プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

自転車のおもひで

1年のK村です。ここでは僕がここWCCの今に至るまでのあれやこれやをつらつら書こうと思います。
僕の家はスポーツ好き一家でありまして、JSPORTSというスポーツ専用チャンネルが見られるのです。かねてから野球をはじめとしてスポーツ観戦が大好きだった僕が(確か小6の)ある日出会ってしまったのが、世界で一番有名な自転車レース「ツール・ド・フランス」でした。
知らない人もいると思うので説明しておくと、3週間かけてフランスを自転車で一周するレースのことで、アルプスやピレネーといった山々の中を走ったり、海沿いを走ったりしながら21日目のパリ・シャンゼリゼを目指します。
最初は自転車というよりは、景色がきれいで見始めたのかもしれません。高原を色とりどりのジャージを着た選手が走り抜けていく光景は、解説者をして壁紙にしたいと言わしめる美しいものです。ここから僕の自転車趣味は始まりました。
調べるとJSPORTSではシーズン通していろいろなレースを放送しています。それは山だったり、丘だったり、石畳だったりします。「こんなところを走ってみたい」と思うようなきれいなところもあれば、「ここは素人には無理だ」と思うようなドロにまみれた五つ星石畳もあります。一回はまると抜け出せない僕は見る見るうちに自転車レースの世界にのめりこんでいきました。
一つの転機は高校入学でした。と言っても自転車部に入ったとかではなくて、通学用に新しく自転車を買ってもらったのです。名も知れていないシティサイクル(っていうのかな?)でしたが、あこがれのドロップハンドルで通学を始めました。やってみるとなかなかつらくて、いかにプロがすごいかを実感しました。陸上部だった僕は部活帰りの自転車帰宅がとてもきつく感じることもありました。でも自転車に乗って一人でいる時間は楽しくて好きでした。
ただ、高2の夏に登校中に転んで、右半身血だらけで高校にたどりついたことがありまして、それ以来自主的に自転車通学をやめてしまいました(まあほかの理由もあったのですが…)。
高校までの6年間、陸上でやり残したことはほぼないといった状況だったので、大学に入ったら別のことをやろう、と思いました。そこで出てきたのはほかでもない自転車です。自転車で旅する大学生活なんて素敵じゃないですか。そう思って通う「はず」だった(「べき」だったかもしれませんが)大学に自転車旅行する部があるのを知って、「ここに入ろう」と思った矢先、その大学に落っこちてしまったのです。
割りと(かなり)ショックでしたが、大学で自転車をやりたいという気持ちに変わりはなかったので、代わりに入ることになった早稲田で自転車旅行ができるサークルを探しました。そして出会って「しまった」ここWCC。今となっては安住の地(未来は不透明)のここで旅する日々は思い描いていたそれと変わりません(少し違うところもある・・・)。新しいランドナーを駆って巡る旅は、大の旅行好きである僕としてとても充実しているように感じます。
そんなこんなで、今、僕はここにいるわけです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント