プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

前プラM本 東北編②(山形→青森)

この記事書き始めたのが9月14日らしいのですが、一か月以上伸びちゃってますね…。
だから前回の書き出しが成績なんです。
まぁパソコン壊れてたりしてたから仕方ないね。

冗談はさておき東北編の続きです。


8月2日 5日目 山形→仙台

この日は蔵王を超えるだけ?の比較的短いコース。楽とは言ってないぞ。
IMG_0543.jpg
まず山形から上山温泉まで10㎞ほど戻り、蔵王エコーラインに入る。


IMG_0547_20161017134233587.jpg
交差点から15分ほどで山に飲み込まれる…


IMG_0548.jpg
山頂行きのロープウェイ乗り場まで標高差1450m26km。
平均斜度は5.5%で、今回の旅でも最高の難所です。

写真が少ないのはとる余裕が無かったということですね。
今回新たに導入したBluetoothスピーカーを投入したのもこの日だったなぁ…。

しかし中間の坊平高原の辺りから雲行きが怪しくなり、ついに雷鳴が聞こえてきたぞー。
IMG_0569_201610171342521f9.jpg
前日の浄土平に続いての悪天候。
「また雨かよ…」と天気に対して不満をぶちまけながら登った。

IMG_0570_201610171342579fd.jpg
何とか6県目宮城県に突入。やはりアキレス腱を痛めたのがツラかった・・・。


IMG_0579.jpg
何とか到着!
天気も小雨で踏ん張ってくれたので良かった。
それにしても外観きれいにすればいいのに…。

リフトに乗ってお釜を目指す。
IMG_0590.jpg
途中で山形に戻ったり(笑)。


IMG_0611.jpg
少し登山してお釜を観光。山頂では晴れてくれたので満足。
観光地だけあって人が多かったですね。


IMG_0636.jpg
食堂で昼飯。絶対お釜カレーみたいなメニューあるだろと思ったらなかった(笑)。
あまりの睡眠不足でウトウトしていたら、いつの間にか真っ黒な雲が近づいていたので大慌てで撤退…。


が、結局豪雨に巻き込まれました…。
あとで見たら15mmの雨量だったみたいです苦笑。
そりゃカンチブレーキが効かないのも仕方ない。実は雨宿りのために駐車場のトイレに停めようとしたら、止まりきれずに草むらに突っ込みました…。
トイレでうずくまってコーンフレークを食べて雨が弱まるのを待っていたが(他の人が見たらどう思うのだろう?)、30分ほど待っても一向に弱まる気配がないので、あきらめて下った。


写真1枚も撮る余裕もなかったんだなぁと今更ながら思う。
IMG_0639.jpg
何とか下って遠刈田(とおがった)温泉までたどり着く。
温泉入ろうかなとも思ったけど、どうせまだ雨の中走るだろうと思って足湯で妥協。


IMG_0640.jpg
やっぱり下界は晴れてるんだよなぁ。
あとは仙台まで平地を走るのみ。


IMG_0648.jpg
日没になったが、仙台に到着!
この日は牛タン食べて東北大に通う親友の下宿先に泊まった。


5日目実走121km1600mUP


8月3日 6日目 仙台→北上

まぁ2時まで部屋で話して睡眠不足が解消するわけもなく…。
最悪のコンディションで最長距離の日を迎えることに。
初日以外唯一の大きな山のない日だったので何とかなるっしょと思っていたのだが…。

まずは青葉城跡へ
IMG_0663.jpg
有名な伊達政宗像

IMG_0661.jpg


次は海沿いへ向かい松島へ。
IMG_0677.jpg
うーん、正直今一つ…。自分にはまだ良さがわかりませんでした。


松島の後は平泉の中尊寺を目指して内陸を北上します。

IMG_0694.jpg
「緑の大地で生き抜こう!」


IMG_0695.jpg
材木を運ぶトラック。内輪差何mあるんだろ?



