プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルッ、クルッ、金マット♪

おはようございますN野です。

富士山帰りのドラゴンとH井、コーリー君のスメル三人組が深夜2時にやってきたので眠れませんでした。

朝日が眩しい!



さて、早いもので合宿開始まであと二週間をきりました。

そろそろ準備しないとなあ・・・。

で、その合宿について書こうかと思います。


WCCのメインイベントにふさわしく、夏合宿は肉体的にも精神的にもなかなかにキツいものがあります。

それはもう今年のプレ合宿とは比較にならないぐらいに。

そこでよく言われるのが、

「限られた中で自分の楽しみをみつける」

ということです。


例えば、寄った町の駅を全て撮影するとか、フリーランで上位を狙うとか、レーパン姿で街中を徘徊するとか、常に社学盛りを所望するとかetc・・・。

まあいろいろありそうですね。



僕は「誰よりも早くテントから抜け出す」を楽しみ(?)にしています。

まだ暗い中、胸糞悪い奇声が響き渡ると同時にシュラフをしまい、金マを丸めて真っ先にテントから飛び出る。

周りを見回すと、テントの中でヘッドライトの光が蠢き、しばらくして不機嫌な顔で出てくる敗残兵どもを観察するのは素晴らしいものがあります。はあはあ。

それでですね、最近気付いたことがあります。

一年生の金マが僕のと違うことです。


kinma


↑を見てもらうとわかりますが、僕のは青いヒモで留める構造となっています。

一方、一年生のはマジックテープを使用するタイプです。

なんたることですか。まあいいや。

こんなもんじゃーい!で頑張ります。接待期待してます。


オチてないけどおわり。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。