プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

ツール・ド・のと

ブログの更新が少なく寂しい時期なので、夏の思い出を振り返ろう企画その2
無事に卒確しました、K地です。

さて今回も昨年の夏の思い出を(今更)振り返ろうかと思います。

私の地元・能登では毎年「ツール・ド・のと」なるイベントが開催されています。
3日間フル参加するコースもありましたが、とりあえずスタート地とゴール地が実家から一番近い(と言っても64km)2日目のみ参加しました。ちなみにこの日の総距離は157kmと3日間の中で最も長い・・・果たして私は生きて実家の玄関をくぐることができるのか・・・?

集合は輪島市。
思い思いの愛車を携え、参加者が続々と集結する。
P1100813_R_R.jpg

当たり前ですが、周りは殆どが高そうなロードばかり・・・
私はレース系イベントに参加するのが初めてだった上に、マウンテンなので無事にゴールできるか、かなり不安だった記憶があります。

一応せめてもの抵抗として、タイヤは細い物に履き替え、そしてミドルバーを装着してきました。
(キャリアは着脱がめんどいのでそのまま。よくよく考えると抵抗する気があるのかないのか、よく分からなんな。)
P1100816_R_R.jpg

因みに参加者の中にはコスプレしたり、俗に言うイタチャリに乗っている方も。
一番衝撃的だったのは、なんとママチャリで参加する猛者もいらっしゃったとか・・・恐るべし。
P1100822_R_R.jpg

不安に苛まれつつも、多種多様な自転車を直で拝見出来て、これはこれでちょっと楽しかったですね。

そしてあっという間に出発時間(AM7:30)。
いよいよスタート。
P1100830_R_R.jpg

走り出しはとりあえず様子見で、自分と同じようなペースの人にくっついて走りました(ストーキングスタイル)。
P1100835_R_R.jpg


ちなみにこの日のコースは、海沿いに能登半島を時計回りに走り、能登島がゴールです。
各休憩所がチェックポイントを兼ねており、そこに制限時間内に辿り着き、参加者証にスタンプを押して貰う形です。
尚最初の休憩所まで約40km・・・長いなぁ2時間も走るのか・・・

天気と景色が良いのが救い。
この景色をずっと見ながら走れるのなら、少しは苦しさも紛れるかも?と自分に言い聞かせて漕ぎ続けます。
P1100839_R_R.jpg

P1100836_R_R.jpg

他の方の様子を見て初めて知ったのですが、別に休憩は休憩所以外で取っても良いらしかったみたいですね。
自由に道端のコンビニや道の駅に寄ったり、写真を撮ったり・・・
とりあえず所定の時間内に休憩所に到着し、交通法規さえ守れば、あとは割と自由に走れる感じでした。

そこで私も有名な千枚田の風景をパシャリ!
P1100850_R_R.jpg

P1100849_R_R.jpg

地元のニュースや小学校の時の社会かなんかの教科書で見たことはありましたが、実際に自分の目で見るのは初めて。
感慨深かったです。

しかし当の休憩地点はまだまだ先なので急ぎます。
P1100855_R_R.jpg

おそらくここで海水を使って塩を作ってるんでしょうね。
かなり昔に地元のニュースで見た気が。
P1100859_R_R.jpg

途中で虹が出ていたので、プチ休憩も兼ねて撮影。
P1100866_R_R.jpg

いよいよ珠洲市に突入!
P1100872_R_R.jpg

ゴジラ松井に因んでか、こんな岩も。
彼は能登民ではないんだがな・・・
P1100878_R_R.jpg

P1100881_R_R.jpg

そんなこんなで風景を楽しみながら走っていると、「狐の嫁入り伝説の地」みたいな看板が・・・
(あまり気に留めなかったので撮影はしませんでした)

