プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

夏合宿1日目!

こんにちは。HPの移転やらで時間がかかってしまいましたがおまたせしました。

8月12日から12日間にわたって行われたWCC49代中部合宿のアップが始まります。

男たち十数人の笑いアリ涙アリの青春w顛末です。乞うご期待!

送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)
8月11日。男たちが集まったのは夜も更け静まりかえった和歌山県田辺市。
紀伊半島の南西に位置するこの地には、下見を終えたものや前プラを満喫したもの、敦賀や京都から出られなくなったものたちがぞろぞろとやってきた。

そして翌朝、8月12日の12:00。主将の「集合(キリッ」の声の元に集まったのは15名。(←重要
さらにスイカなどを持って激励に来てくださった田辺在住のOBも駆けつけてくれた。
送信者 夏の旅0日目(Summer journey, 0th day)

おいしく頂きました。ありがとうございました。
送信者 夏の旅0日目(Summer journey, 0th day)
 
送信者 夏の旅0日目(Summer journey, 0th day)


CL会議を済ませ出発の準備に入る。。。のだが一人様子が・・・。
送信者 夏の旅0日目(Summer journey, 0th day)


この日はなんとびっくり18:00就寝。

ついに、ついにきたぁぁ!
「きっしょーーーーーう!!!!」
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)

なんと初日のCLは2年新人であるO田ちゃん。主将の抜擢采配は功を奏すのか?

今年は昨年と違い500mで大問題が起こるということも無く、まだまだ暗い中を紀伊半島を横断するように進んでゆく。

一年生は若干緊張気味?それもそう、真っ暗な山道を後ろ向きに早歩きするおばさんを目撃してしまったのだから。あれはなんだったのだろうか?
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)

朝日が出て気持ちいい。
「これをあと11日もみられるんだよ。すがすがしいでしょ。東京でぐだぐだ9時に起きて~みたいな夏休みを送っている友達はかわいそうだよ」なんていう話をしていた。(まぁ後半は天気が悪くて・・・

すると突然「はい、徐行ー、ストップ。後ろを振り返って。」
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)

奥に見える山の形が女の人が寝ている形に見えますか?

「今走ってるのも世界遺産の熊野古道だよ」なんて言いながら。
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)


さすが自然豊かな紀伊半島。湧き水もご覧の通り。みんなのおなかとペットボトルに入っていきます。うまい!
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)

なんだなんだ。。。(ザワザワ
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)

谷のそこにはT中氏のヘルメットが。これはオワタ。その後の彼のヘコミ具合といったらもう。

峠ではエールをして早稲田の名をとどろかせ、
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)
 
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)


お昼には熊野本宮大社に到着。
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)

私は前プラで新宮早玉大社と那智大社にも行ったので熊野詣を無事終えたことになった。

峠の茶屋でまたしてもスイカをご馳走になったりして紀伊半島をひた走る。
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)


それにしても進むところ進むところが山と川で、本当に自然豊かな土地だと感じる。
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)
 

トンネルを抜けるとそこは奈良県十津川村。国道168号を北上していくとこんな装置が。通称、野猿。
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)
 
向こう岸まで橋がなくても行けちゃう。マー君は大苦戦してたみたいだったけど。

十津川村は関西圏の走りやのメッカ。道の駅でライダーと情報交換していると「北の方は土砂降りの雨だったよ」とのこと。しばらくするとご覧の通りゴアを着用。
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)

やっぱり雨はイヤだねぇ。しかし紀伊半島にいる間はこの雨にずいぶんとやられたんだなぁ。

こうして初日は120km 1500mUPの修行日(?)を終えたのでした。
送信者 夏の旅1日目(Summer journey, 1st day)


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント