ランの前半にある通称うぐいすラインはロードで走る人がなんかやたらいました。ツールド千葉前だったからなのかどうかはしりませんが。バイカーも沢山いました。休憩地点で71歳って言ってたかな?そういうおじさんに話しかけられたり。その人は週2くらいでこのうぐいすライン周辺を走ってるそうです。そのおじさんの走る方向だとわりとアップがあったのですが、房総企画では走る方向が逆なので、このあたりは下りの方が多かったかな?

というか、僕的にはもう走ったから、同じコースは走らなくていいのになぁなんて(爆)正直、山の中だからあまり景色とかは期待できないです。もう少しランの時期が遅かったら紅葉が綺麗だったかもしれませんが、養老渓谷の紅葉はまだみたいです。


というか、僕は折角なら房総半島を一周してみたいです。機会があれば。舞浜からディズニーランドを横目にスタートし、海沿いをひたすら走って銚子ゴール。多分3日くらい必要だと思うんですけどね。いつかやってみたいです。賛同者いますかね?


ああ、日付が変わった・・・流石に1時間睡眠はきついです。寝ます。おやすみなさい。

同志社 花背タイムトライアル

                     花背TT

授業が始まって早2週間・・・あっという間に後期も終わるんでしょうね~。主将のH井です。


今回は9月末に同志社大学で行われた花背タイムトライアル(以下、花背TT)について書きます。

 

WCCも合宿後、ヤビツ峠でタイムトライアルを行っていて、大学から計測スタート地点まで電車で2時間、走って1時間かかるのですが、花背TTは大学から1時間ほど走ったところから計測が始まるので、気軽に参加できていいですね。実際、個人で練習のためにこのコースを走る人もいるようです。

 

私は夜行バスで京都に向かい、朝早くついたのですが、集合は昼過ぎなので京都を観光した後大学へ・・・。みんなぞろぞろ集まってきて準備に余念がない。タイヤ変える、キャリアはずすのは当たり前。招待されてお祭り気分できた私とは意気込みが違います(笑)早稲田からは私一人の参加でしたが、立命館の学生も2人参加していました。

 


この日は朝から雲行きが怪しく、走れんのかなと思っていましたが、タイミングの悪いことに走り始めると雨が降り出しました(>_<) 寒かった(笑) しばらくTTスタート地点で待機していましたが、雨が小降りになったのでスタートすることに。このコンディションは吉とでるか凶とでるか!?コースのほうはそんな雨も忘れさせるきつい傾斜の連続で夢中になって走りました(早稲田の威信をかけてw)。その後は無事大学に戻ってきて、銭湯で体を清めた後、宴会へ。

 


早稲田と違って、同志社は順位を宴会の席で発表するのでそれまでドキドキハラハラ・・・結果は27分台の8位くらい(よく覚えていない)でした。ちょっと速いくらいですね。あんだけ必死こいて走ったのに(笑)同志社は相変わらず2年生が速かったですね。1位は2年生のN君。さすが。早同の直接対決が楽しみです。

 


今回は不甲斐ない結果に終わったので来年リベンジしたいです。思ったんだけど、来年から早稲田もヤビツTTに同志社を招待したらいいんじゃないか?

mktさんがいないんて・・・・

どうもK友です


今僕の横でshunさんがmktさんをパワプロで作ってます


人間がパワプロみたいに簡単に成長できたらいいですね


一年生はどうやら僕以外全員フル単だったようで、


むしろ僕は勝ち組ですね。わかります


ネタは特にないのでとりあえず僕の闇ナベ画像をはっておきます



yaminabe


とってもおいしそう★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。