しかしその直後本当に雨が降り出して来たのには、正直びびった。
恐るべし嫁入り伝説・・・

しかもここからは上りだぞ・・・
P1100894_R_R.jpg

気力を振り絞りなんとか上りきる。
おい休憩所はまだなのか?
P1100904_R_R.jpg

P1100902_R_R.jpg

ちょい下るとようやく待ちに待った休憩所。
P1100909_R_R.jpg

スタンプと一緒に、ハンガーも支給されました。
P1100911_R_R.jpg

この最初の休憩所の時点で、制限時間よりも1時間半以上も早くたどり着いていました。
制限時間はかなり余裕を持って設けられているみたいでした。
なのでここからは特に急がずに、写真も取りつつ本当に自分のペースで走ることに。

ほう、奥能登「絶景」街道とな・・・
P1100913_R_R.jpg

確かに絶景だった。
P1100912_R_R.jpg

引き続き日本海を望みながら走り・・・
P1100918_R_R.jpg

一旦海を離れ・・・
P1100920_R_R.jpg

また海に出て・・・
P1100929_R_R.jpgP1100932_R_R.jpg

2つ目の休憩所!
P1100933_R_R.jpg

ここからは柳田の方へ向かいます。
P1100939_R_R.jpg


・・・とそこに現れたのは
・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これもローカルニュースやCMで見たことあるぞ!見附島!
例によって生で見るのは初めてなので、感激しました。
P1100944_R_R.jpg

近くにはこんな物も・・・
あれから半年近く経ちますが、残念ながら今のところまだその効能はありません、おかしいですね。
P1100948_R_R.jpg

ちなみにこの辺はなぜか「スピリチュアルやね~」なポットが多々あります。
おそらく恋愛スポットとして地域活性化を狙ってるんでしょうね。
P1100951_R.jpg
P1100952_R.jpg

中には恐喝じみた注意書きも・・・
P1100957_R.jpg

P1100958_R.jpg

しかしオーシャンビューは綺麗なので、夕方にはロマンチックな雰囲気になりそう。
あながち恋愛スポットとしては間違ってはなさそうですね。
P1100953_R.jpg

P1100959_R.jpg

P1100962_R.jpg

今度はのどかな田園風景を眺めながら・・・
P1100967_R.jpg

柳田村植物公園へ。
小学校の遠足で来た記憶があったりなかったり。
P1100970_R.jpg

P1100971_R.jpg

待ちに待った昼食休憩!うぇいうぇい!
P1100972_R.jpg

しかしここはまだ93km地点。
まだ60kmもあんのか・・・合宿なら修行日レベルじゃん。

とりあえずまた走りだす。
走らんことには着かんからな。
P1100980_R.jpg

下って登って桜峠に到着。
P1100983_R.jpg

P1100982_R.jpg


「ドンキーコングかっ!」ってぐらい、休憩地点では毎回毎回バナナが支給されます。
食べきれないバナナが順調にサドルポケットに溜まっていきます。ウホウホ
P1100977_R.jpg

一回穴水で休憩を挟み・・・
P1100987_R.jpg

P1100989_R.jpg

帰ってきたぜ!我が故郷七尾市!
P1100991_R.jpg

能登島大橋を渡り・・・
P1100995_R.jpg

P1100999_R.jpg

このあたりから脳内iPodZARDの「負けないで」加山雄三の「サライ」を再生し出す。
気分は24時間テレビのエンディング場面。
P1110004_R.jpg

見えてきたぞゴールだ!
(本当はこの間もう一回休憩地点がありましたが、興奮のあまり見過ごしてそのままゴール地点まで走ってしまいました。
よくよく考えたら、炎天下の中残り38kmを1時間半も飲まず食わずで走ったって無茶してんなー。)
P1110005_R.jpg

圧倒的終末感。
P1110007_R.jpg

最後にちょっと(どうでも)いい話。
お恥ずかしながら地元能登は車でもあまり回ったことがありませんでした。
しかし実際自分の足で走って、「あーいい所だな。」と実感しました。

そして遂に今月末から能登が(半分)舞台のNHKの朝ドラ「まれ」が始まります(ステマ)。
それ観て「あーいいところだな」と思ったそこの貴方、ぜひ一度能登に来てみて下さい。

そんなツール・ド・のと。

おわり

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント