プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2012/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早同下見~3日目~

H野です。
さて、いよいよ3日目ですが、
前日松原湖という極寒の地で宿泊したため、
完全にお葬式ムードのまま朝を迎えました。
送信者 早同下見

それでも行かねばなりません。
松原湖から冷気を身にまとい一気に250down、早同ルートに再び合流します。

送信者 早同下見
この下見で何度見たことか。
ハッピードリンクショップ、略してHDS。
HDSが度々指示のポイントになるのでWCC部員は見逃さずに!

送信者 早同下見
送信者 早同下見
ぶどう峠を目指し上って行きます。紅葉が楽しみですね。
群馬県はすぐそこ。

ぶどう峠に到着!
下りはところどころ見通しが悪いところも。
H野は上ってきたバイカー達に危うく轢かれそうになりました笑

送信者 早同下見
下ってちょっと休憩し、

2日目の宿を目指し上野村へ。
送信者 早同下見
2日目の旅館、不二野屋のご主人はなんだか豪快な方でした。

そして3日目のルートへ。
送信者 早同下見

志賀坂峠を上りきったと思ったら、
おっとこれ以上は……いい道でした。

送信者 早同下見
真っ暗なトンネルを通り下って秩父へ。
途中には日窒鉱山があり廃墟とかが見れました。

暗くなってきたところで本日は終了。
わたくしとY口はここで解散と相成りました。

さてさて、本番ではどんな景色が見れるのやら。楽しみですね。
以上、炎のストッパーH野でした。
スポンサーサイト

早同下見~2日目~

H野です。
さて、2日目の朝。
送信者 早同下見
送信者 早同下見
朝食を食べ、本番1日目の宿を見に行きます。

ちょっと漕いでいくと「長窪城跡」の文字。
下見の特権、ちょっと寄り道!
送信者 早同下見
進んだ先には、、、
送信者 早同下見
思-てたんと違う、、、そりゃ城「跡」だもんね。
気を取り直して行きましょう!

送信者 早同下見
キャンプアップを経て、

送信者 早同下見
宿に到着!
なかなかいい所ですね!^^

さて、お次は佐久平駅へ。
送信者 早同下見
のどかです。

橋を渡り……
送信者 早同下見

佐久平駅!
送信者 早同下見


イオンで昼食を食べ、JR小海線沿いを南下。
と、ここで目に入る「五稜郭」の文字。これは行くしかない!
またまた下見の特権、寄り道です。

というわけで、龍岡五稜郭です。日本にある五稜郭はここと函館の五稜郭の2つだけなのだとか。
送信者 早同下見
送信者 早同下見
送信者 早同下見
現在は中に小学校が建っているようです。

さて、再び小海線沿いを南下。
送信者 早同下見


テン泊地を求めて小海駅前を通り過ぎ、
送信者 早同下見

辿り着いた先は、松原湖岸の公園。
送信者 早同下見
童謡「北風小僧の寒太郎」の記念碑が立つくらい、本当に寒いところでした。
みなさん、繰り返し言っておきます。早同本番は旅館に泊まれますが、長野の寒さをナメたら痛い目見ます(> <)

3日目につづく

早同下見~1日目~

ど~も、H野です。
いよいよ毎年恒例のDCCさんとの合同合宿、「早同交歓会」が今週末に行われます。
遅くなりましたが、今回はその下見にくっついて行ったので、
ちょっとだけ、その模様をお伝えしたいと思います。

10月某日水曜の夜。
都内を高速バスで出発し、来たるは松本!
4時間弱で着くとは結構近いですね。
そして同じく随行する1年のY口と松本駅で合流。
送信者 早同下見
送信者 早同下見
そのまま市内の公園へ移動しこの日は就寝。


翌日、下見1日目がスタート。気持ちのいい朝ですね。
送信者 早同下見
一旦神先輩と別れ、コンビニで買物をしたあと松本城で再集合。
送信者 早同下見
ここからスタートします。
目指すは秩父。

まずは美ヶ原高原を越えていかねば。
温泉街を通り、美ヶ原林道へ。

!?
送信者 早同下見
送信者 早同下見
なにこの傾斜!?
しょっぱなからインナーで漕ぎ出すことになるとは。。。
自らを奮い立たせなければ!
送信者 早同下見


送信者 早同下見
そして進んでいくと、、、

送信者 早同下見
送信者 早同下見
なんと工事中でした(T△T)
ということで1度下って別の道から行く事に。

神社を左へ。
送信者 早同下見
木漏れ日が雰囲気あって静かないい道です。
送信者 早同下見
松本市外を一望!短時間にこんなに上っていたとは!

そうこうしている間に美鈴湖に到着。
しかし本当の戦いはここから。
王ヶ頭まで17km、休憩しつつ着実に上ります。
送信者 早同下見
送信者 早同下見

そのまま思い出の丘を通って王ヶ頭へ。

やっとの思いで辿り着いた美ヶ原!
早同本番では行けないのでここでちょっと紹介していきます。
送信者 早同下見
送信者 早同下見
送信者 早同下見
頭の中の「高原」のイメージをそのまま引っ張りだしてきたような、
そんな高原らしい高原でした!

送信者 早同下見
美しの塔に刻まれた詩に心打たれながら下っていきます。
しかし寒い。長野を甘く見ている方は気をつけた方がいいです。
1日目は小諸の道の駅でテン泊。なかなかいいところでした。

2日目につづく

一年企画 東京探訪ラン

「…都会が俺を呼んでいる」

はやOさんが あらわれた!!

一年企画:箱根ラン

こんにちは。T田です。

10月21日(日)に一年生が企画したコースを日帰りで部員で走るという“一年企画”が開催されました。

開催に先立ち、投票で一年生の個性あふれる十個の企画の中から二つの企画が選ばれました。(数名場所は重なったりしましたが、コースはまさに十人十色でありました。まさに新歓ランにぴったりのものからやたら鬼畜なものまであり、「え?こんな遠くまで輪行?」や「こんなにアップ?常識的な時間に終われるのか?」等、色々な声があがり、一年生が各々発表したときは面白かったです)

決選投票の結果K谷の“東京探訪ラン”とT田の“箱根ラン”に決まりました。

本日は私が企画し、参加した箱根ランのほうのご報告をさせていただきます。




二年企画 とこキャンラン

こんにちは。
前のブログにも書いてある通り、今回の二年企画は二つありました。

ここでは私k村が企画しました、所沢キャンパス観光ランをお届けします。

2年企画 金沢(区)・鎌倉ン

~前回までのあらすじ~

ヤビツTTを終え帰路につかんとした我々を待ち構えていたのは、秦野駅内で2年企画の投票を決行するという謎イベントだった・・・

ヤビツTT

こんにちは。T田です。9月21日(金)に行われたヤビツTTの報告をさせていただきます。


さあ、やってきました、ヤビツTT!

筆者は前日かなりの興奮気味で、早くに布団に入るも、なかなか眠れず、ひとりでに焦っていました。

そして迎えた当日。

秦野駅がだんだん黄色に染まっていきます。。。
送信者 2012-09-21


数名欠席者はいましたが、集合して、体操です。
送信者 2012-09-21

送信者 2012-09-21


その後できる限り軽量化し、戦いの舞台へ出発。

平日ということもあり、道は結構すいており、比較的楽に走れました。

そして例のバス停(スタート地点)へ。

一人ずつ出発です。




さて、結果はというと、、、


三位は・・・

T中さん
時間:28分17秒

送信者 2012-09-21

青のパナランでゴール地点へと颯爽と走りこんできた姿はかっこよかったですね。

二位は・・・

H野
時間:28分11秒

送信者 2012-09-21

見事一年優勝の座をを奪還しました。


一位は・・・

K村さん
時間:27分25秒

送信者 2012-09-21

やっぱり速いですね。

そして写真を撮り、
送信者 2012-09-21

下ります。

そして恒例の乾杯
送信者 2012-09-21

送信者 2012-09-21

送信者 2012-09-21

送信者 2012-09-21


ちなみに筆者はというと、31分26秒(前回より29分はやくなりました)でした。



自転車で峠を上るのはつらいものです。
自分との戦いです。
自分が負けたら、そこで戦いは終わります。
しかし、ひたすら無心にペダルをこぎ続け、自分に勝ち、その頂に立ったときの快感は本当にすばらしいものがあります。
そこに自転車で峠を上る楽しさがあると思います。

これを分からせてくれた前プラ、合宿に感謝し、そろそろ筆をおさめようと思います。

本当にありがとうございました。



以上で秋ヤビツTTの報告を終わります。




富士山ラン~2日目~

2日目の朝、おにぎりを食べまだ暗いうちに早めに出発します。
目指すは山頂!
まずは8合目に向かって登っていきます。
前日同様険しい山道が続きます。

しばらくすると石階段があり平らなスペースが....
8合目きたかっ!、、、と思ったのも束の間、元祖7合目でした。。。
7合目が2つあるなんてなんかヘンな感じ。。。
ここで少し休憩!しかし風が強い強い!
そして風を遮るものもあまりないのでモロにダメージを受けます><

あまり体を休められずに上に登ります。
すべては頂に立つため!
そしてこの辺りで真っ赤な太陽のお出まし。
幻想的な風景でした。その写真はまた今度の機会に!

