プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が今の自転車を買った経緯:部員Y口の場合

どうも、Y口です。

今回は私が乗っております自転車のお話。
それはそれは大変気に入っているわけですが、その出会いから購入までには様々なドラマがあったのです。

それでは、始まり始まり、、、、
それは、大学入学前にまで遡ります。
元々自転車が好きだった私は、大学入学を目前に控え、あることを決心します。

「新しい自転車を買おう」

元々、安いクロスバイクを持っていましたが、そんなのじゃなくて、もっとちゃんとしたやつが欲しいなーと思い始めたわけです。

やっぱり、ロードバイク?どんなの買ったらいいんだ?メーカーは?
なんにも知らないど素人だったので、色々迷っていました。(今もどうだか、、、)

そんな中知ったのがビアンキでした。たぶん、皆さんも聞いたことがあるでしょう。最近すごい走ってるのを目にします。なんだか、、、チャラいイメージに思われてるやつです、、、、。

ビアンキのメインカラーはチェレステといって、エメラルドグリーンのようなとても綺麗な色です。先ずその色に惹かれました。

「よし!ビアンキの自転車を買おう!」

Y口少年春の決心であった。

そんなこんなで大学に入学、
WCCと劇的な出会いを果たし、一瞬で魅了され入部する。

WCCで主に使用される自転車の種類はMTBとランドナーの2種類である。
やっぱドロップハンドルでしょ!と、クロモリフレームの格好よさからランドナーに的を絞る。

そこで、思い出したのがビアンキであった。
もちろん、WCCではロードバイク等は使えない。ビアンキにもランドナーはあるのだろうか。

そこで調べてみたところヒットしたのが、Bianchi Ancora(ビアンキ アンコラ) である。
ancora_convert_20130220012355.jpeg

これは、ビアンキが作っているツーリング車である。
正確に言えば、スポルティーフという部類の自転車だ。
ダブルレバーで、標準でフロントキャリア、トークリップ、泥除けが付いていて、リアキャリアを付けるためのダボ穴もある。
そして、サドル、バーテープ共に皮という豪華仕様。


なんともノスタルジーでクールな自転車である。

「もうね、一瞬で惚れました」

こいつを見つけてからというもの、常に頭の中で自分がこれに乗っている妄想ばかりしてました。(ハァハァ

そんな妄想を実現させるため、さっそく行動に移っていく。

まず、いろんなお店に行って在庫を調べてみたわけだが、中々在庫が無い、、、。
在庫があっても、チェレステは無いということもあった。
それもそのはず、ビアンキは元々あまり入荷数が多いメーカーではなく、人気なものはすぐに完売してしまうらしい。

これが、最初の壁であった。

そんなある日、同期の部員と共に、新宿の某大手自転車ショップに行ったところ、、、

「!?」

なんと、以前行ったときには無かったはずのあいつが、しかもチェレステが置いてあったのだ。
(あれ??前無かったよね??ちょwwwまてwwwくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」

もう、完全にパニック状態

興奮状態のまま(←まて 店員さんに話をして、その日は興奮状態のまま帰宅

やばいよやばいよ、早く買わなきゃやばいよやばいよ
お金、、、用意してすぐ買わなきゃ!!

ここでぶつかったのが第二の壁である。

このBianchi Ancora 自分の予算より高かったのである

自分の手持ちの現金では足りなったのだ、、、、。
ん?現金?、、、、、そうだ!こいつがあった!
持っててよかった!JCB!!

結局、親からも少し借りて(本当にありがとうございます)ウキウキしながら数日後お店へ。
この後起こる恐怖を知る由も無く、、、、。


実際に跨って体のサイズに合うか調べてみることに。(先にしとけよ

そこで、自転車につけられたタグが目にはいる。
サイズ 51 適応身長 170cm~

、、、、( ^ω^)!?


自分の身長は160前半、、、足りないのだ、、、。

「一つ下のサイズって無いですかね?」

「調べてみて、あったとしても取り寄せでだいぶかかりますね、、、」

、、、、( ^ω^)!?

「何とかこれで乗れないですか、、、」

「ステムを短くすれば乗れないこともないですよ」

、、、、( ^ω^)それだ!!

ステムとはハンドルと自転車のフォークをつなげるパーツ。ここを短くすると、ハンドルまでの距離が短くなって、多少大きい車体でもハンドルを楽に握れる体勢がとれるようになるのだ。

ということで、最後の壁もなんとか乗り越え、装備品も一緒に注文して納車待ち。


そして、ついに納車日を迎える、、、、。

お会計を済ませて、店員さんにお店の外まで運んでもらい、挨拶をして、いざ帰宅&初乗り!
お店は新宿ですが、自宅は横浜なので走って帰るのです。

帰路途中は終始ハイテンション←


それから時は流れ、夏北海道合宿、早同、その他多くのツーリングをこいつと共に過ごした。

本当にいい自転車です。今のところ故障は一回も起きていません。
走りから帰ってきた後はいつも洗って、なんとか綺麗さを保てるように奮闘。
しかし、どうしても長期ツーリングを何回もすると仕方ない傷もたくさんついてしまう、、、、。
でもこれも旅の思い出、勲章みたいなものなの、、、かな?
まだまだ自分はもっといろんなところへこいつと行くだろう。
Bianchi Ancora は最高の相棒です!これからもよろしく!
ancora2.jpg



新入生の皆さんは、買う前にサイズ、予算の確認をちゃんとしようね!(←普通する





以上、もう名ばかりじゃない! 51代二年会長の Y口でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。