プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
08 ≪│2009/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城ラン & ・・・

どうも四年目のN野です。ついに授業が始まりましたね、憂鬱です。

さて、先週のシルバーウィーク中に44代OBの長田さんが企画された茨城ランに参加させていただきました。
参加者の中でたぶん僕が一番暇だと思うので書こうと思います。

栃木県の那須塩原駅
からスタートし、茨城北部の八溝山を登って下ってテントで一泊。
翌日、日本三大瀑布のひとつ袋田の滝を見学して水戸駅でゴール、という日程です。
「茨城県=筑波山ラン」という最近のWCC的発想ではとても行くことのない場所ですね。まさにニッチ。
それではランの報告にうつります。


那須塩原駅に朝10時集合。
快晴ですがすがしい気候でした。爽やかサイクリングの予感。
長田さん、K内さん、M江の四人で一路八溝山を目指します。
WCC46代私用ノート blog


街を抜け、
WCC46代私用ノート blog


田園地帯を走ります。
WCC46代私用ノート blog


遺跡「大陸支社行きもあるで」
WCC46代私用ノート blog


一時間半ほどで八溝山への登り道に突入。
全体的に傾斜は緩かったのですが、普段の不摂生のせいか結構しんどかったですね。
あと道幅狭い。
WCC46代私用ノート blog


段々狭くなってきてる!?
WCC46代私用ノート blog


俺たちは一体どこを走っているんだっ・・・!
WCC46代私用ノート blog
やっぱり茨城は東北なのかもしれない


そんなこんなで「もうすぐ山頂の予感!」と皆で話し合っていると、なんか目の前に変なものが。
WCC46代私用ノート blog


な、なんだあれは・・・。
我々の眼前に突然出現した天守閣。道中は民家すらなかったというのに。
まさかあれが山頂なのか?

山頂でした。
城「どや」

展望台みたいですね。せっかくなんで入ってみます。
最上階からの景色は素晴らしかったです。360度見渡す限りこんな感じでした。南には筑波山が見えるそうですがよくわかりませんでした。
しかしなぜこんな形状にしたのか・・・。
WCC46代私用ノート blog

WCC46代私用ノート blog


意外に寒かったので20分程で切り上げて下ります。
下り道は登りほど狭くなかったので助かりました。
夕食は麓の町の中華料理店で。長田さんにご馳走していただきました。ありがとうございました。
この日は近くの道の駅で寝ることに。

長田さん持参のテントを設営中。
でかい・・・
WCC46代私用ノート blog


ちなみにパッキングしたらこんな感じに。
WCC46代私用ノート blog


ヴォジョレーもこんな感じなのか?
でかかっただけあり、中は広く快適でした。なにはともあれM江お疲れ様w


翌朝。早起きして袋田の滝へ。
WCC46代私用ノート blog


こう言っちゃなんですけど、思ったより迫力がなかったですね。
この日は水量が少なかったのかも。感受性の問題なのかもしれませんが。

その後M江が消える事件が発生しましたが、それ以外は特に何事も無く進みます。
交通量の多い国道をもりもり登ったり下ったり。
で、昼前に水戸に到着。自転車を置き、偕楽園を徘徊します。
WCC46代私用ノート blog


この写真みて気付きました。
自分以外全員ワセジャーor同ジャー。
素直にWCC魂を感じます。
ちなみに、偕楽園はS藤が好きそうな自然豊かなところでした。

一時間ほど散策したあと、目と鼻の先にある水戸駅へ。ゴールです。
輪行完了後、駅構内でトイレ探してたら偶然発見。さすが水戸。
M江と交互に記念撮影してたら通行人に笑われました。
WCC46代私用ノート blog

個人的には2駅隣にあるK和クリーニングに寄りたかったのですが、とある事情により時間がなかったので断念。そのまま水戸駅で輪行して部室に向かいます。

終点の上野駅で降りたのですがみんなとはぐれてしまい、一人小便臭い路地裏で自転車組み立て、早稲田へ。
道中の秋葉原で信号待ちしてたら写真撮られました。
外人「HEY!」 パシャ
おいやめろ。
外人「hうぇぽ;rdw!!」 パシャ
じゃあ俺ギャラ貰って帰るから。


で、急ぎ早稲田に向かった理由ですが、それは・・・

武田さん帰還お祝い会!

