プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春合宿 IN九州 ~3日目

こんにちは。またまたS藤です。前回に引き続いて合宿3日目についての話。


この日は高森をスタートして阿蘇山の南登山道から登り、山頂に行った後に阿蘇市に至るコース。この日も天気がよく、朝食後あやしげな公園を朝早くにスタート。


さっそく阿蘇山にトライしたわけですが、感じたことはやっぱり阿蘇山は景色がいいね♪

さすが今回の合宿のメインといったところでしょうか?途中に広がる草原も日本のものとは思えない感じ。下を見下ろすと山を取り巻くカルデラの地形がよく分かる。

阿蘇山

ちょっと傾斜がキツかったけど、それ以上に素晴らしい景色のおかげで疲れを感じることなく全員無事に山頂に到着しました。ヤッタネ!


山頂付近は完全に岩肌が露出していて、見た目はまさに火山。

で、火口を覗いてみたんですけど、何やら毒々しい色・・火口

「落ちたら絶対死ぬな。」とか言い合いながら記念撮影をして、その後昼飯。ひととおり観光も終え、さて下るかと、その時!!我々の目に驚くべき光景が!何とブルーのジャージ集団、同志社のみなさんがこっちに向かってくるではないか!

説明しよう。実はWCCと同志社サイクリングクラブ(DCC)とは昔から交流があるのだ!久々?の再開に喜びをかみ締めつつ、とりあえず記念撮影。どうやらDCCは下見の途中だったみたいですね。


荒野の対決 同志社

↑平井vs亀G        ↑同志社の方々。


途中までコースが一緒だったので少しの間だけ一緒に走ってお別れ。

さらば同志社。また会う日まで!

で、阿蘇山を一気に下る。ん~爽快~♪



阿蘇市のキャンプ場に着いたところでこの日のランは終了。みんなおつかれ!


この日も阿蘇山観光に加えて同志社との出会いありと、楽しいことが盛りだくさんでした。

これで三日目の報告は終わり。四日目に続く!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。