プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

やびてぃ

銀輪集うは秦野駅。
その身に光る黄色は栄光。
彩る赤は鮮血。
朝10:00、どこからともなく姿を現す男たち。
人は問う、これから何処へ向かうのか。
$WCC49代スクラップブック
「えっと、上っている方道なり直進・・・でっす」

早稲田大学サイクリングクラブ第49代春季ヤビツ峠タイムトライアルっつ!!!
始まります。
$WCC49代スクラップブック
S谷「ぼぼ、ぼっちちゃうわ!」

気合入ってます。
$WCC49代スクラップブック

ヤビツTTと言えば
交差点名古木からのスタートが一般的ですが、
我々は中間地点の蓑毛から開始します。
大学生の非競技団体では蓑毛スタートが多いようですね。
$WCC49代スクラップブック
ここの傾斜が全行程で一番急だったりする。

本日の天候:曇り・霧
$WCC49代スクラップブック
毛「湿度高めっすね~」

着々とスタート地点に到着。
WCC49代スクラップブック
メカトラなんてあるわけないじゃないですかぁ~

WCC49代スクラップブック
T邊「こんなユルい坂じゃアップになんないっすよー(笑)」

WCC49代スクラップブック
M崎「あちゃ~、ローラー台パッキングしてくんの忘れた(笑)」

WCC49代スクラップブック
Y田「・・・(誰も俺のバンダナのこと突っ込んでくれへんなぁ)」

よーいどん!
一斉にスタート!というわけにもいかないので
二人ずつスタート。
気になる結果は・・・



WCC49代スクラップブック
K地(1) 45:04

WCC49代スクラップブック
O田(2) 39:45

WCC49代スクラップブック
I隈(1) 39:14

WCC49代スクラップブック
N村(2) 37:23

WCC49代スクラップブック
M崎(1) 36:54

WCC49代スクラップブック
K原(1) 36:13

WCC49代スクラップブック
T邊(1) 34:45

WCC49代スクラップブック
S谷(1) 34:22

WCC49代スクラップブック
K村(1) 32:38    ・

WCC49代スクラップブック
S藤(2) 31:55

WCC49代スクラップブック
S山(2) 31:36

WCC49代スクラップブック
Y田(3) 30:46

WCC49代スクラップブック
I井(2) 30:37

WCC49代スクラップブック
T村(2) 29:48

WCC49代スクラップブック
K和(3) 25:55




$WCC49代スクラップブック
とまあこんな感じです。
皆さん調子がよろしいようで、
夏合宿の成果が楽しみです。ふふ

WCC49代スクラップブック
WCC49代スクラップブック
WCC49代スクラップブック
以上、お疲れ様でした!

記:T村
スポンサーサイト

新歓ラン@秩父

ごきげんよう。
ようやく風邪が治ったT村です。

今回のランはなんとあの秩父です。
WCC49代スクラップブック

あの秩父です。
WCC49代スクラップブック

企画のテーマは「峠デビュー」。
観光は一切ありません。
市街地を出発して林道をぬるぬる登り続けます。
WCC49代スクラップブック

途中でクワガタが歩いていたので、
MAXさんにプレゼントしました。
あとひと月もすれば夏ですよねー。
$WCC49代スクラップブック

ふと思ったこと:人がめっちゃいる。
坂を埋め尽くさんとする黄色いジャージが
夏合宿を彷彿とさせます。
WCC49代スクラップブック
WCC49代スクラップブック

県民の森へ到着!
ここまで650upくらいでしょうか。
一年生の強さにはいつも驚かされます。
$WCC49代スクラップブック

春の桜に代わって迎え入れてくれたのは
同じく桃色が鮮やかなツツジでした。
$WCC49代スクラップブック

up後のプチ登山が地味に辛い。
しかし景色は良好。
展望台からは秩父の山々が見渡せます。
$WCC49代スクラップブック

まあ曇っていたんですが。
$WCC49代スクラップブック

昼飯済ませて刈場坂峠に到着。
去年もここで写真を撮りました。
峠の看板が相変わらず崖から
落っこちそうな体制で冷や冷やさせます。
$WCC49代スクラップブック

下りも林道を行きます。
涼しい風が心地よい…そんな時、「徐行ストーップ」。
K和さんが飛んできた虫に瞼の上を刺されてしまいました。
$WCC49代スクラップブック
この光景、以前どこかで見たような気が。
前回の反省を生かし、
今回は自前の毒抜き機で対応。
$WCC49代スクラップブック
さすがは副将さんです。

上ったら下り。下ったら上り。
下りで回復した体力を再び上り坂が削ります。
$WCC49代スクラップブック

ゴールを間近にまたもや徐行ストップ。
なんとガイドプーリーが落下するアクシデント。
どうしてこうなった。
$WCC49代スクラップブック
普段ならアクシデントの方から逃げ出していく
K和さんも、今回は踏んだり蹴ったりのご様子でした。

色々ありましたが、時間のロスもなく
ゴール地の毛呂駅へ到着しました。
さて、「毛呂」←これは何と読むのでしょうか。
まあ皆さんにはもろわかりでしょうね。

参加された皆さま、お疲れ様でした。
今年の一年生はやはり粒ぞろいのようです。

新歓ランはこれにて終了です。
次のイベントはヤビツTT。
今年は大人数になりそうなので余計に楽しみです。