プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年企画 東京探訪ラン

「…都会が俺を呼んでいる」

はやOさんが あらわれた!!


午前8時。
平山城址公園駅。
黄色い悪魔たちが、どこからともなく集まって来る。

そう、今日は東京探訪ラン。長い一日になりそうだ・・・。


今企画のテーマはズバリ、「WCCの非日常」。
たまには都会が走ってみたい
たまにはゆっくり観光休憩がしてみたい…
そんな企画者のささやかな夢が詰まった、心温まるランでした。

京王電鉄・平山城址公園駅を出発し、
川崎街道、府中街道、かの有名な環八・環七等を駆け抜けて、
多摩テック、弁天洞窟、等々力渓谷、東京大仏、東京カテドラル関口教会
と5か所の観光を挟みつつ、我らが大隈講堂を目指す、約80㎞の行程です。


空は雲一つない快晴。寒すぎず暑すぎず、まさに絶好のサイクリング日和です。
企画者の日ごろの行いがよろしいからですね。

一斑出撃の図
今回も引き続き一年生がCLを務めます。がんばれよーぉ

で、すぐに多摩テックに到着。
2009年に閉園し廃墟となったテーマパークです。
後日、この話を高校時代の友人に話したら、
「え? 多摩テック行ったの? オレも小さいころよく行ったよー。
ほら、昔多摩のあたりに住んでてさー」って話をされました。
…廃墟とか言ってゴメン。

ちなみに現在はM治大学がスポーツ施設として
跡地を利用する計画が進行中だそうで、
残念ながら中を探検することはできませんでした。
H部「フッ…、この程度か…」
…変なトコ連れてきてゴメン。


早々に多摩テックを後にした一行は、まず川崎街道へ。
まだまだ交通量は並み程度ですが、
約束の地・聖蹟桜ヶ丘駅周辺はやはり車通りが激しいようです。
前方の路上駐車を追い越そうと右に膨らむたび、
背後から高速で乗用車に接近されるなど、なかなかスリリング。

そうこうするうちに次なる目的地、弁天洞窟に到着しました。
威光寺というお寺の境内にある、関東屈指の地下霊場です。
東京都の「新東京百景」の一つだそうなのですが、
表の看板は相当サビてました。ちょっと怖い。
弁天洞窟入口
これにロウソク一本を持って入るわけです。
曲がりくねった洞内を少し進むと、もうそこは完全な暗闇の世界。
まさに、闇に包まれる、といった感じ。
ロウソク二刀流でも、かなり暗いです。
壁面には神様が彫ってあったり、
大蛇がいたり、
祠があったり・・・
なかなかの恐怖体験でした。
洞窟を抜けると日差しがまぶしい・・・。


再び光の世界に戻ってきた部員たちは、府中街道、環八通りを快走していきます。
途中、二子玉川駅周辺で猛烈な交通量に悪戦苦闘したものの、
無事等々力渓谷にたどり着きました。
都心に突如として現れる自然の風景。
環八通りを少し外れると、BGMが
車のエンジン音から鳥たちのさえずりへと変わります。
少し行ったところにある等々力不動の境内で一休みです。


ここから我々は進路を北に変え、環七通りを一路、進んでゆきます。
やはり都心、絶え間なく流れる自動車の脇を
すり抜けるようにして次の目的地まで走りました。
そしてやって来たのは・・・
The Great Buddha of Tokyo!!
フッ…、東京には大仏もスカイツリーもあるんだぜ…。

大仏の鎮座する乗蓮寺の境内には、なぜか七福神や役小角の石像が。
実は大仏様自身もおん年35歳だったりして、いろいろ不思議なところなんです。

東京大仏に興味を持った方はこちらをどうぞ。→東京大仏(Google検索)
や、別に布教とか、そんなんじゃないですからね。


さてさて、いよいよランも大詰め。
だんだんと日の傾きかけた国道254号を走り抜けます。
そして人々がごった返す渋谷駅前を横断。
黄色い雄姿をその目に焼き付けろ!

と、いうわけでたどり着きました、最後の観光スポット、
東京カテドラル関口教会です。
カトリック界では日本の半分近くを管轄する、いわば元締め的な存在。
我々が到着したとき、大聖堂では何かのミサをやっていました。
恐る恐る入ってみると、おそらく千人近い人々が。
しかも讃美歌を歌っているではありませんか!
厳かなミサを執り行っている後ろで、黄色いジャージたちがウロウロ。
トミー、みたいな外国人の坊やにもぶつかりそうになったりとかして、
さんざんご迷惑をおかけしました。

東京カテドラルに興味を持った方は、こちら。↓
東京カテドラル関口教会(Google検索)
いやいや、布教とかじゃないですってば。


東京カテドラルから大隈講堂までは、もう目と鼻の先。
なかば小躍りしながらペダルを回します。
・・・が。
大隈講堂前までやってきた我々を待ち受けていたのは、
ホームカミングデー。

OB、OGの皆さんとチアリーディングの皆さんとがごった返して、
渋谷駅前もかくや、という程の人の群れ。
ここで、ここで、感動の解散がしたかったのに…。

と、いうわけで残念ながら戸山公園での解散と相成りました。
人生、何が起こるかわからないものです。
なんて教訓を垂れて、東京探訪ランの夜は更けてゆくのでした。


おしまい
スポンサーサイト

Comment

No title

まさかバイト行く途中でWCCのランに遭遇するとは思いませんでした。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。