プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓合宿3日目

みなさん、ごてあらっぽー。
3年のU田です。
今年の3日目はどんなんだったんでしょうね。
昨晩横殴りの雨に降られたWCC+新入生一行。
送信者 新歓合宿3日目
まだ降りやまないようだ。

送信者 新歓合宿3日目
U田ニキ「んばしゃぁ(奇行)」

送信者 新歓合宿3日目
余剰労働力となった新入生は立ち尽くすばかり。
どうみても疲れ切っているんだ…

送信者 新歓合宿3日目
と思ったら
嘘。晴れたじゃん。

送信者 新歓合宿3日目
外で食べることに。

送信者 新歓合宿3日目
やれやれ出発だぜ。
左から順にHがし氏、W辺くん、I関くん、K林氏、ISAC氏、Hやし君。
辛いと言いつつちゃんとついてくる奴だ。
1日寝ると復活するんだってさ。こええよ。
送信者 新歓合宿3日目
キャンプ場から1分。
すばらしき山中湖やで

さて入るか。
送信者 新歓合宿3日目
I藤ニキ「U河くんやめて、あーイクイク♂」

送信者 新歓合宿3日目
Hら君「H田さんが言ってた風呂って…」
テンプレのドッキリを仕掛ける上級生に
罪悪感なんてあるわけないない

晴れたせいですぐ乾いちまったぜ。
つまんねえの。
送信者 新歓合宿3日目
そしてやっと走り始めた。

送信者 新歓合宿3日目
今年はよく見えますね。

送信者 新歓合宿3日目
あー。
やっぱり順風満帆とはいかねえやな。

長い登山の末、明神山に到着。
送信者 新歓合宿3日目
いやあの、ここ以外は全部晴れてたんですけど

エール後に少しだけ晴れた。
送信者 新歓合宿3日目
ただし富士山は見えなかった模様。
馬鹿め、富士は馬鹿には見えない山なんだ…
そう思うんだ…。

なんの慰めにもなんないけど。

明神山を下ったらどんどん下っていくよ。
山梨県を脱し、静岡県へ。
送信者 新歓合宿3日目
この写真やばそう。
スキー場の上級者コースみたいだ。

送信者 新歓合宿3日目
僕と同じ班だったT田くん。
Hら君は距離感が近くて話しやすいタイプだが、
T田くんはどちらかというと美少女系のかわいい顔してる。
ごめんな、おじさん褒めるセンスないんだ。

送信者 新歓合宿3日目
道の駅ふじおやまでI藤ニキとH田さん。
安定のコンビネーションだ。
I藤超かわいい。

送信者 新歓合宿3日目
恒例の部員と同じ地名シリーズのはずなんだけど、
ブログは伏字なのよな。
最近Hさん多すぎだし、
紛らわしいと思うんだ。

ちなみに3年生の地名の町は5人行きました。

乙女駐車場でI関くんとHら君。
送信者 新歓合宿3日目
I関くんはジョークセンスある系だ。
俺好みのジョークだ。
ちなみに二人とも理工らしい。
僕もだ。理工キャンパスで何回も遭遇してる。
Hら君「U田さんて何で会うといつもひとりなんすか?」
なんでやろな。

送信者 新歓合宿3日目
長尾峠道でのHやし君。
つらい峠登ってるとき、どんな顔していいかわからないなら
笑えばいいんじゃないかな。

それが正しい。

送信者 新歓合宿3日目
そんなこんなで
エヴァの舞台、TOKYOⅢこと神奈川県箱根に到着。
使徒の爆発が相次いで、
「第2、第3芦ノ湖……。もう増えないでほしいな」
っていうセリフが僕的にお気に入り。

送信者 新歓合宿3日目
四国の京柱峠でも思いましたが、山の中腹って一番暮らしづらくないですか。

送信者 新歓合宿3日目
箱根から小田原に向かう足柄林道。
俺氏が強い向かい風に反応して
発狂しているのだ。
もはや資料しか見ていないのだ。
天候は怖い。雨が降らないだけましだ。

送信者 新歓合宿3日目
夜だ。暗い。それはそう。

送信者 新歓合宿3日目
8時に小田原駅に到着。
上級生も疲れてるってどういうことなの…

新入生の方たち、よくついてきたと思います。根性あるな。
特に、濃霧の山に登ってるときとか
根性あるって思う。

このあとみんな帰っていったのだった。


新歓合宿に参加してくれたみなさん、本当にお疲れさまでした。
参加してくれてありがとうございました。
登るのがつらい日(これは毎日だったかもしれませんね)や、
曇りで景色が見えないの日や、
暴風雨でろくに寝られない日もありましたが、
楽しかったことや、達成感を感じた事、感動したこともあったと思います。

我々の仲間になれば、もっと、これ以上の体験ができること請け合いです。

このブログを読んで、新歓合宿に参加できなかった新入生のみなさんも、
まだまだ新歓やってますので、ぜひぜひ部室にいらしてください。

ごてあらっぽは御殿場粗挽きポークの略です。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。