プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が自分の自転車を買った経緯~ゆりあとの出逢い~

どうもこんにちは。
本クラブの主将を務めておりますK地という者です。以後お見知りおきを。

さて、本クラブの活動に取り組むにあたって
「自転車」とは正に相棒・恋人・伴侶の類と言っても過言ではありません。
これからの3年間、自分の体の一部と化す物ですので、
慎重に自転車選びを行って欲しい。
そこで今回は、少しでもこのブログを読んで下さっている
新入生の皆さんの自転車選びの参考にして頂ければと思い、筆を取りました。

現在私はTREKの4SERIES 4300(MTB)、通称ゆりあを乗り回しています。
今回はこのゆりあとの、聞くも涙語るも涙、
セカチュー並の感動の馴れ初めを書き綴って参りたいと思います。
※是非ティッシュをお手元に用意して下さい。
涙腺が緩み易く成る為、
読み終わる頃にはキーボードに涙をボロボロ溢している可能性があります故・・・

2011年初夏(6月中旬)・・・WCCに入部し1ヶ月弱が経とうとしていた。
我々51代は震災の影響で自転車の購入時期が遅れ、
少々慌しい雰囲気の中で自分の愛機を探し回っていた。


まずはランドナーにするか、それともマウンテンバイクにするかだ。
新歓ランに参加した頃は、その洗練されたフォルムから

「ランドナーに乗りたい!」

と息巻いていた記憶がある。
しかし、上述の通り、最終的に私はMTBを購入した。
金銭的な問題や、個人的にMTBの方が
輪行(自転車を専用の袋に入れて電車等で移動する行為。
詳しくはWCC用語辞典をチェック!)が簡単だったこと、
そしてがっしりとしたフレームに何というか、
男らしさやかっこよさを感じたからだ。
以上の理由からMTBに心変わりした。

次に、具体的にどのメーカーの何を購入するかだ。
これも、部室に設置してある雑誌や、
技術指導局長様から配布された「メカ通信」を四六時中眺めていた記憶がある。
もちろん授業中もだ(新入生の皆は1年の前期くらいはちゃんと授業を聞いて、
ちゃんと単位を取ろう。これ重要)。メーカーはすぐに決まった。
台湾を本拠に置く世界有数の自転車会社、GIANTだ。
理由は単純明快、GIANTという響きがテラかっこよかったからだ。
そして肝心の車種。値段、そして色合いからTALON2のグリーン
(2年生Sみくんの色違い、俗に言う2Pカラー)に決定した。

後日、当時の技術指導局長様に引率され高田馬場の某自転車店へ。

しかし、そこで事件は起きた。






売ってなかった・・・

他の系列店に連絡を入れて頂いたが、
上述の通り購入時期が遅かったせいか、どの店も品切れだった。

焦った。

約10日後に迫った夏プレ合宿という企画に
どうしてもマイチャリで参加したかったからだ
(結果的には間に合わなかったのだが)。

そこで私はとっさに言った・・・「それじゃ、これ下さい。」

その「これ」というのがTREK社の4SERIES 4300であり、
私の嫁こと通称ゆりあである。

要するに、希望の自転車がなかったからしゃーなしで決めたみたいなものだ。
しかし、値段は当初購入予定だったTALON2よりも若干安く、
カラーもブラック&レッドと燃えるような熱い感じが決め手になった。
これが私とゆりあとの運命の邂逅であった。

結果的に行き当たりで決めたが後悔はしていない。
乗り心地もいいし何よりかっこいいからだ。

しかし、これはあくまで結果オーライな例だ。

このブログを読んでくれている新入生諸君の中には、
自転車の購入に際してあまり時間的余裕が無い人も居るかもしれない。
しかし、時間が無いからこそしっかりじっくり考え、
実車もして見た上で、自分の「相棒」を見つけ出して欲しい。

最後に、ここまで読んでくれて本当にありがとう。
あまり参考にならないだろうが、
こんなケースもあるんだな程度に覚えていてくれれば幸いです。
それでは、一緒に見知らぬ土地で旅できる事を楽しみにしています。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。