プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓合宿1日目

こんにちは。K村でございます。
この度は5/5~7で行われました第53代の新歓合宿の模様をお届けいたします。
新歓合宿です!

いやー、一年前を思い出しますなあ。
1日目の前に0日目がある、というよりは0泊目がある、といった方が正しいでしょうか。
高校時代から「前泊」という言葉に慣れ親しんでしまっていた僕みたいな人はほとんどいないんですよね。僕はすんなり受け入れられましたけど、果たして今年の新入生にはどう映ったのでしょう。

というわけで各前泊地からだんだん参加者たちが集まってきました。時刻は間もなく4時。だいぶ日が長くなってきましたけれどもさすがに暗いですね。
RIMG1928_R.jpg

「しゅーーーーーごーーーーーーー」
P5050685_R.jpg

暗いですねー。ISOいくつですかねえ。写真をかじっている身としては気になります。
集合写真は暗すぎるので夜明けを待ってからに。いったん解散しました。

RIMG1938_R.jpg

朝ご飯を食べる僕と新入生くん。ちなみに朝マックに行こうとしたらまだマックの定義する朝じゃなかったようで、泣く泣くコンビニのそばを食べました。

「しゅーーーーーごーーーーーーー」

か~ら~の~

P5050697_R.jpg

出発の記念撮影。このアングル典型に見えて実は結構難しい。

RIMG1956_R.jpg
出発すると早朝の大都会新宿をぶち抜きます。5時を過ぎるとだいぶ人が出てくるんですよね。さすがに僕の地元でも5時にもなれば人の一人二人くらいは出てきますが、やはり大都会、規模が違いますね。

RIMG1966_R.jpg
ここで環七をくぐります。どうでもいいことですが、都内はこういう信号に「○○陸橋(下)」っていう名前を付けたがるのに対し、神奈川(横浜だけか?)では「○○立体」っていう名前を付けたがる傾向があるように思います。単純に文化の違いですかね。

RIMG1967_R.jpg
環七の先を曲がると一直線の道に出ます。下に水道が通っている道特有の形状ですね。この道をひたすら走って多摩川に向かいます。

RIMG2539_R.jpg
まだまだ余裕の表情。まだまだプロローグでございます。

RIMG1987_R.jpg
多摩川と小田急の橋と登戸とHくん。いっつもHくんの表記には悩まされます。7日の夜はここを渡って都内に帰ってくる人多数の模様。僕は違いますけどね。

P5050716_R.jpg
ただひたすら土手沿いを走っていきます。ロード乗りを先に行かせつつ一路西へ。サンダーバードを先行させていた在りし日のトワイライトエクスプレスのような、「あっちは急ぐ旅、こっちはゆっくりの旅」といったところでしょうか。

RIMG2009_R.jpg
多くの橋をくぐりながらなおも西へ。中央本線とは二日目の朝に再会します。

RIMG2016_R.jpg
国道16号にぶつかるとようやく多摩川ともお別れ。拝島橋を渡って八王子滝山の道の駅を目指します。

P5050725_R.jpg
はい着きました。

RIMG2027_R.jpg
さすがM本さんやでー、こんな時間からラーメン二杯ですか!

ではなく、
RIMG2030_R.jpg
一杯は新入生くんの分でした。当たり前です。

道の駅を出ると買い出しです。なーんか順調に進みすぎてません?
RIMG2042_R (1)
というわけで買い出し地点に到着。少し待ちましたが大きなトラブルなくここまで来ました。

P5050737_R.jpg
この日の食当はスーパーエースH田くん。数々の伝説を作ってきた男はこの日のメニューに何を選んだのか。

P5050747_R.jpg
買い出しが終わったらしばし休憩。早くも最後の砦食パンに手を出してしまった新入生くん。ちなみに僕は一口たりともハンガーに食パンを食べたことはありません。個人の信条の違いでしょう。

RIMG2055_R.jpg
最高に気持ち良い空に不穏な文字列。この日はなーんの心配もいりませんでした。

RIMG2059_R.jpg
だんだんあたりを自然が埋め尽くしていきます。ようやく「始まり」そうです。

RIMG2067_R.jpg
とその前に小休止。そしてリスタート。

P5050760_R.jpg
まだまだこんなの序の口ですわー。

か~ら~の~

P5050763_R.jpg
始まった

言わずと知れた(本当か?)和田峠への登りが始まりました。裏から攻めるからきつい、という話もありますが、正面切って攻めてもきついはずです。要するにどうやってもきつい。一年前の経験に照らし合わせると補正がかかって余計にきつく感じられます。

P5050775_R.jpg
コメントは差し控えさせていただきます。

RIMG2089_R.jpg
まだまだ続く登攀路。

RIMG2120_R.jpg
見渡す限りの緑と青。まだ東京都です。結構登ってきたのにまだ登る気配。勘弁してくれよぉ。

P5050808_R.jpg
はい、いつもの場所につきましたー。イヤーきつかった。でも本当にきついのはここから、という説もありますが、果たして。

P5050811_R.jpg
新歓合宿特有の登山イベント。初日は陣馬山に登っていきます。

P5050820_R.jpg
はい山頂です。「かながわの景勝50選」とあるように、どうやらここは神奈川県の領土のようです。

P5050822_R.jpg
今年もありました謎のオブジェ。京王が寄贈したと書いてあるのですが、いったいどういう意図があったのでしょうか。

P5050818_R.jpg
そして集合写真をパシャリ。

さああとはパパッと下ってキャンプしましょう。

P5050849_R.jpg
この日のディナーはこれ。いったい何なんでしょうか。楽しみです。

P5050853_R.jpg
ご飯にあうこの一品。疲れた体にがっつり積んで次の日に備えましょう。

P5050856_R.jpg
例のごとく最後に分け合う僕とN田くん。先にコメを狙う二人ですが、もしこの二人でぜーんぶコメを奪ったら大惨事ですな。まあそんなに食べられないのですが。

P5050866_R.jpg
お片付け。キャンプ経験って皆さんどれくらいお持ちなんでしょうかね。僕は高校時代にクラスでキャンプしてカレーを作った、なんて経験がありますが。あの時の鍋ってどうしたんだろう、あの日のことは別の思い出のせいで全然覚えていません。少なくとも自転車に括り付けて走ってはいないはずです。

P5050871_R.jpg
それではおやすみなさい。しっかり寝て次の日の備えよう。

二日目に続く。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。