このあたりで金色堂を見るためにはあと3時間ちょいで75km走らないことに気づく(遅い)。
ということで一人TT開催。うげぇー…。
IMG_0697.jpg
一応7県目岩手県に突入。



私用ノートでU田に予言されていたように一関のネカフェにエスケープする欲求を抑え、時速30kmで突き進む。
IMG_0713.jpg
何とか到着…!
受付のおばちゃんに「金色堂は700m登っていった先だよ。」と言われて
「な、700UP!?」と勘違いするぐらいWCC脳になっていた。我ながらドン引きである。


IMG_0717.jpg
道を進み…

IMG_0708.jpg
世界遺産の金色堂です!
頑張った甲斐がありました。


でもまだ北上まで40kmあるんだよなぁ…。
既に18時でしたが、たまたまコンビニで同じ方向に向かう日本一周中のチャリダーさんと会ったこともあり、もう少し頑張ることに。
IMG_0725.jpg
この人がとんでもなく速くて、正直ついていくので精いっぱいだった。

水沢まで引っ張ってもらったこともあり、かなり速いペースで走れたが、残り10kmほどからはナイトラン。
この辺りからポツポツと体に雨粒のような感覚があり、また雨かと急いだ。


IMG_0730.jpg
何とか北上に到着!
が、ここで恐ろしいことに気付く。電灯という電灯に小さな虫が何千匹も群がっている…。
そう、さっきから雨粒だと思っていたのは飛んでいた虫だったのだ…。
おえーー。何匹か口の中に入ってきたの飲み込んじゃったよ…。
検索しても何も出てこない。ということはこれは北上の日常なのか…。
来年行くときは注意したほうがいいぞ。

駅前には何も無く、本当に新幹線が停まる都市なのかと驚愕しつつ、名物を食べる気もしないので丸亀製麺でぶっかけ大を食べて隣駅のネカフェで爆睡した。
後味の悪い一日だった。


6日目実走 155km500UP


8月4日 7日目 北上→鹿角

何とか北上まで走ったので予定通りまずは盛岡を目指す。
IMG_0732.jpg
本州ゴールの青森も見えてきた。

IMG_0733.jpg
朝の交通量の少ないうちに国道4号で距離を稼ぐ。
走って気持ちのいい時間だったなぁ。


IMG_0736.jpg
初日に走った国道4号をずっと走ればたった500キロなんだな…。


IMG_0737.jpg
ひたすら平地をかっ飛ばして盛岡に到着!

盛岡名物と言えば…?

IMG_0738.jpg
冷麺でしょ!
想像以上にコシが強く、美味でした。
11時前だったので店が開くまで待ったけど(笑)。

この日のメインは八幡平アスピーテライン。

IMG_0739.jpg
道の駅にしねで名物のほうれん草ソフトを食べて英気を養う。
この日は猪苗代を走った日くらい暑かった…。

にしねから西に向かい、一気に八幡平の山頂付近まで1300upだ。

IMG_0742.jpg
謎のバス停「上」。
「下」があるかは不明。


IMG_0744.jpg
アスピーテラインに入るまではまだまだ緩い。



IMG_0745.jpg
いよいよ始まった!
初っ端が平均9%とキツイ…。


IMG_0747.jpg
そして絶望のスノーシェッド…。
何か所か設置されていたが、2つほどえげつない斜度だった。
ここで庇っていたアキレス腱がまた悲鳴をあげた。

IMG_0752_20161022000441b70.jpg
緩い場所はこんな感じ。

IMG_0760.jpg
かなり登ってきた。
アスピーテラインにはキロポストがあるのだが、アキレス腱がお亡くなりになっていたので1キロ毎に休むという始末。
気温も高く、補給も底をつきかけていたので大変だった。

IMG_0756.jpg
かつて東洋一の硫黄産出量を誇った松尾鉱山と、街の廃墟。
今でも廃坑からは強酸性の排水が毎分10トン以上流れているそうだ。

IMG_0758.jpg
いい天気でいい道だったけれども、自転車乗りは皆無だったなぁ。


IMG_0765.jpg
標高1500m近くから景色がかなり変わってくる。


IMG_0784_2016102200212656d.jpg
最後は絶景の連続!
苦労した甲斐があった!

