プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

夏合宿in中国 5日目 石見ルート

こんにちは。先日の同窓会で夏合宿について熱弁したところ、ホ〇扱いされてしまいました...

1年のK林です♂

夏合宿の5日目についてお伝えします。 
 今日もみんな揃って楽しく...

  ...ちょっと待ったぁ! 
                  
夏合宿5日目は、今回初めての「分岐」が始まる日だ! 
 
ということで我々石見班は、備後班と涙の別れをし、再び日本海を目指すのでした...

        
img
↑この日のルート↑

昨日は広島でのフリータイム。wcc部員の多くは、獣としての生活を中断し、
衣服や身体の汚れを取り除いて文明人としての誇りを取り戻したのでした

そんな努力をGODはあざ笑うかのようでした

そう、朝起きるとすでに身体は泥水でひたひた。まあ、こうやってまた獣の生活がはじまるわけだす。

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

↑この日の起床時刻は4時近く。まだあたりは真っ暗やね

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

あばよ...俺たちは銀山を目指す


まずは夜の市街地を疾走。本日の第一の峠、己斐(こい)峠を目指します。
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

実はこの己斐峠、広島県民なら誰しも知っている心霊スポットだそう。この地に住みつく亡霊のしわざで、バスの横転事故やバイク事故が多発しているのだとか。
さて、何人が犠牲になるのやら(ニヤニヤ...


そんないわくつきの峠にさしかかる前の某青いコンビニで、思いがけないうれしいことが。
なんと同コンビニの店員の方が某菓子(通称「田舎のママ」)のファミリーパックをふるまってくれたのでした
ビッパ、ビパビッパ、びパびパ、あざーす!後で仲良くみんなで均等に分けていただくことにします(フラグ)
こういう旅先での人の温かみにふれるのも、旅の醍醐味ですね
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班


さて、そんなわけでのぼりはじめた己斐峠。

くねってくねってくねって...

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

まるでスタンド攻撃を受けているかのようにどこまでも道はくねる...

そして、やっとたどりついた頂上で我々を待っていたのは、美しい市街地の夜景だった
こんなときに隣にいるのが、なんでこんなにも暑くるしい漢たちなのか...
こんなにも愛くるしい男の子たちでよかったぁ♂

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

↑テンションが上がりすぎて右腕が透けてしまったH田氏
(もしかして、亡霊はコイツか...)




つづいて向かうは本日の第二の峠、桜が峠。
まずは坂道の多い市街地の中を疾走します

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

そしてだんだんと山道になっていきます
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

地味なのに、じわじわときつい峠でしたね
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

↑パンディングするU京氏


少し下った後、まだまだ地味な上り坂がだらだらと続きます

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班


このまま、じみーな上りがいつまでもいつまでも続くのかなー。天気も曇りだし、なんか気分がのらねーなー…





・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちょっと、待ったあ

「集合ぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーー!!!!!!」

おやおや何だ?・・・・フリータイム?一年生CL?デザートレース?
↓戸惑う一年生の一同 (と、全てを知っていてほくそ笑むS木氏)
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

否。

.....フリーランだっっっ!
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
↑「まじか、まだ朝の8時だぜ..」
素直に苦笑する一年生一同

そう、そのフリーランは不明峠なる本日三回目の峠を上るものであった
こんな早朝からフリーランができるなんて、僕たちは幸せもんです(棒

フリーラン、スタート!

↓スタートからいきなり急傾斜。こんな感じの林道がひたすら続く
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班


ゴール!
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班


やはり勝負事になると本気を出さずにはいられない!ゴール後は皆、疲労困憊といった感じでした
とくにこの日は、虫刺され等で万全な状態でない一年生が多かったようです。
ちなみにH田は、ゴールの手前で虻と格闘していました(結局、刺されてしまったそうです)
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班


送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

そして、気になる1位は...?


U京氏
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
この余裕の表情。

そして、気になる新人王は...?

恐れながら、わたくしK林でした。
どうやら飲み水の搭載量を減らして重量をカットする作戦が功を奏したようです...
他の一年生が虫に刺されている中、なぜか一人だけ無傷だったのも幸運でした

分岐だから無いだろうと思われていたチャンピオンジャージ。
実は2着とも石見班が所持していたため、回収班のAB澤氏から授与されました!
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
ゴール後のみんなではい、ポーズ!

そして、またしばらくは下りが続きます...
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
雨上がりの下り坂ほど恐ろしいものはありません(フラグ)
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
おっとっと、ここで軽い事故が発生!K村とH田が転んでしまいました。
ここの道は、表面が苔でぬめぬめしていてブレーキが利かないのです。大事に至らなくて良かった...
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
↑K村のbodyの遺棄にあたるAB澤氏

気を取り直して一行は、本日の目玉である三段峡を目指します。
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

途中で吊り橋を渡ったり...
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

廃線となった駅を見たりしました
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

そうこうしているうちに、本日のWCCが最も幸せになれる場所にたどり着きました
それは、かの有名なwせ弁にも劣らぬコスパを誇る、天むすの店での休憩です
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
↑大量の天むすを購入しホクホク顔のWCC部員

それからまだまだ走ります
だんだんと道は上り坂になっていきます
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

そして、とうとう本日の目玉、三段峡に到着しました!
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
↑こうやってみると、やたらと黄色い集団だな...

まずは記念写真をパチリ。
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

ここからは60分間休憩です
さて、せっかく三段峡まで来たのだから、ゆっくり散策でもしましょうか...
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

と思ったら、おやおやなんでしょうね、この幼稚な生き生きとした集団は
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
こういうところに来ても、ついつい水切りをやって楽しんでしまうのがWCCです
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班


ちなみに、真面目に散策した、数少ない皆さんはこんな美しい風景を目にしました
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
↑なぜかホクホク顔のAB澤氏
さて、この後はもう、キャンプ場を目指すのみですね!

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

今日の目玉は終わったと思いきや...、ここからが本日最大の山場である内黒峠。
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

ひたすら続く上り坂...
それに追い打ちをかけるように、雨が降ります

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
↑玉音放送を聞いた日本兵

↓実はこのとき、食当権限をふりかざしたN村氏の陰謀により、米10kgを持たされていた筆者
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

このときの恨みはいつか必ず...
(ちなみにこの米10kgは、この日全く開封しないのでした涙
ほんとうによいうんどうになりました(棒))

その後、雨も弱まり、再びキャンプ地を目指す一行
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

途中で名水を汲んで...
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

いよいよキャンプ地までのラストスパートです!
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

そして、キャンプ地に到着~!!
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

この日の晩飯はH田シェフ考案のトマト・リゾット。
チーズとトマトをふんだんに使った本格イタリアン。
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班

あの辛口批評家のU京氏をもうならせる味でした
この日ばかりは、H田氏を畏敬の念で見つめるWCC部員でした
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
↑H田を物欲しげに見つめるN田氏

そして、明日の全CLは...
送信者 8.15 夏合宿in中国 5日目 石見班
まさかの、筆者です

さてさて、楽しい明日が待ってるぜ(フラグ)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント