プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春合宿7日目

7日目の様子は監督がお伝えします。
この日はスーパーがオープンする時間を考えてかなり遅めでの出発でした。
で,今日のルートは…


こんな感じですね
なんでも今合宿最難関らしい峠であるところの二本杉峠とか,
企画者一押しの栴檀轟の滝とか,
兎角盛りだくさんの最終日一歩手前と相成りました。

出発して,国道沿いで本日の買い出しを済ませます。
最初の一発で本日の買い出しです。
いやぁ~この後の道が楽しみですね--

その後は国道を避けてうねうねと県道を抜けていき,
本日最初の観光スポット…通潤橋



すごく・・・おおきいです

この通潤橋の本来の役割は通水路ですが常時人が渡れるようになっています。
これが江戸時代にできていたというのだから驚きです。
頼めば目の前でダイナミックな放水をやってくれるらしいのですが,残念有料でした。

さて,川沿に下り,また登りを繰り返しながら部員たちは次の目的地へ



本日2箇所目のポイントがこちら。
霊台橋です。

分かりにくいですが橋です。
こちらも江戸時代にできたアーチ式の石橋で,そのアーチの大きさが日本一…
と紹介されていましたがWikipedia見ると15年くらい前の調査では日本3位らしいです。
でも,1位も2位も大正時代以降の橋ですから実質的勝利と呼んでいいと思います(エッ

ではいよいよ,二本杉峠に向かいます。
この峠は熊本から人吉に抜ける峠なのですが…
なぜか我々はこの峠をゴール地熊本に背を向け人吉方向に抜けます。
ルートラボ調べだと約11kmで平均斜度が8%ちょっと
まぁ,楽勝でしょ!



何人か表情が怪しいですが(笑)
因みに自分はリアディレイラーの怪しげな調子に翻弄されて結構しんどかったです…

標高から考えてもかなり涼しく,
寧ろ寒い一歩手前くらいの気温だったはずなのに山頂で撮った写真はこちら



なぜ脱いだし

日も傾き大分終わったような空気が漂っていますが…
まだまだ先があります。

二本杉峠から下る,途中に見かけるは梅の木轟公園吊橋


この吊橋は梅の木轟という滝に向かう遊歩道として設置されたものだそうで,
建設当時はPC吊床版橋としては日本最長のものだったそうです。
是非紅葉期にいってみたい。

更に下って,日が沈んだ中を栴檀轟の滝目指して登ります。

反射板が如何に重要かよくわかります。

それでは,いよいよ本日最大の見所栴檀轟の滝の写真がこちら













わぁ~水しぶきがいい感じにフラッシュを乱反射してきれ~
って違いますね。滝ですね。2人のバックに写ってるはずです。
心の目で見てください。
みえね~よという方は是非コチラのリンクでお気に入りの一枚を探してみましょう
栴檀轟の滝-google画像検索

滝を過ぎて笹越トンネルで本日の登りは終わり

この時時刻は既に午後8時半。ここから最後の下りです。
気を付けろよ~
と言ってるそばからメカトラか~い


結局キャンプ地に着いたのは午後10時過ぎ…うんかなり遅いね
しかしここから最終日恒例闇鍋タイム。
が,時間も遅いし短縮版で行こうということで

自分の買ったものをこのスープに入れて食べてね☆ by食当

というまさかのカウンター攻撃炸裂で阿鼻叫喚の嵐に

ししゃもとかどうすればいいんですか~

結局就寝は午前1時。てっぺんを回るというまさかの就寝時間でした。
明日はいよいよ最終日。何かいいことあったらいいね!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。