プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓合宿!

こんにちはー。
今日は久しぶりに盛大に雨が降ってますね。

いやー
こんな日は家で新歓合宿の予告ブログを書くに限るなあ。
ということで、改めましてこんにちは!
3年のs木です。
今日は新歓合宿の見どころ(思い出)を振り返ってみようと思います

①Conquer The Hillとは
Conquer The Hillとは今年の企画局(走るコースを決める人)からのメッセージである。

意味はなんでしょうね。yahoo翻訳さんに聞いてみましょう。
結果「丘を征服してください」
ssyahoo.png

わはは。
読めましたぞ、読めましたぞ。皆の衆。
まず、WCC的にはHillは丘ではなくでしょうな。
征服するとはあれですな。えーあれですな。
まあ説明するよりも見てもらおう。

この前の新歓ラン
CIMG2515_R.jpg

昨年のプレ合宿
P1050682_R.jpg

一昨年の新歓合宿
P5031266.jpg


これらの画像に共通するのは何だろうか。
そう。笑顔である。

征服するとは、まともな人間には越えられまいとあぐらをかいている峠を登り
頂上でにこやかな笑顔を見せることである!
苦痛に歪む顔を見るために存在している峠達にとって、これ以上の屈辱はないだろう。
みんなで白い歯を見せつけてやろう。


ということで、見どころその①
「峠を征服するその瞬間の顔」

②いい峠
各日程に征服すべき峠が配置されている。3つやっつければ君の勝ちだ。
「和田峠」(一日目)
陣馬の激坂・和田峠。部員の間では「和田さん」と呼ばれ親しまれている。
平均斜度が10%を越え、うっそうとした峠道を持つ。
登り終えた時の達成感はひとしお。
P5031215.jpg


「二十曲峠」(二日目)
20回曲がるから二十曲峠というらしい。
他にも〇〇曲峠など何回曲がるのかが名前になっている峠があるが
どれを「1曲がり」としてカウントするかがわからないので何の目安にもならない
P5041387.jpg
去年もここで休憩したけど一昨年もしたんだね笑


「長尾峠」(三日目)
ほとんどの部員が初めて登る峠。
下見者いわく、我らが「定峰峠」に似ているらしい。

③キャンプ
新歓ランでは体験できない、WCCの魅力のひとつ。
キャンプ場などにおけるキャンプである。

ファイアー
DSC02168_R.jpg

大鍋を使って全員分のご飯とおかずをいっぺんにつくります。

ぜんいんそろっていっただきま〜す。
P5041456.jpg


一日漕いで疲れた身体に染みわたる手作り男料理。
やみつきになること間違いなし☆

テントで寝るのってわくわくしますよね
夏合宿 北海道 432

マットを敷いて、寝袋に入って寝る。
sspoke.png

気分はまさにこれです。
ただし、我々の旅にはカスミ(♀)とポケモンは登場しません

明日のバトルに備えてしっかり休みましょう。



ついに、新歓合宿集合日まであと2日になりました。

当日は一番大事なやる気元気を忘れずに持ってきてください。
みんなで走れるのを楽しみにしていま〜す。
スポンサーサイト

Comment

No title

がんばれよぉ!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。