があったからです。
告知が前日だったのにもかかわらず、大勢のWCC部員、OBが集まりました。
その数11人。WCC魂を感じます。

その後部室を移動し、大学近くの焼肉屋で飲み会。
社会人になられたOBの方々のお話はとても刺激的でした。土日の休みは合宿におけるフリータイムみたいなもの、という武田さんのお話には爆笑させられました。

その後余勢を駆って戸山公園へ。もはやお約束。

エールとかして・・・
WCC46代私用ノート blog


44代、45代で記念撮影!

WCC46代私用ノート blog


レンズがよごれてるのはデジカメ持って走り回ったからです。なんで走り回ったのかはよく覚えていません。

WCC46代私用ノート blog


この写真を見ると、僕が一年生のころの夏合宿を思い出します。
いやもう二度と行かないですけど、合宿。


報告は以上です。
ご覧の通りとても濃い二日間となりました。

最後にランを企画してくださった長田さん、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
飲み会を企画された鈴木さん、そして武田さんお疲れ様でした。ランに参加したK内さん、M江もお疲れ様です。
その他OBの皆さん、またお会いしましょう!まあ僕もOBなんですけど。
スポンサーサイト

最終日

ついに合宿も最終日です。最後は主将が書かせていただきます。


最終日は爽やかな天気のもと、これまた爽やかな奥入瀬渓流を走り抜けます。

前プラで来た際はバスやら車が大量にまた、観光地のためたくさんの人がいては知るのが大変でした。

しかし、さすがに朝の6時くらい言う時間帯のためか全く人がいません。そこを颯爽と走り抜ける。

気持ちよかったです。途中の雲井の滝というところで野獣の瞳をした紳士がフォークを持って何かを

企んでいましたが、無事ですみました。


奥入瀬を越えるとひたすら登りですが、ここもすぐに終わります。これでこの合宿の上りも終了です。

夏の八甲田の脇をひたすら走って雪中行軍像へ向かいます。


雪中行軍銅像でこの合宿最後の観光をした後はいよいよ最後の一発です。

八甲田の山からほとんど海抜0の青森駅へひたすら下り、平地です。ンギモヂイイッ!

途中市街地のアーケードで祭りにより進行不可能というところがありましたが、

感動のゴールクラッカーです。


いやあよかった。よかった。

まさに合宿の中で1番嬉しくて、感動した瞬間でした。

そして乾杯した後、WCCらしくチェックインの時間まで解散です。


その後打ち上げ会場に45代のM田さんがまさかの乱入。

そしてその後のカオスで危険な領域へと突入していくのでした…。


10日目

10日目担当のshunです。

やっと合宿も10日目。短かったですね(棒読み)


で10日目ですが、私とメカのI田、そしてどらごんは都合により離脱したため八幡平駅からスタートです。

ちなみに余談ですが、駅のすぐ前の商店のおばちゃんはなんとWCCのことを知っていました。

20年くらい前に黄色いジャージを着た集団が駅前に集結したとのこと。また、その前にある部員の方が

そのおばちゃんの家に泊まって一緒にお酒を飲んだなどと色々WCCに縁のある方らしいです。

東北に行く機会のある方は是非八幡平駅に立ち寄ってみてください。


我々離脱班はまず、八幡平のふもとのキャンプ場からやってくる本隊を待ち受けるべく、コース上のローソンへと移動しました。そして、昨日おばちゃんから貰ったトマトを貪りつつ本隊を待ちます。そして気づいたら汚い集団がローソンにやってきました。本体の到着です。


本隊と合流した後は環状列石という昔の遺跡に向かいました。

で環状列石はなんとあのストーンヘンジと同一年代というすごいものらしいです。

そこを観光したのですが、なにやらE藤がすごいことに…。

テンションが上がったのか、すごい勢いで走りまわります。遺跡が好きらしいです。アカデミックな彼らしいです。(写真がないのが残念)


