プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏合宿最終日

こんにちは、N村です。夏合宿最終日をお送りします。

送信者 夏合宿 12日目


おっと、珍しい人がその黄色いのつけてますね?

ということでこの日は三年生がCLを担当し、二年生が班長に挑戦です。
その雄姿を焼き付けろ。
スポンサーサイト

夏合宿11日目

おはようございます。T田です。

11日目は、一年生がCLをするということで筆者を含む四人が選ばれました。
そして、出発時間になり、いざ、出発しようとなった時、なんと驚いたことに、、、


OBのY村さんにお会いしました!


そして、写真を撮りました。
送信者 夏合宿 11日目


まずは、フリーランです。

特に一年生はみんな速くなっていました。

一年の優勝は、I原。
送信者 夏合宿 11日目

やはり速いです。

そして、総合一位は、、、

S山さん
送信者 夏合宿 11日目

最軽量化し、驚異的なタイムを打ち出しました。

そこから下り、ひたすら平地を走り、
送信者 夏合宿 11日目


北緯45度線を通過し、
送信者 夏合宿 11日目


Aコープにて休憩。
送信者 夏合宿 11日目


その後、食材を買うべく、スーパーを目指し、走りました。

そこで、

途中離脱されたO田さんに再会しました。
送信者 夏合宿 11日目


その後、サロベツ原野へ
送信者 夏合宿 11日目

送信者 夏合宿 11日目


草原の中に一本まっすぐのびる道を爆走。一面に広がる草原を見ると、筆者は、そのすばらしさのあまり、言葉を失ったのを覚えています。

サロベツ原野を出た後は、海岸線を走り、言葉では言い表せない美しい夕日に出会いました。
送信者 夏合宿 11日目

雲の切れ目からこぼれる光が特に美しかったです。

このように自然のすばらしさに何度も感動しつつ、11日目のテン泊地へ。

そしてまちにまった闇鍋です。

皆さんいろいろな食材を持ってきていました。

それらを鍋に入れた写真がこちら
送信者 夏合宿 11日目

みなさんのコッヘルの中は、大変なことになっていました。
もうあれは人間の食べるものではないです。
送信者 夏合宿 11日目

送信者 夏合宿 11日目


筆者はというと、そんな光景に、にやにやしつつ、I原とともに、S山さんに買っていただいた西瓜をおいしくいただきました。



夏合宿十日目

どうもこんにちはT村です。
夏合宿十日目の報告をさせて頂きます。
送信者 夏合宿 10日目

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

夏合宿9日目

WCC風・炎の夏合宿 第9回 『ピールアウト』

peel out [自] 〈車などが〉急発進する:急発進して出る
  (大修館 ジーニアス英和辞典第4版より)

夏合宿8日目

8日目担当のH賀です。
7日目の順調ぶりはこの日起こるハプニングの布石だったのかもしれません。
とにかくダートの恐ろしさを思い知らされる日でした。

夏合宿7日目

こんにちは?、Sみです。
合宿半分終わり後半に入りました。
本日の目玉は、なんと・・・「1年による初CL」です。(自分はやりませんでしたが)
2年生の方々も班長をやるなど、引き継ぎがおこなわれています。
では、肝心の7日目です。

夏合宿6日目

こんにちは、6日目担当の一年K谷です。

夏合宿5日目

個人的な都合で記事を書くのが遅くなってしまい、ご迷惑をかけてしまいました。。。
やはり分からないことは人に聞いたほうがいいですね。
ども、1年のH野です。

気が付けば9月もあと少しで終わり、合宿が終わってもう1ヶ月以上たってしまいました。
え、もう新学期始まるじゃないですか?やだー!
なんて茶番はさておき、後続を待たせているので
記憶が残っているうちに書いていきたいと思います。

前日夜のS木さんの急襲からの5日目の朝、
「きっしょぉぉぉおおーっ!」の掛け声は全CではなくそのS木さん。
送信者 夏合宿 5日目

偉大なる先輩に見送られて合宿は第2ステージへ。
5日目は十勝平野を疾走して一路北上、
ヌプントムラウシ温泉近くのキャンプ場まで行きます。

出発直後はぐずついた天気。汗と雨で不快度指数が高まります。
送信者 夏合宿 5日目
やはり帯広といえば豚丼なのか。

それにしても平地、
送信者 夏合宿 5日目
平地、
送信者 夏合宿 5日目
テラ平地。
送信者 夏合宿 5日目

快走しすぎて買い出しポイントに開店前に到着。1年生が行列を作り圧をかけてます。笑
送信者 夏合宿 5日目

ここからは山に向けてちょっとずつアップしていきます。次第に天気も回復し...
送信者 夏合宿 5日目
送信者 夏合宿 5日目


そしてお待ちかね......十勝ダム!!ここで昼休憩。
送信者 夏合宿 5日目
送信者 夏合宿 5日目

十勝川上流に建造されたこのダム、広場の案内のボタンを押すと、
なんと「十勝ダム」さんが柔らかく響く音声で自身の説明をしてくれます。
でも面白がって何度も押してもセリフは変わらんよ!

東大雪湖を抜けて更にアップしていくと道全体にバッタの群れ。。。
やはり北海道、虫は無視できない......ε- (´ー`*) ヤレヤレツカレテンダナ

そして遂に富良牛村へ。
送信者 夏合宿 5日目
送信者 夏合宿 5日目
お土産屋兼簡易郵便局(?)その向かい側には学校も!

まだまだ登って曙橋へ。ここがヌプン温泉への分岐点。
この日は野営場に向かうため直進。
送信者 夏合宿 5日目
送信者 夏合宿 5日目
しばらくすると……ダート突入!
Sみが活き活きしとるがなっ!対照的に私はゲンナリですよまったく。。。

そんなこんなで野営場到着!早めに夕飯を食べ明日に備える部員たち。
送信者 夏合宿 5日目
送信者 夏合宿 5日目


しかし数時間後訪れるキツネたちの強襲の脅威をその時わたしは知るはずもなく、
サイドバックの無残な姿を発見したのは朝でしたとさ。

教訓
狐と虫は無視できない!

以上、書くのは遅いH野でした。

夏合宿4日目

こんばんは。

一年のs木です。
4日目の夏合宿について書いていきます。

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

夏合宿 三日目

三日目はI原が合宿の模様をお伝えします。

夏合宿2日目

「ここからは予定を変更して『第50代早稲田大学サイクリングクラブ夏合宿2日目』の模様をお送り致します。

実況は私Hとり、解説はU京さんです。U京さん、よろしくお願いします」

U京「よろしくお願いします」

夏合宿 一日目

こんにちは、一年のY口(←四角じゃなくて「くち」)です。

ついに我等一年生も、プレ合宿や総会参加を経て、新入生ではなくWCCの一員として、気持ちを切り替えて活動に取り組んでいくようになりました。

というわけで、この度一年生もブログを書くことになったわけであります。

恐縮ながらも、その先陣を切って私が書きたいと思います。

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。