プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
11 ≪│2009/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

一年企画

 みなさん、こんにちは。一年のK和です。


 だいぶ遅くなってしまいましたが一年企画の報告をいたします。

今回のランは名づけて『裏筑波ラン』!

なぜなのかは追々説明します。


 10月18日、午前10時。茨城県土浦市にあるJR土浦駅に集合しました。


ここから筑波山方面を目指し、ぐんぐんと進んでいきます。

ちなみにこの企画で通った道には、ほとんど名前がついています。


まずはじめに使った道は県道236号通称『筑波パープルライン』です。

観光道なので、田舎にしてはクルマの量が多少多いですが、比較的走りやすい道でした。


パープルラインをしばらく進むとその日最初の峠『朝日峠』に出くわします。距離は短いですが、傾斜のきつい峠でした。


WCC46代私用ノート blog

この峠は非常に見晴らしが良く、自分が下見をした際には新宿のビル群が見えました。また、グライダーのセーリングポイントにもなっていて、ゆったりと飛ぶその姿は、まるで鳶のようでした。


WCC46代私用ノート blog

朝日峠を過ぎ、表筑波スカイラインに入ります。この道をひたすら道なりに進めば、筑波山の玄関『風返峠』ですが、今回はそこまで行きません。筑波山を目の前にしながら、完全に無視します。(笑)


どこに行ったかというと、スカイラインの途中にある小さな峠『不動峠』です。ここで筑波山行きのルートを外れ、登ってきた山を下り、県道199号『広域農道フルーツライン』に入ります。この道は農道なだけあって、とてものどかで、時折トラクターが走っています。


フルーツラインを道なりに走り、県道42号と合流するところで右折、その先にある『団子石峠』を目指します。

この峠は地図にも乗っていないことが多く、非常にわかりにくい峠です。


そしてこの峠ではフリーランを開催しました。


WCC46代私用ノート blog

※企画者K和の峠選びのセンスのなさに呆れるWCC部員。

  「あ~、さすがにこれはないわ~」


もうしょうがなかったんです。だって面白そうな峠探していたら、結局ここしかなかったんですもん!

全長約3.5㎞、激阪の連続というWCCではあまり走らなそうな峠です。

鬱蒼とした道を走ること十数分、ついに道が開けっ!!・・・・・・って峠についても鬱蒼としている。。。救いようのないセンスのなさ(泣)


WCC46代私用ノート blog
まぁでも看板があるだけマシか・・・



その後は、山を下り、ひたすら道なりに進むとゴール地のJR岩間駅に到着しました。

大きな怪我や事故もなく、ゴールできたことは企画者としてもうれしいことでした。


 で、ここまで来て何故、『裏筑波』だったかといいますと、あまり有名でない筑波山の北東側を行くルートだったからです。地図を見ていただければ分かりますが、筑波山の南西側は、幹線道路や、有名な景勝地があったりしますが、一方で北東側は少し元気が無いのです。WCCでも筑波山は幾度か走っているようですが、そのルートもすべて南西側からアプローチしています。


 「探せばいろんな道や峠があるんだなぁ。」


これは企画をしている段階で出てきた率直な感想です。WCCの合宿でも、あまり人が行かないような道や峠を走ることがありますが、今回は自分で選んだ道なだけに、走るのがとても楽しかったです。地図上で線だけを追って決めたルートの上に自分が立っていて、いい意味でそのギャップに驚いたり、次はどんな景色が広がっているのか考えるだけでワクワクしました。

これを機に、自分でもいろいろと道を開拓していこうと思いました。

 拙い企画に付き合ってくれた部員の皆さん、どうもありがとうございました。

スポンサーサイト

早同 3年生アフター


どもshunです。


早同後のアフターに行かせて頂きました。

西岐阜から京都までゆっくり電車に揺られていきました。


到着してまずは同志社に向かうことに。

京都の街中を自転車で走るというのはなかなか乙なものでいいですね。

東京と違い道も広く、走りやすかったです。


到着するとすごい広い部室が!しかも24時間営業というからうらやましい。


で、そのあと都合により早同に出れなかったK君と合流し、昼飯を取ることに。

おしゃれな感じの学食に連れて行ってもらい、おいしかったです。


その後は八坂神社に連れて行ってもらい、いろいろ観光した後、飲みに行きました。


焼き鳥うまかったです。

その後、エールまでやったりと素晴らしいアフターで、予定を変更し、20時の新幹線で変える予定でしたが、そのままお世話になってしまいました。


その後は買出しして、4年生と合流して飲んだりした後、S君の家に泊めてもらいました。


翌日もなんだかんだで立命館などに連れて行ってもらったりと本当に楽しかったです。


しかも驚くことに今回の費用をほとんど同志社の3回生が出してくれました。

いや、本当にありがとうございました。

来年のアフターはしっかりとプランを立てておかないといけないですね。