で、次はもうスーパーへ移動。各自今日のメニューのために買い出しをします。

もちろん各自おかずも買ってました。


そしてスーパーを後にひたすら樹海ロードという道をひたすら十和田湖に向かいます。

長い。長い。結構つらいです。


何だかんだで乙女像の観光などをしつつもキャンプ場に到着です。


その後はみんなで湖水浴をして、おいしいお鍋(笑)を食べ、花火やって。

なんかすごいまとも?なキャンプでした。

でこの日は終わりです。あと1日となり昂るテンションを抑え眠りにつきます。


この日は多彩なイベントがあったので写真を載せたいのですが、今手元にないので

後日追加いたします。



九日目



どうもあんなことになっちゃった九日目担当のY田です。




今日も夜が明ける前に起床。なんだかこの生活も慣れてきたぜ!




若干雨の降りしきる中、出発。

WCC46代私用ノート blog




と思いきやいきなりダート(砂利道)に突入!傾斜がゆるいから割と楽勝だぜ!




昨日のフリータイムのおかげでみんな元気である。




さあ次は合宿のラスボスの八幡平にさしかかろうとした・・・その時!

WCC46代私用ノート blog




メカトラ・・・・・だと・・・!?




どうもどらごんさんのチャリがおかしいらしい。




時間がかかりそうなので修理班と分かれ自分は八幡平に特攻。




自分はお会いしていませんが修理班の方は偶然遭遇したOBの後藤さんにお世話になったそうです。




後藤さん、お世話になりありがとうございました。




先行班はみんな修理班のことが心配そう・・・

WCC46代私用ノート blog




Nice smile. そんなことはないですね。




もりもりのぼります。とても風が強く苦労しました。

WCC46代私用ノート blog




そして頂上に到着。霧が濃いです。




結局今日は修理班とは合流せず別々で夜を明かすことに。




キャンプ場では少人数ながらもメシを作ります。




今日は私、Y田自信作の鳥雑炊。んまい!




そして、八幡平を越えなくてすんだ修理班を若干恨みつつ眠りに落ちる・・・・




あと2日!!




8日目

みなさんこんにちは、8日目担当のK和です。

ではさっそく。

クマに襲われることもなく、無事に8日目の朝を迎えられたWCC部員たち。

すでにテンションMAXの状態で、自転車を降りても走ります。



WCC46代私用ノート blog
部員A:「捕まえてごらん(はぁと」

部員B:「待てよ~」




この日最初に走ったのは「仙岩道路」という道で、非常に交通量(特に大型車)が多く

また頻繁にトンネルが出現するので、かなりヒヤヒヤしながら走りました。


WCC46代私用ノート blog

自転車は肩身が狭いなぁ・・・


WCC46代私用ノート blog



そんなこんなで前半の山場を越え、盛岡へ。


WCC46代私用ノート blog
盛岡ではお待ちかねのフリーターイム!!

部員は思い思いの方へ散らばっていきました。

ところで盛岡といえば『冷麺』ですが、実は冷麺の専門店というのは少なく、これを食べるためには焼肉屋に行かなければならないそうです。

なんでも冷麺と焼肉はセットで考えるのが普通なのだとか。



フリータイム終了後は夕飯の買出しをして、外山キャンプ場までもりもり登りました。正直しんどい・・・

キャンプ場の管理人さん曰く、このあたりは本州で最も寒い場所で、さらに今年は冷夏だから夜はかなり冷え込むかもしれないということでした。実際、けっこう寒かったようですがそんなのいざ知らず、WCC部員は明日に備え、みな爆睡します。



このときのWCC部員は9日目があんなことになるなんて思いもしませんでした・・・


7日目

どらごんです。連投です。7日目です。

7日目は、昨日よりはだいぶましでした。コースのほとんどが平地でした。本庄街道から、角館街道を行ったわけですが、

WCC46代私用ノート blog

こんな感じの平地がメインでした。

そして、田沢湖まで上りました。

WCC46代私用ノート blog

「き、金色だ…」
田沢湖の観光スポットたつこ像です。(この写真は、下見中のものです)

そして、水沢温泉で温泉休憩(^∇^)(そこまで行くまでの坂が、異常にきつかったのだが…)
一人だけ入らないやつがいました…

最後に、キャンプ地に着いて今日は終了と思いきや、
「クマが出たんで、ここは危険だから、別の場所に案内します。」

まだ終わらない。最後にダートが待っていた!!!

案内された別の場所の近くには滝がありました。当然、僕は滝に打たれてきました。温泉に入ったあとなのに。

こんな感じで7日目終了です。

6日目

どうも、どらごんでございます。早速、6日目振り返ってみましょう。

いやぁ、思い出したくない(笑)

鳥海山を二回も登ったなんて、
フリーランの後、二回も峠があったなんて、


悪夢のような日だったことでしょう。←すでに他人事。

一回目の鳥海山はフリーラン(競走)だったため、僕は写真を撮っていませんでしたので、写真なし。
でも次の写真を見ていただければ、どんなにつらかったかわかると思います。

WCC46代私用ノート blog


WCC46代私用ノート blog

ね、ひどいでしょ。上の2枚は二回目の鳥海山を登ってるところ。もちろんルートは別です。一回目は鳥海ブルーライン。眺めがよかったです。二回目は名も無き峠。ちなみにフリーランは、ムラが一位でした。おめでとう。

WCC46代私用ノート blog

これも二回目の途中。そして、峠を越えて、由利本荘市に入ったわけです。

WCC46代私用ノート blog

買い出し休憩中の様子。13時ごろとあって、非常に暑くてだるそうなのが伝わってきます。すでに、峠を二回超えてるんですからなおさらです。そしてこの後も、もちろん登ります。

WCC46代私用ノート blog


WCC46代私用ノート blog

わけあって、、この辺は自転車専用道みたいになってました。なかなかおもしろい写真が撮れたと思っています。
そして、八塩ダムほとりのキャンプ場で一泊しました。
昨日がフリータイムだったなんて、昨日と今日が同じ合宿だなんて、とても思えない一日でした。

五日目って言ったやつ誰だッ!

五日目担当の I 紳士です。

この日は待ちに待った(といってもまだ五日目だが)フリータイム!
そして65キロ、150アップという楽勝日!
いや~、余裕じゃないですか~。

初のCL(コースリーダー、班の先頭を走る人)に任命された一年生二人を先頭に快調に飛ばすWCC部員。
途中、始発が遠く数時間後の無人駅で遊んだり、朝の最上川を越えたりしながら、フリータイム場所の酒田へ向かっていると・・・、
やせいのげきざかがあらわれた!
誰だ、楽勝日なんて言ったのは!!? 俺だ!!

しかし、鍛えられたWCC部員は難なく激坂を越え、酒田へ到着。
フリータイムでは各々が思い思いの方法で自由時間を過ごす。
ちなみに僕はコインランドリー→銭湯→ドラッグストア→漫画喫茶というコース。
ドラッグストアに行ったのは前日からあせもになっててかゆ過ぎたから。人間ばっちいのは良くないですね。
そして漫画喫茶で読んだからくりサーカスでガチ泣き。いや~感動した。

フリータイムを終え、リフレッシュした部員たちは酒田駅に集合し、キャンプ地に向かって再出発&ゴール。
この日の夕飯は「つけうどん」でした。調理風景(あとで写真のっけたいです)を見て一言。
「これはひどいww」

でもおいしかったです。




よっかめ!

さて、四日目担当のE藤です。ちなみにこの日の下見も担当しました。死ぬほど

きつかった(ように思えた)

だがしかし…普通日と聞かされていた三日目がまさかの修行日だったおかげで、

きつかった部分がカットだと……


ということで、修行日から一転楽勝日になってしまった4日目のレポートです。


というか、


WCC46代私用ノート blog-09夏合宿4日目1

こんなに天気が違う時点で



WCC46代私用ノート blog-09夏合宿4日目3

なんかテンションの変化がやばい。


WCCのテンションで合宿がヤバイ


まあこんなに天気が違う時点でそうなるのは当たり前だよね。

(ちなみに、1枚目は合宿時の弓張平公園付近、2枚目は前プラ中の六十里越街道。本当は同じ場所で比較したかったが、1枚目の場所を通った日は雨で写真とかとってなかった。)


