プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏合宿7日目

こんにちは?、Sみです。
合宿半分終わり後半に入りました。
本日の目玉は、なんと・・・「1年による初CL」です。(自分はやりませんでしたが)
2年生の方々も班長をやるなど、引き継ぎがおこなわれています。
では、肝心の7日目です。
K谷君の「きっしょーー」で本日は始まりました。
天候は、曇りというよりも霧でCLのみんなの心情が出ていたのではないでしょうか。

最初の一発が終わるとまさかのパッキング解除指示がきました。
前日から囁かれていたフリーランか?と恐怖しながら指示にしたがう

送信者 夏合宿 7日目


サイドバックは当然としてフロットバックも置いて走り出す猛者もいた
あまりの軽さに思わず「体が軽い。こんな気持ちで(ry」と言い出す人も
しかし、天候は悪化し続ける


送信者 夏合宿 7日目



20分も走らないうちに再び休憩し、フリーランかと思いきや・・・
中止になりクラブランと相成りました。

送信者 夏合宿 7日目


ここまで悪化してしまっては、安全面から中止は仕方ない

そうして白樺峠を登っていくと霧が晴れてくると同時に
そしてきれいな景色が見えてきた

送信者 夏合宿 7日目
送信者 夏合宿 7日目
送信者 夏合宿 7日目


展望台で休憩していると雲が上昇しているのが見え
それから逃げるようにはしりはじめるWCC

送信者 夏合宿 7日目


そして峠の頂上、傾斜がそれなりにあり納得の頂上である
そして恒例の記念撮影

送信者 夏合宿 7日目


このときはしゃぎ過ぎてバードウォッチングの人にしかられてしまいました
このブログを見ていることはないでしょうがご迷惑をおかけしました

下ったのち荷物を回収し、市外へ
道も複雑でなく、我が班CLのM谷君もさほど緊張したようには見えず
悠々と走っていました

送信者 夏合宿 7日目


昼休憩兼2日分の買い出しです。
翌日は買い出しができないということで買い占めに走るWCC部員
先輩からアイスをおごってもらう人もあり、和やかな昼休憩である

テン泊地に向かって走り始めたわけだが、
WCC三大観光の一つ廃線を発見


送信者 夏合宿 7日目



『第三音更川橋梁』というらしいが自分は全く詳しくないのですごさがわからない
それでもノスタルジーとでもいえば良いのだろうか
そんなしんみりとした感じにおそわれた

そして、もう一つの観光のダムである(最後の一つは原発らしい)

送信者 夏合宿 7日目


ここで感想のひとつも述べたいのだが
十勝ダムを見た後なのでなんかスケールにかけてしまう

トンネルやら藪の中を潜り抜けると
上士幌町鉄道資料館に到着

送信者 夏合宿 7日目


守りたくなるようないい笑顔である

廃線をトロッコで走るアトラクションがあったのだが
人力と聞いた瞬間WCC部員の目が変わり、我先にとペダルへ走った。
しかし、かなり重いうえにペダルがゆがんでいるという二重苦であり
ここにきてはついに足の攣りと戦うことになりかねなかった
職員の人も一日の終わりには死んでいるそうだ

送信者 夏合宿 7日目

送信者 夏合宿 7日目


ここで30分以上休憩時間をオーバーし、とある班が道に迷ったにもかかわらず
テン泊地である糠平温泉にてフリータイム発生
1時間程を温泉につかる者、メカチェックをする者など
それぞれが思い思いに時間を過ごした

送信者 夏合宿 7日目


そして、夕飯のスパゲッティーもどきを食べ本日は終了となりました

1年CLの方お疲れ様でした
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。