プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

夢の話

こんばんは。N野です。


僕は学生寮に住んでいるんですが、先日寮の友達と小中学時代の卒業アルバムを読んで盛り上がりました。
「もしも魔法が使えたら?」という質問コーナーで「ガンダム」と答え、皆から気味悪がられたのはいい思い出です。
文章として残っているから現在進行形でしょうか。
また他の「もしも生まれ変わったら?」という質問のところでも「ウルトラマン」と微妙な回答をしていました。うわぁ…。
しかし、すぐ隣の奴の「魚雷」のおかげで痛さ半減です。助かりました。魚雷て。こいつは前夜に潜水艦ものの映画を見たに違いありません。どんなけ一発人生なんですか。


本題です。
その日の夢のこと。
アルバムのせいか、なぜか小学時代の夢を見ました。

小学時代というか、文章にし辛いのですが、なんかそんな感じの夢。

僕は踏み切りの前に立ってます。
踏み切りを渡るわけでもなく、ただすっと通過する電車を眺めているだけ。
ただそれだけの夢。久し振りに見た不思議な夢です。


夢はここで終わりました。
部屋に目覚ましの音が響き渡り、大学へ行く準備をし始めたのですが、その夢がどうもひっかかりました。


結局俺は踏み切りを越えたのだろうか、と。


当時、校区(学区)という、生徒が一人で出てはいけないという範囲が決められていました。
その境界線の一部にあたるのがその踏み切りです。そこを越えようか越えまいかで悩んでいたのでしょうか。
よくわかりませんが、これは「新たな世界に対する憧れと恐れ」だったように思います。
校区という狭い地域からの脱出を願う気持ちと、まだ見ぬ土地への不安。

そういうことを昔経験し、今回夢になったのかもしれません。
普段からこんなことを考えているのではありませんが、この夢には何か解釈のしがいがあると感じたのです。


大学生になり、僕は新世界に踏み込みました。
大学という新たな環境、東京での一人暮らし、そしてここWCC。
野宿しました。上級生と二人で一週間走り続けました。
いろんなとこ走りました。台湾に行きました。高いとこ走りました。

時には死ぬ思いをしたこともあります。
「こんなんどこがすごいねん。俺はもっとスゴいことやっとるわ」
と一蹴する人もいるかもしれません。

でも、僕にはこれら全てが新しいことだったのです。未知の世界。いわば校区外なのです。

夢の中では踏み切りを渡ったかは定かではありません。
しかし、現実では渡りました。
いや、いま渡っているのです。
今の自分の置かれている立場と状況について考えさせられました。

いやあ、かなり宗教くさいですね。自分でもビックリです。まあ、だいたいそんな感じ。


というわけでして、新入生も新たな世界へカムヒア!

今週はヤビツ峠、来週はのこぎり山と筑波山を走る予定です。

また、来月初旬には新歓合宿もありますので是非!
…って新入生はここ見てないかな。


あと関係ない話なんですけど、今朝起きてテレビをつけたら「アメリカの大学で銃乱射~」という事件の続報が報道されていました。

(いい加減銃規制しろよ。日本じゃ滅多に起きねぇよ、銃犯罪とか)

って思っていたら「長崎市長が銃撃され~」というニュースが流れ、朝から複雑な気持ちになりました。

何はともあれ、亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。


今回は支離滅裂で意味がよく分からない文章でしたが、なんかそんな気分だったんです。ええ。

思いつくままに書いたらこんなことになってしまった。

おまけに自転車は出てきませんでしたー。

これは間違いなく黒歴史。

そんなわけでこれでお終い。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント