プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車購入奮闘記

こんにちは。H賀です。

昨年の夏プレ合宿後、遅ればせながら自転車を注文し、
約一週間後に引き取りに向かった私に告げられた恐怖の宣告。
「お客様の自転車にはリアキャリアは装着不可能でした。」

リアキャリアはサイドバッグをつるしたりパッキングをしたりと
WCCの旅では絶対必須の代物。

それが装着不可能だと・・・。夏合宿まで残り一ヶ月をきっている。
H賀大ピーンチ。
そもそもの話、私が自転車を注文した時期は他の同期たちと比べてもかなり遅い。
夏プレ合宿でもまだ借り物に乗っていた。
言い訳をすると私はスポーツバイクの知識が浅い上に、
2,3回行われた自転車購入ツアーに諸事情により一度も参加できなかった。

結局そのままずるずると過ごし、
先輩作のVブレーキマウンテンバイクリストから半分適当に選んだのだ。
それがリアキャリアお断りの「マディフォックス」であった。

さて話は冒頭に戻る。
リアキャリアをつけられない。

言い換えれば、始まる前からの夏合宿終了のお知らせである。

いやだ、北海道行きたいよぅ(泣)。
前プラの師匠たるN村御大にヘルプを要請し、
とりあえずチャリ屋で使えそうなパーツを購入し、
購入後間もない自転車に大規模な手術を施すこととなった。

本来の用途もよくわからんパーツあれやこれやくっつけているうちに、
ようやくリアキャリアを固定することに成功した。

そう、固定である。

もう外せない、不可逆反応。
ついでに固定具と連結させたため、サドルの高さ調節もできなくなってしまった。
何てこった。

そんな裏話こそあったものの、北海道のダート群や落車を経た今もリアキャリアはしっかり固定されたままでいる。
サドルだって要は私の脚の長さが成長しなければ固定したままでも大丈夫なのだ。
べ、別に短足のままだからって悲しくもなんともないぞ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。