プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

プレ合宿2日目

どうも、Sみです。2日連続で記事を任されて目から光が失われてきました。
きっとプレ合宿中の1年生もこんな気持ちだったのではないでしょうか。

前日の夕方から降り始めた雨がやむことなく迎えた2日目。
昨日はメカトラや迷子もあり2時間近く遅れてのスタートとなりました。
H野、教えてくれ、俺たちこの雨の中あと何度峠を越えればいいのか・・・
アブは何も答えてくれない。
全Cのお仕事にみんなをきっしょーで起こすものがありますが、
最近はしづらい場所が多くなってきてWCC的には残念でしかない。
意外とないんですよね周りに迷惑がかからない場所って。

そんな憂鬱な気分をふっきるために、ナベ調理だー
CIMG3447_R.jpg
今まで時間に追われてたりして十分に火つけを教えられてなかったのでここで伝授。
これでもう君たちだけで準備できるよね(意味深な笑み

では雨の中出走
CIMG3469_R.jpg
1年生もゴアを購入したのでこんな悪天候には負けない(キリッ
むしろ上級生のヘタってきったゴアが…

本日のアップはほぼ一直線なので市街地でも曲がるところが見えない
P6222220_R.jpg

大抵ゴアは自分の好きな色を買うのでカラフルになるはずがなんと1班は資料局以外は全員青だったのでこんな感じに
それでも同じ青じゃないのは不思議なものです
P6222225_R.jpg

今日はあと1100アップだ。
がんばれ!がんばれ!
P6222229_R.jpg

途中で雨も上がり湯の丸高原に到着
なんとここには50種類ものアイスがありました。
P6222306_R.jpg
先輩におごってもらってホクホク顔の1年生
P6222311_R.jpg
お礼は来年入ってくる新入生に返してあげてください

ちなみにここは中央分水嶺でここより東は太平洋に西は日本海に川の水が流れ込むらしい。
要はここは日本の背骨ということですな。
思えば遠いところまできたものだ。(東京湾を見ながらこの記事を書いてます)


からの・・・

やったー、池の平湿原に着いたぞ
これでこの合宿の実質的なアップは終了
P6222377_R.jpg
新副将K谷によるエール
初めてだったというのに堂々としたもので素晴らしかったです
P6222379_R.jpg
新主将S木によるエール
なぜか足がプルプルしてて生まれたての小鹿のようでした

P6222384_R.jpg
記念撮影をぱしゃりっ
おおっ、という強い感動はないのですが、
しみじみとした良さを受け自然の神秘を再確認しました。

CIMG3573_R.jpg
いったい彼らは何に挑み行こうというのか・・・

車坂峠にておひるごはん
P6222478_R.jpg
いや、いい笑顔
P6222461_R.jpg
雨はあがったけど雲はいまだ晴れずで下界の様子を見れず
自分は、そこから某大佐よろしく『見ろ、人がゴミのようだ』と悦に浸るのがささやかな楽しみだができないのは残念

雲の下にきたら市街地を一望できさわやかサイクリングを開始
下りもカーブが少なくいい下りでかなり満足感ある行程でした。
CIMG3603_R.jpg


上級生と下級生が仲良く語り合っているワンシーン
ともに苦楽を乗り越えた仲間だからこその笑顔じゃないだろうか
CIMG3609_R.jpg

碓氷峠を越えてからの眼鏡橋
平均斜度6.6%を上下していたというのだから驚き(大体ヤビツT.Tと同じくらい)
それにしても廃線跡というのはいつもぼくらにノスタルジーを感じさせます。
P6222568_R.jpg
P6222575_R.jpg

そんな碓氷峠を抜けるとこんな風景が
P6222588_R.jpg
さすがグンマー日本にはない風景が平然とある。
さすがパスポートが必要なだけはあるぜ。(群馬県民の方で気を悪くした方がいたらすいません)


なんとそんなこんなペダルを回した結果

ゴール

皆さんお疲れ様でした。
この笑顔があるということはこの合宿はいろいろあったかもしれないけど成功ということですね。
よかった。よかった。
P6222617_R.jpg

この合宿を乗り切った戦士には休息が必要。
帰ってもゆっくり寝て明日からまた始まる大学生活を頑張っていきましょう
CIMG3650_R.jpg
参加した皆さんお疲れ様でした。






以下ちょっとしたNG集P6222619_R.jpg 
おうおう、地図を踏むのももってのほかだがそれ以上に落としていちゃダメだろ
部員にとって命と同じくらい大事なものなんだたいせつにしろよ。


P6222596_R.jpg 
十労?何て読むんでしょうかねこの文字は。
CL会議の最後だからって気を抜くとこんなわけのわからないことを書き込んで迷ってしまいます。
夏からは1年生も指示の書き取りをするので気をつけましょう。


以上3日間にわたるプレ合宿の様子をSみがお伝えしました。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント