プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前プラの簡素な報告

下見を兼ねた前プラが終了して福島で休養中のmkです。


私とY田の前プラ区間はスタート地の福島から山形県の左沢まででした。合宿で言うと1から3日目ですね。なかなか厳しかったのでこのブログに全部は書けませんが、簡略しつつ、書き連ねていきます。


8月5日

赤羽駅でY田と合流。Y田は集合時間の1時間くらい前に来ていたらしい。パネェ・・。

宇都宮線に乗って、宇都宮。東北線に乗り換え、黒磯、郡山、そして福島までたどり着く。4時間半も列車に揺られていたけど、実はこれでも前プラ班で一番東京から近いんだよね。

福島駅で自転車を組み立て、明日に備えて早めにネカフェ泊。


6日

きっしょー!

西に向かってずんずん進む。スカイラインに着くまでには二人ともヘトヘトでした。スカイラインも10パーセント以上の激坂が続き、予定よりも遅れてしまう。頂上の1,622mまでたどり着くのに7発もかかってしまうorz

頂上からは下り基調だったのでなんとか猪苗代湖までは行けたので、近くにある公園で1泊。


7日

朝早くからゴールドラインをもりもり上る。こちらはスカイラインのようにきつくはなく、割合ゆるやかな坂だったので余裕で上れた。しかし頂上の辺りから大雨が降り出す。頂上の休憩場で1時間ほど休憩したが結局止まなかったのでそのまま走り出す。

雨が強すぎてキャンプ場探しに手間どる。

檜原湖を左手に見ながら走り、西吾妻スカイバレーを上っていく。この峠はぐねぐねうねっていて下を見ていたら酔いそうだった。

米沢まで下って、ネカフェ泊。


8日

平地の県道をもりもり走っていたら、途中から上り基調・・・。旧道は古くなって整備がされていなかったので、新道にコース変更。

南蔵王七ヶ宿線は高原地帯のためアップダウンが結構あり、じみに体力を奪われる。

時間も時間であったので蔵王の麓でテント泊。


9日

蔵王の上りがきついです。特に麓の方が。しかも雨やら霧が出ており、周りの景色がほとんど見えないお。ロープウェイまで使って、頂上まで行ったのにお釜がうっすらとしか見えなかった。地元の人曰く晴れていれば最高の景色なのだとか。本合宿で魅してくれるのですね、わかります。

山形をスルーして左沢にあるキャンプ場に向かうが、キャンプアップがやおら長かった。でもキャンプ場の人はいい人だったお!


時間が余ったので山形を散策してもよかったのだが、今日中に他の班も福島に着くみたいだったので輪行して向かう。


福島到着→今に至る



いやぁ、合宿の一番厳しい区間を下見しただけあってさすがに疲れました。ずっと雨降ってたしね。そんな中1年生なのに前プラを最後までこなせたY田は根性あると思いました。普通なら自転車とか投げ出してるよ、きっと。Y田とK和ならこの東北合宿を無事完走できると思うので、諦めずに駆け抜けて行ってくれ!


他の部員も1年生に負けるなよ。絶対だからな!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。