プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

同志社 花背タイムトライアル

                     花背TT

授業が始まって早2週間・・・あっという間に後期も終わるんでしょうね~。主将のH井です。


今回は9月末に同志社大学で行われた花背タイムトライアル(以下、花背TT)について書きます。

 

WCCも合宿後、ヤビツ峠でタイムトライアルを行っていて、大学から計測スタート地点まで電車で2時間、走って1時間かかるのですが、花背TTは大学から1時間ほど走ったところから計測が始まるので、気軽に参加できていいですね。実際、個人で練習のためにこのコースを走る人もいるようです。

 

私は夜行バスで京都に向かい、朝早くついたのですが、集合は昼過ぎなので京都を観光した後大学へ・・・。みんなぞろぞろ集まってきて準備に余念がない。タイヤ変える、キャリアはずすのは当たり前。招待されてお祭り気分できた私とは意気込みが違います(笑)早稲田からは私一人の参加でしたが、立命館の学生も2人参加していました。

 


この日は朝から雲行きが怪しく、走れんのかなと思っていましたが、タイミングの悪いことに走り始めると雨が降り出しました(>_<) 寒かった(笑) しばらくTTスタート地点で待機していましたが、雨が小降りになったのでスタートすることに。このコンディションは吉とでるか凶とでるか!?コースのほうはそんな雨も忘れさせるきつい傾斜の連続で夢中になって走りました(早稲田の威信をかけてw)。その後は無事大学に戻ってきて、銭湯で体を清めた後、宴会へ。

 


早稲田と違って、同志社は順位を宴会の席で発表するのでそれまでドキドキハラハラ・・・結果は27分台の8位くらい(よく覚えていない)でした。ちょっと速いくらいですね。あんだけ必死こいて走ったのに(笑)同志社は相変わらず2年生が速かったですね。1位は2年生のN君。さすが。早同の直接対決が楽しみです。

 


今回は不甲斐ない結果に終わったので来年リベンジしたいです。思ったんだけど、来年から早稲田もヤビツTTに同志社を招待したらいいんじゃないか?

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント