プロフィール

早稲田大学サイクリングクラブ

Author:早稲田大学サイクリングクラブ
自転車によるツーリングやキャンプを中心に活動しています。活動範囲は日本全域、時には海外に飛び出すことも。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ PVランキング
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六日目

どうもdrke4です。春合宿六日目の報告をします。
正直、僕の下見区間がフェリー降りてからゴールまでだったので、
五日目以降の僕のやる気の無さと言ったらもう・・・。
同じコースを二回走るのはやはりそこまで面白くないですね。

さて六日目。前日のよくわからんキャンプ地を這い出て少し走ると、
雲仙が見えてくる・・・はずなんですけど、ふもとまで行っても天気が悪いせいで全く見えません。
意外と雲仙は自転車でいけ標高が低いので、二時間ほどで温泉街へ到着。
だけどこの後ものぼるんだから風呂に入る必要は無いよね。
ということで雲仙地獄だけを見てまた吹峠を登り始めます。


WCC48代私用ノート blog
「大叫喚地獄」という地獄で副将様に叫喚していただいた。叫喚とはまた違うけども。
雲仙を下ると益々天気が・・・雪より雨の方がいやですね。僕は。
諌早湾を横切り潮受け堤防という7kmもある海上道路を走る。
下見の時は景色が良かったが、本番では酷い雨で部員の士気はだだ下がりでした。
しかしそれでも走らねばならないので、先を急ぎ風配高原というのを登る。

WCC48代私用ノート blog
(下見中の写真。本番はもうカメラのレンズが曇ってなにがなんだかわかんなくなっていた・・・)
この風配高原というのはとてもシュールな山で、明らかに無人の山頂に結構な遊園地がある。

WCC48代私用ノート blog
(これも下見中の写真。霧が凄過ぎて、二班はこの観覧車の存在に気付かなかったそうだ。)
下って暫くするとK和君がパンク。パンク修理は五分以内やで(キリッ
そしてガーっと走って悪魔の闇鍋。僕は完食できましたおいしかったです^q^
切り干し大根は許さない。絶対にだ
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。