プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年企画 ~飯能ラン~

こんにちは。1年のC木です。
今回は私の作った初企画「飯能ラン」の様子をお届します。
10月6日朝10時、青梅駅にて集合です。本日私の企画には1年生は私一人ということで、この表情。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

先輩方に”かわいがって”もらうのがうれしい様子。

以下が企画のルートとなります。

距離67km、UP数850m
成木街道をゆき吹上峠、小沢峠を越え名栗川を横目に見ながら山伏峠へ。そして正丸峠をのぼり、最後はおなじみ刈場坂峠を登ります。

前CLは私C木が担当、2班に分かれて出発します。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

天気は曇り気味。気温も高くなく、走りやすい日でした。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

早速、吹上峠に来ました。ここはトンネル回避があり旧成木街道を通ることができます。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

と、トンネルが真っ暗で不気味です。なんか上から雨水が降ってくるし。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

道は雑草が道にはびこり、いかにも旧道感あふれていました。
しかし地面が濡れているため、速度を出すのは禁物です。スリップ注意!怪我に気をつけたランを。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

さて休憩地点に来ました・・・お、あれは
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

カキがお持ち帰りだと・・・!
もちろん持って帰りましょう。名栗の住民の皆様、ありがとうございました。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

ここから山伏峠に向かいます。しかし、あっさり登り切ってしまいました。幾えにも渡る峠を登ってきたWCC部員にはちと楽すぎたか?
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

早くもお昼休憩です。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

おやおや、こんなところに自転車を放置してはいけませんね、誰でしょうか?
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

実はここから先正丸トンネル(極悪)を抜けていく予定でしたがK地先輩の英断により正丸峠を登ることに。
天気は曇りでしたがかなりいい景色。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

ここはかつて昭和天皇陛下が行幸された地であり、現在の今上天皇でいらっしゃる明仁親王殿下、美智子妃殿下も行啓されています。ここで記念撮影。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

さて、正丸峠を下って最後は刈場坂峠です。
WCC御用達の峠ですね。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

みなさんするすると登っていきます。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

さぁ頂上に到着です!
出迎えてくれたのは、何と新しくなった刈場坂峠の看板が!?
もう傾いた看板は見ることはできないようです。
ちなみに頂上におじさんはいませんでした。残念。ここでも記念撮影。
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

もう企画は終わったも同然。国道299号に沿って飯能駅に向かいます。

到着!いつも通り体操、そしてジュースで乾杯です。
(S木先輩による自撮。右のほうにいらっしゃいます。)
送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

送信者 10.06 1年企画(C木企画班)

最後はC木企画参加者による反省会。私自身は今回の企画を通して、下見の大切さや全員で企画を走る楽しみを学ぶことができたと思います。先輩方からも、CLとしての注意点や企画のよかったところ、改善すべき点など参考になるお言葉をいただき、私にとっては実りある企画になったと思います。この反省は次の企画に生かしていたいです。
おしまい
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。