IMG_0789.jpg
そして県境の見返峠に到着~
長かった…。

しかし山頂付近は霧の中(笑)。
IMG_0790.jpg
もう慣れてるからなんとも思わない。その前の景色がピークだと思ってたし。
山頂でベロクラフトの関係者の方と遭遇したりもした。

IMG_0792.jpg
あとは下るだけ!
秋田側の斜度は比較的緩やかだ。

IMG_0795.jpg
霧を抜けるとこちらも快晴。

鹿角の手前で家を出てから1000kmに到達。
銭湯で同学年の北大サイクリング部の人と会った。話を聞くとちょうどお互いのコースを逆に走っていること、しかも同じ道の駅で寝るつもりということが判明(笑)。こんな偶然もあるんだなぁ。


7日目実走147km1400UP


8月5日 8日目 鹿角→青森

いよいよ本州編もクライマックス!
鹿角から十和田湖、奥入瀬渓流、八甲田山を超えて青森まで向かいます。
IMG_0797.jpg
道の駅を出発。

十和田湖までは35kmほど。
IMG_0800.jpg
あっという間にと言いたいところだけど、足は相変わらず…。
標高600m弱の発荷峠までも苦戦を強いられた。

発荷峠の展望台からは十和田湖を一望できる。
IMG_0802.jpg
まるで海のようだ。


IMG_0813.jpg
湖畔に下って走る。
東側は湖のすぐ隣を走れる。


IMG_0815.jpg
休平(やすみたい)
休まなかったけどな。


IMG_0816.jpg
東北最後の青森県にいよいよ入る。

奥入瀬渓流まではあっという間。
IMG_0818.jpg
謎のキリストの墓は気になるけど、寄り道するには遠いなぁ。

そして渓流へ。
IMG_0828.jpg
もののけ姫のこだまが出てきそう。

IMG_0835.jpg
滝もたくさん。
まだ午前中ということもあってまだ観光客は少なかった。
狭い道だけど大型バスがバンバン走るので、午後は大変そうだ。

十和田湖から八甲田山方面は下り。
ただし八甲田山の笠松峠は標高1000m越えということで、キツイ登りが始まる。
IMG_0844.jpg
ずっと林の中なので直射日光を浴びることはない。
本州ラストと気合いを入れる。

そして…
IMG_0846.jpg
何とか到着!
が、休憩所や展望所はおろか駐車スペースもなく、とても休憩できるようなところではなかったのでそのまま下った。

少し下った酸ヶ湯温泉で休憩。
IMG_0848.jpg
暑い日は麺類に限る!
青森まではほぼ下りのみで30km弱。15時前のフェリーに乗って夕方に函館入りして函館山の夜景を見てやろうと思っていたが、電話したら15時前の便は危険物積み込み云々で自転車は乗れないとのこと。
まじかぁ…。こうして函館の夜景を見るという計画は頓挫したのだった。

時間をつぶすこともないのでとにかく青森に下る。
IMG_0849.jpg

IMG_0850.jpg
快走!!


IMG_0860.jpg
1時間ほどで青森駅に到着。
どうしようか計画を練っていると、ねぶた祭りのポスターが。
開催期間であることは知っていたけれど、どうやら今晩から大きなねぶたも出てくるらしい。



ということでねぶた祭りを見て深夜の便で函館入りすつることに。
函館の夜景は年中見れるが、ねぶたを生で見る機会なんて今後そうないよね。
そもそも函館の夜景を一人で見るのもアレがアレでアレだしね…。結果オーライである。

ランドリー回したりしてたら丁度祭りの始まる時間になった。
IMG_0863_20161026004841c42.jpg
町中衣装を着た人ばかりだ。
地元の学生はほとんど跳人(ハネト)として参加するみたいで、見ている若者は自分くらいだった。
楽しそうだなぁ(遠い目)。

いよいよ祭りが始まった!
IMG_0892.jpg
やっぱりデカイ!


これが…
IMG_0874.jpg
こんな近くまでせり出してくるのだから迫力がある。


IMG_0883.jpg
ミスねぶたらしい…。
だったらねぶたに乗って出てくるべきだと思うのは自分だけだろうか…?

あと、セブンとローソンのねぶたは大人数だったのに対して、ファミマの小さいねぶたをラグビー部と思わしき中高生が6人ほどで必死に動かしていたのが印象的でした。

ちなみに青森はねた祭りで八戸のはねた祭りらしいです。
なお違いはない模様…。

23:30発のフェリーで函館に向かう。
大人1人と自転車1台で2600円。
3時間だからシャワーを浴びて仮眠をとったら到着だ。
IMG_0897.jpg
本州ともお別れ…。

8日目実走114km1500UP

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント