プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M本春合宿前プラ 後半戦

せっかく書いた記事が保存できてなくてガン萎えのM本です。
気を取り直してもう一度書きますよ!


前半戦では下関ー角島ー下関、広島ー呉ー尾道と進んできました。

後半戦ではいよいよメインディッシュのしまなみ海道を渡ります…
さっそくしまなみ海道一つ目の島、向島に渡る…



と言いたいところなんですが、4日目は尾道周辺を観光する観光日。すいません(笑) 
1_201603222358123fe.jpg
朝の尾道駅。町の規模の割りには小さい駅舎ですね。




2_20160322235813e7f.jpg
まずは鞆の浦へ。
流星ワゴンのロケ地ですね。町のシンボルの常夜燈が存在感出してます。


IMG_5563.jpg
お次は福山のシンボル、福山城。
天守は二次大戦中の福山大空襲で焼失してしまいましたが、立派に再建されています。
中は博物館になっているらしい…


IMG_5569.jpg
尾道の坂を上ったところにある千光寺、その中でも高い修行場?からの景色。
尾道の町と向島が一望できるビュースポット。 尾道に来たら必見、坂を上る価値ありです!


5_201603222358169ee.jpg
この日は人生初のゲストハウスに宿泊。 レトロな雰囲気の不思議な宿でした。
でもやっぱり布団は偉大ですね。ネカフェやテントと比べちゃいけません(笑)



翌朝からいよいよしまなみ海道に入ります。
IMG_5588.jpg
渡し舟ですぐ近くの向島に渡ります。後ろの山に千光寺が見えますね。


向島は特に寄り道せず、次の因島に進みます。
6_201603230025275c6.jpg
因島といえばはっさくが有名だそうなので、名物はっさく大福とはっさくゼリーを購入。
想像以上にはっさくって感じなので、おみやげにおススメです。


因島からはいわゆるしまなみ海道のルートから離れて、島の周りをぐるりと進む外周コースを進みました。
外周コースにも目印のブルーラインが道に引かれているので楽ですね。
7_20160323002528754.jpg
IMG_5595.jpg
因島スカイラインなる道を発見。
地図によると景色も良いと書かれてたので進んでみましたが、アップダウンの連続で堪えました…
まぁしまなみに上りは少ないので、いいトレーニングになったかな?



IMG_5601.jpg
因島の南東からフェリーで弓削島へ…  三つのちいさな島を通るサイクリングロードを寄り道します。



8_20160323002529059.jpg
海岸がきれいです! もう少し気温があれば泳げそうですね笑



別の港から因島に戻り、次の生口島に進みます。
9_20160323002531e74.jpg
サイクリスト御用達の手作りジェラートです。
サイクリスト以外にも観光客が大勢いたのでかなり混雑していましたねー
この辺りで雨がパラパラ降り出してきたので、石の彫刻で有名な耕三寺はスルー(入場料が1200円ってのもきつかった)


10_201603230025325ca.jpg
生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋の前で一枚。
なんでも完成当時は世界一の斜張橋だそうです。斜張橋が何なのかはよくわからなかったので、建築学科の人にでも聞いてみてください(笑)



11_20160323002625319.jpg
IMG_5669.jpg
はい、廃墟です。
大三島の北端の港からフェリーで大久野島に渡りました。
この島は二次大戦中に島全体が毒ガスの工場となり、機密保持のために地図から消されていたという歴史が…
現在でも当時の施設が島中に残っていて、見学することができます。ちなみに上は毒ガスの貯蔵庫、下は発電所の跡です。
別に自分廃墟マニアとかではないが、興味深かったですね。



12_201603230026264ad.jpg
こんどはうさぎです!
実は大久野島は野生のうさぎの楽園でもあります。この島を訪れたのはこっちがメインの目的だったりします(笑)
外周4kmの小さな島ですが、とにかく島中に生息していて廃墟の中にも普通にいますね。
人を見るとエサをくれると思って何匹も集まってきます。
毒ガスの実験に使われていた個体が増えたという説もあったそうですが、どうやら戦後に持ち込まれたのが一気に繁殖したのが事実らしいです。


IMG_5686.jpg
大久野島に一泊して、再び大三島に戻って反時計回りに島を進みます。


13_20160323002627d98.jpg
ここは明日です。 
タイムスリップかな(笑) こういう看板はついニヤリとしてしまいますねー


15_20160323002630bb2.jpg
有名な海鮮丼の店を予約し、開店までの時間で伯方の塩工場を見学したり温泉入ったりして気分転換。
伯方の塩工場は予約も不要で無料で見学でき、おまけの塩をくれたりするのでおススメ、意外と面白い。


大三島から伯方島を経由し、いよいよしまなみ海道最後の島、大島に入ります。

因島と同じようなアップダウンがあり、最後にキツイ坂を上ってたどり着いたのが…
16_20160323111513f76.jpg

17_20160323111515b72.jpg
亀老山(きろうさん)展望台です! 上った甲斐がありました!
日曜だったので車で来た地元のカップルだらけでしたが、もはや気にせず写真を撮ってましたね苦笑
前プラのハイライトでした!


18_20160323111516f31.jpg
展望台からも見えたしまなみ海道最後の橋、来島海峡大橋を渡って今治に向かいます。




19_20160323111517fa8.jpg
夜の今治城。海水を引いた堀が独特だそう。


20_20160323111519fe4.jpg
この日もゲストハウスに宿泊。 サイクリスト向けの施設で、他の自転車乗りの方とお話しすることができました。
他にも自転車関連の本や雑誌が山ほどあり、自転車のメンテナンスもできる素晴らしい場所でした。


IMG_5762.jpg
最終日はいよいよ本合宿のスタート地、松山まで走ります。
はまかぜ海道の名の通り、海沿いはひたすら向かい風が吹いていて大変でした(汗)
風を舐めたらアカンね。




21_20160323113043fef.jpg
50kmほどの距離だったので、それでも午前中に到着することが出来ました!
JRの駅だけ見て意外と小さい町かな?と勘違いしたことは内緒です…
ちなみにこの後下見のために四万十に向かいました。


後半は観光ばかりしてるみたいですが、一応一日平均100km近くはちゃんと走ってますよ(笑)
しまなみ海道もモデルルートでは70kmほどですが、自分は寄り道しまくって2日に分けて180kmほどで走ってます。
しまなみを渡る機会も多くはないと思うので、もし今後行かれる方は寄り道をおススメします!


今回の前プラは今までで距離も日数も最長だったので、印象に残る旅になりました。
いつかまた旅してみたいと思います。


それでは!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。