8合目はちょっとした展望台的なものがありました。
しかし1度下を見てしまうとそのまま落ちていきそう。
ここからは土の部分もほとんどなくなり、ロープを頼りに岩の上を歩いていきます。
9合目に着くころにはさらに靄も出てきてさらに冷え込みます。

そして9合5勺を超えやっとこさ浅間神社のある10合目?へ。
ここまで長かった~!
おじさんに集合写真を撮ってもらい、さらに奥へ。
めざす頂は剣ヶ峰、さらにこの先にあるのです。

少し歩いていくとひときわ急な傾斜が....
しかも岩じゃなくて土だから登りにくい。
もう結構限界になりながら頂上の観測所へ。
最高地点の赤いマークを見たときは謎の達成感と充実感で満たされました。

頂上で空もとどろに校歌斉唱!!
といきたかったのですが登山客が多くなかなかタイミングが、、、
チャンスを伺うこと20分ほど。
多少の視線は気にせず歌ってエールすることに。
恥ずかしかったけどこのランで一番良かったと思える瞬間だったかも。

目的を達成した一行は同じ道を下り帰途につくのでした。

以上、炎のストッパーH野でした。

富士山ラン~1日目~

どーも、炎のストッパーH野です。
さてさて今回は....
そう、タイトルの通り有志で富士山登山に行ってきました!
え?自転車関係ないじゃないかって?
いやいや、ちゃんとサイクリングしますよ。
JR御殿場駅から富士宮口5合目駐車場まで自転車で上ります!
そこで自転車を降り、富士宮ルートから山頂を目指すのが今回のラン。
サイクリングと登山の合わせ技ですね!
残念ながら夏合宿の後すぐ&普段と違い本格的な登山もある
ということもあって参加者は5人と少なめでした><

1日目は新7合目の御来光山荘まで行きます!
諸事情により今は画像を載せられませんが、準備でき次第再掲載します><

この日はいつもより早い7:30に集合。
そして出発直前にして本日の全Cを任された私。といっても5人なので1班しかいませんが。^^;

まずは御殿場駅から5合目駐車場へ。
長い長い坂道を上っていきます。
駅前の交差点を出てからずっとupでした。
最初のうちは緩やかでも段々と傾斜はキツくなっていき....
しかも自分たちはプレ合宿の最終日、5合目駐車場から駅まで
全く同じルートを下ってきたのだからその長さを知っているのです。
これがずっと続くとなると....テンション上がります↑↑笑

途中には陸上自衛隊の駐屯地と米軍キャンプがあったり、
路肩で休んでいると戦車(?)が何台も通って行ったり、
訓練の音がドンパチ聞こえてきたりと、なんだかすごいところだなぁと感じました。

そうこうしている間に旧料金所を通り越し登山区間へ。
話をしていると上りの苦しさも忘れることができますね。
この区間は距離・傾斜そこそこあったんですが難なく駐車場に到着。
バス停脇に自転車を停め、いったんここで自転車を降ります。
雨で体も濡れ気温も低くかなりマズイ状況。
急いで建物の中に逃げ込んで着替えます。

さぁいよいよ登山!ここからは自分の足で坂を上っていきます。
プレ合宿の時に集合写真を撮った登山口から今度は先へ進みます。

自分は富士登山は初めてですが結構傾斜がキツくてへばりそうでした。
あと高尾山なんかと違って土は赤く山肌は荒れているような感じがしました。
植物もあんまりない。。。この高さだと生えないのかな?
想像していた感じとはちょっと違いました^^;

売店がある6合目を通り抜けまだ明るいうちに新7合目へ。
ここの御来光山荘という山小屋に泊まります。
山小屋は人も多く、寝る場所も思っていたよりも快適でした。
ただ、夕飯のカレーは山小屋仕様というのか具は少なめでしたTT

2日目へ続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。