たいへんGoodな天気の中のを越え山を越え国道を越え(?)、羽黒へ。

Aコープでダイタマイトサンデーとかいうとってもダイナマイトな割引サービスのおかげで鶏肉がくそ安かったりアイスがくそ安かったりしながら、

羽黒の五重塔へ到着。


WCC46代私用ノート blog-09夏合宿4日目4

これもまた前プラ中の写真だったりします・・・・

なんかちょっとがっかりだった五重塔でした。


その後まさかのキャンプ場までの激坂(もちろん写真なし)


k和のある意味反則なコヘマイ(E藤はゴミの捨て方を確認にいってないため見てない)

とか、ハ○ヒ「キョン!ス○○○○クするわよ!」とかよー分からんことで笑いながら合宿の4日目も終わったとさ。


次の日は楽しい楽しいフリータイム!


(ていうかSFが夏合宿で非常に流行りました。マジキチだと思いました。マジで誰得だったんだろう)

9人の妖怪が東北にあらわれている---WCCという妖怪が





8月15日 七ヶ宿町~大江町 103km

記述者 2年 ムラ



WCC46代私用ノート blog

今日もいい天気だお!! 今日は修行日で蔵王に登るお!!

でもきっと楽勝だお!!




WCC46代私用ノート blog
君たち…あの蔵王を自転車で登ろうっていうのかい…

…悪いことは言わねえ。そんな死ににいくような真似はやめな。




WCC46代私用ノート blog
わ~~~~

なんかすごい不安になってきたお!!



WCC46代私用ノート blog
大丈夫!! 何にも怖いことなんかないよ。

僕達にホイホイついてくれば、大勝利!!




WCC46代私用ノート blog
なんだかすごい不安だけど、

ひとまずここは信じてみるしかないお……




WCC46代私用ノート blog
だいたいこんな道を走ります





WCC46代私用ノート blog

…………………………疲れたお~~~

なん…だ はっはっ…お前…はあはあ…だらし…ねえなあ




WCC46代私用ノート blog
このクラブに入ったのは失敗だったかもしれないお




WCC46代私用ノート blog



WCC46代私用ノート blog

景色がいいですね




WCC46代私用ノート blog
とはいいつつも、走り続けていけばいつかは報われるものでして





WCC46代私用ノート blog
登り始めて4時間

ついに到着したお!!!




WCC46代私用ノート blog
ピークの駐車場からリフトを使って上れば

御釜と呼ばれる湖があります





WCC46代私用ノート blog
御釜にいたのはなんと……

いや、冗談です


このあとも3日目は続きましたが、まあ割愛

最大の山場である蔵王の雰囲気は伝わったでしょうか。


最初は真面目に書いていたのですが

2枚目のK友と3枚目のI田の写真を見ていたら、こんなのを書いてました。

15日の写真は一部しかないし、っていうか春合宿のも混じっているっていうね・・・



タイトルはとある有名な書物の出だしから。

もともとタイトルっていうのをつけるのは苦手なんです。

それで困っていて、ふっと本棚を見たら、それがあったので…

二日目

誰も書かないんで俺書いちゃうよ?やっちゃうよ?
いいっすね?イイッスネー!drke4です。

さて合宿二日目。「二日目?そんなのあったっけ?」
と言われるくらい今合宿では影の薄い日。実際何があったか思い出せません。
というわけで写真見て思い出すしか・・・

WCC46代私用ノート blog

朝の出発準備中。前日雨が降っていたが、朝になるとある程度晴れてました。

WCC46代私用ノート blog

WCC46代私用ノート blog

WCC46代私用ノート blog

そしてもりもり登る。一年生のY田は基本的に下を向いて写真に収まってます。
こっち見ろ!

WCC46代私用ノート blog
走り終わると合宿唯一の楽しみ、飯の時間。
END、mkt両氏が薪割り職人、I田氏は火付け職人、他は糞ニートと完全な役割分担が成立した

改めて振り返っても二日目は何も無いですね。
峠もなに登ったか覚えてないです。

三日目はTHE王がとにかく脳裏に焼き付いているので、次の記事書く人頑張ってね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。