プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏合宿-前プラ1、2日目-【神】

s木です。
初前プラ…ども…
俺みたいな11月に夏合宿の前プラのブログ書く腐れ野郎、
他に、いますかっていねーか、はは
今日のwccの会話
改選総会早く終わらないかなーとかチーム・カチューシャやばいなとか
ま、それが普通ですわな

かたや俺は前プラの写真を見て、呟くんすわ
it's a DEKKAIDOU.北海道?それ、誉め言葉ね。

好きな音楽 めざせ!ポケモンマスター
尊敬する人間 サトシ(よけろ連打はNO)

なんつってる間に4時っすよ(笑) あ?あ、wcc部員の辛いとこね、これ


一度やってみたかったんです。

本日のオーダー
CL:師匠T中さん、2:同期K谷、3:私、s木

本日のルート
帯広のとあるネカフェから本別へ行き、
国道274をずっと進み、庶路ダムに至るダートに突っ込む。
13kmのダートの末、本日のテン泊地庶路ダムへ至る。

夏合宿 北海道 224
「一両編成うえーいw」←

最初の休憩ポイント本別駅。
ここでは色々あったのですが恥ずかしいのでブログ作成者権限で書きません。
ただ、こんな何もない駅で休憩を取るほど緊急性の高い出来事だったんです。

ここまでの道のりはずっと平坦な道でしたが、徒らに長い道でした。
そこから少し行くと、本日最初の短めのダート・・・夏合宿 北海道 228
夏合宿 北海道 227へたる1年2人。

T中さんはダート嫌いって聞いてたから
ダートなんていかないと思ってたのに1日に2度もダートに行くとは。
夏合宿 北海道 229
ダート突破したったたったたった
夏合宿 北海道 230238_compressed.jpg
ダート後の下りが最高でした。車来ないし、急すぎないし、路面もいい!!


またしばらくして、着いたのが補給地本別。
夏合宿 北海道 237うーん。天気良くない
本別についたころは寒く寒くて大変でした。
師匠のアドバイスで、私はアームウォーマーを買いました。
全プラ中に手になにかおしゃなものが付いていたらそれです。

ここからまたしばらく面白トークを披露させていただいたりしながら
平地を転がしていくと、怪しげな看板が。
夏合宿 北海道 245
師匠「あ、ここだわ」
漏れら「」

このダートはくまさんダート(´(ェ)`)くま
ダートに突入してすぐに見えてきたのが、この看板。
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |  1週間前にクマでました。(ゝω・) テヘ |
 |___________________|
当たりを見ると鹿の片足やら、毛が散乱していた。超恐怖。((((;゚Д゚))))
私たちはクマよけのために自転車についていたベルを終始ならしていました。
すでに100kmこいでいて、なかなか辛いダートだったにもかかわらず
恐怖のために誰も休憩しようとは言い出しませんでした。

・・・
・・・
・・・

そしてこの笑顔である。
夏合宿 北海道 250
クマダート、今ではいい思い出である。
庶路ダム無事到着!一日目終了。

______
引き続きs木です。
師匠との楽しい旅もついに2日目。
今日も楽しく頑張るのであった。

本日のオーダー
CL:同期、K谷 2:師匠、T中さん 班長:私、s木

本日のルート
狐に頭を突かれておきた庶路ダムを出発し、雨が降る中、本日最初のダート
その名も「アブダート」。山を一つ越え、鶴見台に至る。
思い出のダート道、鶴見峠をこえ、
双子の湖、ペンケトー、パンケトーを望み、
本日のテン泊地、足湯のある道の駅に到着。


熊が出そうなダム庶路ダムを出て、
ゆるやかな下りを雨の中すすみ、ダートに突入。
夏合宿 北海道 254_compressed

このダートが朝一から本当にひどいダートで
坂道のキツさもさることながら、
北海道の代名詞?であるアブが大量にいたのです。。。
このダートはで二度と行きたくないダート暫定1位です。
3人の背中と足には無数のアブがくっついて、
さながら模様のようになっていました。


そんなアブダートを抜けたあと、ちょっとした峠を一つ越え、
観光地鶴見台に到着。

鶴見台ということで鶴が沢山居ました。
夏合宿 北海道 255_compressed
鶴のモニュメントの真似をしています、どうでしょうか///

しばらく平地を走り、本日のメイン峠。
鶴見峠に入りました。

正に死屍累々というかんじで、終始無口。
1時間超上っていたにもかかわらず、写真が峠の一枚だけ。
夏合宿 北海道 262_compressed
笑顔ですが、足はガクガクでした。

ただ、もう一度行ってみたいし、オススメの峠です。

鶴見峠を抜けたあと、またしばらく登って双湖台につきました。
夏合宿 北海道 264_compressed
ペンケトーとパンケトーっていうらしいです。
ここから下って行くと、すぐにテン泊地につきました。


この日のテン泊地にはなんと足湯がありました。
温まれたし、気持よかったです。

この私は初個テンでした。
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。