プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

早慶戦

どーも、H賀です。
前日のヤビツ峠TTに引き続き行われたさらなるイベント、早慶戦の観戦の模様をお伝えします。
P6010125_R.jpg

P6010128_R.jpg

P6010130_R.jpg
午前7時にもかかわらず続々と集結する早大生。我々もその例に漏れず早朝集合となる。
まずは、お招きしたDCCの方々とお土産交換。

P6010136_R.jpg
いざ、決戦の地(神宮球場)へ。

CIMG1840_R.jpg
球場入り:10時、試合開始:13時、結果:暇をもてあまし眠りこける。
暇つぶしに応援団のパフォーマンスに目を向けてみましょう。
CIMG2054_R.jpg

P6010226_R.jpg
華やかですね。

P6010212_R.jpg
!?
今のはなんだったんだ・・・

CIMG2231_R.jpg

P6010250_R.jpg
選手が出てきて、アオダモ(バットの素材の木)の映像が流れて、球場のボルテージが上がってたたところで、
P6010252_R.jpg
試合開始!

1回表(早稲田が先攻)
1塁側早稲田応援席は応援歌・紺碧の空の大合唱
紺碧の空 仰ぐ日輪~♪
~早稲田先頭打者、初球サードファウルフライ~
覇者覇者 早稲田~♪って歌ってる間に1死になってるし。
しかし、その後盗塁を絡めた3連打であっさり1点先制。
さらに2死12塁から3ランHRで一気に優位に。ふっ勝ったな(フラグ)。
早稲田 4-0 慶應

2回裏
慶應が早速フラグ回収に取り掛かる。
先頭がヒットで出塁。次打者が2ランHRを放ち早くも2点を返す。
さらにそこからヒット、四球により1死満塁のピンチ。
慶應の打者の打球は運悪く前進守備の内野の頭上を跳ねていき2点適時打となる。
その後も犠飛などあり、なんと打者一巡6得点の猛攻を喰らう。
早稲田 4-6 慶應

4回表
2死3塁からしっかり適時打を放ち1点返す。まだまだ勝負は分からない。
早稲田 5-6 慶應
CIMG2337_R.jpg

5回表
2死満塁から適時打を放ち同点とするが、結局1点のみで逆転ならず。これが後々響く。
早稲田 6-6 慶應
P6010293_R.jpg

5回終了後のグラウンド整備中、早稲田大学総長の登場に一塁側の士気がにわかに上がる。
同点で、後半戦スタート。

6回表
2死13塁からセンターへの大飛球。ついに逆転かとざわつく1塁側だが、慶應の中堅手のダイビングキャッチに阻まれる。結局無得点。
早稲田 6-6 慶應

6回裏
テンポよく2死にしたのでラッキー7の攻撃に備えようと思った矢先・・・
まさかの勝ち越しソロHR。歓喜の3塁側と沈む1塁側。
でもまだ3イニングも残ってる。まだ終わらない。
早稲田 6-7 慶應
P6010311_R.jpg

7回裏
無死1塁からヒットエンドラン発動。打球は3塁線を破り適時2塁打となる。
ぐぬぬ、差を広げられてしまった。
早稲田 6-8 慶應

9回表
2点差のまま突入し2死1塁。後がない状況で打球は見事レフト前へのヒットとなる。しかも左翼手のエラーがつき2死23塁と同点のチャンスに。
次打者のカウントはどんどんたまっていき最後は・・・残念、空振り三振。
この瞬間、慶應が春季リーグ優勝を決めたのであった。
早稲田 6-8 慶應
P6010331_R.jpg

P6010332_R.jpg
負けはしましたが、いい試合でした。


所変わって新宿繁華街の某所。
P6010357_R.jpg

CIMG2474_R.jpg

P6010426_R.jpg

最後に記念写真を撮り、それぞれ夜の新宿に消えていくのであった。
P6010508_R.jpg


ヤビツTT、早慶戦と連日に渡ってWCCの行事に参加してくださったDCCの皆さん、ありがとうございました。
交歓合宿を始め、今後の交流も楽しみにしております。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント