プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春合宿4日目

 マズローの欲求段階説って知ってますか?人間の欲求はピラミッドのように構成されていて、低次の欲求が満たされるとより高次の欲求を求めるというやつです。①生理的欲求→②安全の欲求→③所属の欲求→④承認の欲求→⑤自己実現の欲求という風に進むわけです。合宿中は最初の①、②を満たすのに精一杯で、自己実現なんてものはどうでもよくなります。頭の中の九割は飯と風呂で占められます。残りの一割は成績です。

 申し遅れました、H部です。春合宿も4日目です。修行日であるこの日、行程はなんと130km、1800UP。下見も二日間かけて行きました。今日さえ乗り越えれば明日は熊本でフリータイム、張り切って行きましょう!と、いいたいところですが......
<この日のルート>
 

 私は合宿のときは起床時間の10分前に自動的に目覚め、腕時計を見つめながら、モーニングコール(大音量)を待つのですが、この日だけは時間になってもその雄叫びが聞こえませんでした。寝坊かしらと思いそのままじっとしているとテントが揺さぶられ、なぜか主将が直々に起こしにきました。そして輪になってからの彼の第一声がこちら。
「えー、T尾がいません。自転車も荷物も置手紙もなく、全Cジャーだけがテントの中にありました。」
 はい。起床がかからないのも当然です。だって全Cいないんだもの、そりゃ聞こえなくて当たり前だわ。どうやら彼奴は合宿に危機を感じたらしく、夜の間に大脱走を決行したようです。その行動力を合宿に注げよ。

 微分積分以来の意味不明な事態に直面したことで、三役はもちろん、一年生はたいそう動揺したみたいです。とくにA井は気力が萎えてしまって出発時間を過ぎても走り出せずにいました。何をやってるんだか。結局副将S木が一緒に離脱し様子を見ることにしたようです。スタートから不穏な空気ではありますが、この日からは追試を終えたT田♂がようやく加わり、兄弟弟子のI原♂も嬉しそうでした。
P3092278_R.jpg


 なにはともあれとにかく出発です。今日は牧ノ戸峠に大観峰にラピュタの道と見どころ満載ですから、急がないとまわりきれません。
 前半はちょっとした山越えとアップダウンを繰り返しつつ北上して阿蘇を目指します。天気にも恵まれて気持ち良く走ります。
P3092289_R.jpg

P3092304_R.jpg
 春合宿中は同志社ジャージにお世話になりっぱなしでしたね。道行く人にも「京都から来たの?」って聞かれたものです。
P3092320_R.jpg
 さすが上級生、CLから解放されても地図の確認は怠りません。
P3092324_R.jpg
 二月下旬の下見ではかなり雪が残っていたのですが、さすがにもう溶けましたね。三月の九州で雪なんか降るわけないよね。
P3092348_R.jpg
 「またWCCか......」とでもいいたげな眼差し。こっちみんな。
P3092368_R.jpg
 道の駅「波野」で昼食休憩です。冬のコヘ弁はご飯が固くなるからいやですよね。
P3092385_R.jpg
 背中から疲労感を醸し出す部員たち。信号機みたいな配色です。

 午後からは本格的に峠を攻めていきます。まずは第50代春合宿でも行ったという牧ノ戸峠(標高1330m)。
P3092444_R.jpg
 登っている途中から吹雪に遭いました。強風にあおられつつ、粉雪が激しく舞うなかを二時間かけてようやく頂上へ。急いでレストハウスに駆け込みます。
P3092471_R.jpg

P3092467_R.jpg
 みんな揃ったら記念写真をパチリ。主将さんあなた文字とかぶってますよ邪魔ですよどいてください。見切れているのは資料局です。「寒いから早くしろ」「タイマーとかいいからお前が撮れ」と口々に文句をいわれた挙句写りきれない彼です。因果な役職ですね。
 
 上りがあれば下りがあるのは峠の理。この天気の中を下るのはどの部員にとっても苦痛だったらしく、さすがのH賀氏もこの表情。
P3092475_R.jpg

 牧ノ戸峠をくだったあとはやまなみハイウェイからミルクロードを快走し大観峰へ。峠を越えて終わりじゃないのが修行日です。
P3092484_R.jpg
P3092481_R.jpg
 大規模な野焼きが行われていたせいで煙たくて仕方がない。デロリアンが通った跡ではありませんよ。
P3092488_R.jpg
 完全に焼け野原です。

P3092495_R.jpg
 休憩中でも坂があったら上ってしまうのがWCCの習性です。
P3092509_R.jpg
 ちょっとだけ太陽が顔を見せてくれました。もう雪とか降らないよね。きっとね。
P3092537_R.jpg
 大観峰に着いたはいいものの、景色が霞んであまり見れませんでした。下見でも天気が悪かったので本番こそはと期待していた分残念です。
P3092543_R.jpg
 18時、そろそろ暗くなってきたあたりで再び吹雪です。部員の体力と時間を考慮し結局ラピュタの道はカットすることになりました。部員の中であの道を楽しめたのは下見の僕だけだと思うと優越感に浸れます。あれは本当にワクワクする道だった。
P3092565_R.jpg
 日が沈んでからもずっと走り続けようやくゴールへ到着です。長い一日だった...... 心なしかみんな5年分くらい老けたような気がしますが合宿はそんなものですよね。明日も頑張りましょう。GREAT ESCAPEは絶対に許すまじ。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。