プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

一年企画 in 埼玉

はい、でました。一年企画です。今年は誰も企画しようとすら思わないようなコースを企画をしてやろうと提案したら、総選挙でまさかのセンターを取ってしまった企画者TNKです。
さて、この企画をご紹介しましょう。
この企画の最大のコンセプトは埼玉に始まり、埼玉に終わるという、埼玉に対する献身的な愛を示すランだということだ。
本庄に集合し、埼玉一の景勝地、長瀞を経由、そして小京都と謳われる宿場町川越に至る全長90km、450upである。
送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)

なぜ、本庄か。それは早大本庄と新幹線の駅名になるほど、早稲田の存在感がきらめく、早大本庄高校及びちょっとの研究機関が置かれる地だからである。
こんな企画でも立てないと誰も行かないでしょ?きっと。いや多分。いいや、絶対。

送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)

トトロの森もびっくりのマムシ出現のシグナル。山だね。うん。森以上。

ここからは平地を爆走し、ちょっとのアップダウンを経ると長瀞に至る。
送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)


送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)

さすがは埼玉一の観光地。鮎もあるぞ!

送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)

下見の時点では台風一過で、川も濁流。今日までにきれいな色を取り戻してくれてよかった…。
これから先は非難しか受けないだろうから。

心の中じゃなんで峠になんか登んなくちゃなんないんだ。自分が企画するものくらい峠なんか入れてやんねえ!と決めていたのだが、企画局から渡されたマニュアルを読んで、このW.C.C.どうやら峠を越えるのは宿命らしいと気づかされた。
ということで秩父の端をかすめ、むりくり峠を登らせる。
送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)


ところがこの峠、ツンデレ具合がコアなファンには受けが良かったらしく、なかなかやりおる。
送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)


送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)


峠を下れば平地をひたすら、高速走行。
休憩もなかなか取れない。
送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)



送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)

いかんせん長すぎた…。
一番の推しポイントである川越の古い町並み、そして時の鐘は宵闇の中に沈み、一行は一瞥もくれず目的地川越駅へ。

まあ、都心、早稲田、新宿へのアクセスの良い川越がゴールだから、許してね(はあと
送信者 1年企画@本庄(First grade planning@HONJOH)




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント